朝ドラ「わろてんか」第15週 第80回レビュー

泣いたらあかん1

今日のあらすじ

大正12年(1923年)8月末

北村笑店は、日本中に笑いを広めるため東京への進出を考え、藤吉は東京へ出張に行くことが多くなっていた。

この日も藤吉は朝から東京へ向かった。

てんが仕事をしていると、風太とトキが言い争いを始めた。

2人は昨日 一緒にボウリングにいく約束をしていたのだが、急な仕事が入った風太は、すっかりトキとの約束を忘れてしまったのだ。

トキと風太は相変わらず口喧嘩をするものの、関係性が少し変わったように見受けられる。

アサリは、キースとのコンビを解消した後、5人もの相方と組んだがいずれもうまくいかない。誰と組んでも、アサリ自身 納得ができないようだ。

アメリカに渡ったキースからは、この2年 手紙のひとつも届かずにいた。

一方 活動写真が順調な伊能は、交通安全運動や区画整理事業など 様々な事業に寄付をするようになっていた。

会社の利益を社会に還元するのは当然だと考えての行動であったが、「損して得とれ」の概念(寄付でお金を出して「損」をしても、社会から認めてもらう「得」がほしいという気持ち)は否定できないとも考えていた。

リリコは伊能のそんな気持ちを肯定し、「寄付するだけ偉い。立派なチャリティさんや」と感心する。

万丈目は、いつも妻であり相方である歌子にどつかれてばかりなので「自分が歌子をどつく」という新しいネタを思い付くが、歌子に否定されてしまう。

(ネタ自体はおもしろいらしいが、万丈目の夫婦漫才は、「カワイイ妻がダメ亭主をどつくところがウケている」らしい)

新しいネタをあきらめた万丈目であったが、こっそり その新ネタを書いた紙を見かけた風太は「おもろいやないか」とつぶやいた。

一方 東京に着いた藤吉は、東京の寄席にて、とある落語の師匠と面会する。

東京で寄席を開いた際、師匠に出てもらうための交渉である。

藤吉はそこでキースと再会する。

キースは少し前に日本に帰国し、浅草の小料理屋の女将を「東京のお母ちゃん」と慕って住まわせてもらっており、「和製チャップリン」として東京で一旗揚げてから、藤吉たちに連絡しようと思っていたらしい。

翌日―1923年、大正12年、9月1日。

東京 神奈川で大地震が起こった。

翌日、てん達北村笑店では、東京が壊滅状態だという情報を新聞から知る。

まずは藤吉の安否を不安に思う一同であったが、直後 藤吉が北村笑店に戻ってきた。

地震は、藤吉が東京を出て名古屋にいた頃に起こったようだ。

藤吉「大変や…!東京に…キースがおるんや…。浅草の寄席でキースに会ったんや…」

てん達は言葉を失う。

つづく

今日のあさイチ受け

今日は祝日なので あさイチはありませんでした。

今日のわろてんかの感想

おトキと風太が!デ、デ、デートの約束してたやないですかっっ!!!♡♡

なんですの、なんですの~!

口喧嘩してても、2人の関係がちょっと変わってることがつたわってきました。

スネるおトキがかわいすぎる…!!!

万丈目さんの書いた書いた新しいネタ、風太が「おもろい」とつぶやいてましたが、どこかで再利用されるんでしょうかね?ちょっと楽しみです。

アサリはキースに未練たらたらで ちょっとかわいいです。

2人のコンビがいつか戻ってきたらいいな。

伊能様がやっている寄付。3日に放送された「わろてんか」の特番でのネタバレを見た限り、これがまた伊能様を苦しめることになるようで…心配。

「損して得とれ」は、もともとは「損して徳とれ」なんじゃないかなと私は考えています。

昔から「徳を積む」という言葉がありますよね。「損得」ではない善き行いをしていくことは「徳を積む」ことになり、人を助けたり相手を幸せにすることで自分の心が豊かになり、結果的にいつか自分にもそれが帰ってきてくれるんじゃないかな、と。

まあ、理想論ですけどね(^^;)

でも「損して得とれ」より、「徳」だと考えた方が気持ちいいなって思ってます。

(ことわざの「情けは人の為ならず」(めぐりめぐって自分の為)と同じような感覚)

伊能様も苦しむのかもしれないけど、最終的にそういう気持ちいい流れになるといいな。

そして、関東大震災が起こりました。

つらいです。

「わろてんか」としては、キース以外は大阪にいるので大きな被害はありませんが…、戦争や地震は本当に胸が苦しくなります。

ドラマと関係ありませんが、皆様はちゃんと地震への備えをされていますか?

私は「これで何があっても完璧!」といえるほどではないかもしれないけど…、一応 備えのグッズをまとめてあります。

地震や台風など…本当にいつ自分の身に起こってもおかしくないことなので、備えを全然してないという方は是非やって下さい。

お子様や高齢者がいらっしゃるご家庭、あとペットと一緒に暮らしている方は、尚更やっておかれた方がいいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク大
スポンサーリンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする