朝ドラ「わろてんか」第15週 第85回レビュー

泣いたらあかん6

今日のあらすじ

この日、てんたちは志乃を招いて、ささやかなお別れ会を開く。

(万丈目歌子の店にて)

てんに誘われていた伊能も遅れてやってきた。

しかしその表情は仏頂面のまま。

へその緒を返しに来ただけだと言って帰ろうとしたするが、キースが引き止める。

キースは、東京で志乃がいつも生き別れた息子のことを自慢げに話していたことを話す。

キース「せっかくお母ちゃんできたと思ったんやけどなぁ。ほんまもんの息子にはかなわへんわ」

キースは少し寂しそうに言った。

てんと藤吉の息子・隼也が、へその緒の木箱に書かれている名前の由来を無邪気に尋ねてきたので、志乃は「栞」という名に込めた願いを語る。

志乃「…道しるべっていう意味さ…。…森の木に一本一本目印をつけて歩くように、己の人生 道に迷わず、たくさんの人を導いていってほしい。…そういう願いを込めて付けた名前だよ…」

志乃の言葉を聞き、伊能も想いを語る

伊能「…子供のこと、よく一緒に活動写真を観に行った…。あなたはいつも楽しそうだった。だから僕は、人の心を豊かにするような活動写真を作りたいと思った。…今の僕があるのは、そのおかげです…。ありがとうございます…。それだけ…伝えたかった…」

そして、復活したキースとアサリのどつき漫才が披露される。

伊能も志乃も、大きな声で皆と一緒に大笑いするのだった。

後日、東京に帰る志乃が風鳥亭に挨拶に来た。

伊能は志乃の世話をすると言ったが、志乃はそれを断ったようである。

てんは今朝の新聞を志乃に見せる。

伊能が、大阪の経済発展に貢献したことや地震の救援に尽力したことで大阪府から感謝状をもらったことが記事になったのだ。

記事には『伊能氏曰く「これからも人の道標となれるよう、誠実に一歩一歩 歩んでいきたいと思います』とある。

志乃は胸を抑えて喜んだ。

そこに、志乃の見送りのため、伊能がやってきた。

伊能は、志乃が東京で小料理屋を再開できるような多額の小切手を志乃に渡す。

志乃はそれを断ろうとするが…

伊能「なら、もらわないでいい。僕から借りて下さい。ただ、返済するには20年かかります」

キース「…それだけ長い生きしろいうこっちゃ。借りときいな」

志乃「…ありがとう…」

志乃「キーちゃんも、ずーっと私の息子だよ。ありがとう…」

こうして 志乃は東京へと帰って行った。

しばらくして、ようやく風太が大阪に帰って来た。

てんや芸人たちは風太の無事を喜んで迎える。

そして、一番 風太を心配していたトキは、風太に抱き付いて泣きじゃくる。

風太「お…何泣いてんねん。ちゃんと帰ってくる言うたやろ?そや。これ(お守り)のおかげや!おおきにな」

2週間後、風鳥亭に企画した復興支援興業は、被災した芸人への温情と応援もあって、どこの寄席も連日大盛況。

こうして大阪と東京の絆が生まれ、北村商店の東京進出はいっきに進んでいきました。

今日のあさイチ受け

土曜日なので あさイチはありませんでした。

今日のわろてんかの感想

今日も結構泣きました。

あの文句ばっかり言ってた日々が嘘のようです(^^;)

伊能様の名前

めちゃくちゃ名前じゃないですか~!!!

わろてんかが始まる前から「伊能栞」という名前がこの時代の男性の名前っぽくなくて めずらしいなって感じていたので、劇中でその名前がキーとなり、親子の雪解けにつながったことに感動しました。

実際 伊能様は、藤岡屋の窮地を支援してくれたり、その知恵でてん達を導いてくれたことがありましたので、伊能様は志乃さんの願い通りに生きていますね。

(「藤岡屋が自社で薬を開発することへの投資」だったはずが、藤岡屋が結局薬を輸入してることしか描かれていない矛盾は、この際見て見ぬ振りしましょう!笑)

「損して得とれ」と言われればそれは嘘になる。だけど、それでも、やはり誰かを助けることにつながるはずの支援。伊能様がちゃんとそれを評価され、志乃さんが世間の評価も知ることが出来たラストがまた良かったです。

息子が記者たちにひどいこと言われたままでは悲しいですもんね。

(北村笑店もまた「損して得とれ」となり、東京進出を果たすようですね)

伊能様と活動写真

あと、「今の僕があるのは、そのおかげです」という言葉が良かった!!

志乃さんは、伊能様に幸せになってほしくて伊能家へと泣く泣く送り出しました。自身はこんなに伊能様から恨まれるほどの鬼を演じて。

だけど、その伊能様から出た言葉は「今の僕があるのはあなたのおかげです」という言葉。伊能家に入って裕福な暮しや良い教育を受けられたからではなく、志乃さんのおかげだと伊能様は言ったんです。

か、感動的……!!!!!

伊能家の代替わりにより伊能様は本家から追い出される形となり、ここ数年の伊能様は活動写真の世界で生きて来ました。それが今日のこの言葉につながっています。

本家を追い出される際に伊能様は、たしか「これだけ(活動写真)だけはあきらめない」というような言葉を言ってたはず。それは生き別れた母との絆だったから。母への想いであったから。

伊能様が一人で母を追い求めるように走って来た活動写真という仕事でしたが、ここで始めて形になったというか…本当の意味で伊能様は仕事の喜びや人生の充実感を感じられたのかもしれません。

(伊能家を追い出される形になったはずなのに、同じオフィスで働いてるとか、一度もお金に困らずにいたとかいう違和感も、この際見て見ぬふりしていまっせ!笑)

リリコが伊能様に「あんたも愛情に飢えてるんやな」と言ったことがありましたが、あれは「てんへの愛情(未練)」ではなく、母への愛を差していたんでしょうか?

風太とトキ

トキ!抱き付いちゃうんだもん!か、かわいすぎる~!!!!!!!!!!!

今日のトキは素直で本当にかわいかったです!!!!

いつの間にこんなに素直に気持ちを伝えられるようになったの♡

あー、ほんとにかわいい!!!

風太もここんとこ、イケメンすぎます!!

表情がほんとにいい!!松坂桃李くんよりイケメンに見えます。

来週の予告で、風太がトキに「メリー ミー」(marry me)って言ってたの聞こえましたか!?

これは やばおすで~!!!!これはドキドキしまっせ~!!!♡♡

でも…心配な来週の予告

来週の予告は、風太とトキ以外にも気になることが…。

団吾師匠が久しぶりにドラマに登場するようですね。どうも騒ぎを起こしそう…。

北村笑店がどうなるのか気になります。

あと…藤吉が苦しそうに意識を失うシーンも予告に流れました。

これは…。嫌な予感がします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク大
スポンサーリンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする