朝ドラ「わろてんか」第16週 第89回あらすじ・感想

笑いの新時代4

今日のあらすじ

ある朝、風太が新聞を読むと団吾の記事が出ていた。

団吾は記事の中で「借金の差し押さえは仕方ないと諦めましょうが、噺家の口に蓋をするのは無理というもの。わしはこの封印を解くためにラジオに出ます」と宣言しており、風太はますます「絶対に出させない!」と怒る。

しかし、団吾は姿をくらましてしまう。

団吾の行きつけの料亭などを探す風太だが、団吾は見つからない。

風太が頭を抱えていると、てんがしず(てんの母)を風鳥亭に連れてきた。

トキと風太は、しずとの再会を喜ぶ。

しずは立派な風鳥亭に感動し、楽しそうに小屋を見て回る。

トキと風太のやりとりを見たしずは、変わらない2人を見て「長年連れそうた夫婦みたいやなあ」と笑った。

その頃、病室のベッドで右手を動かす練習をする藤吉の元に、リリコがやってきた。

リリコは藤吉の回復を喜び、無邪気に藤吉に抱き付く。

リリコは、てんがずっと一生懸命笑っていたことを藤吉に話し、自分もてんを見習って笑って生きるにすると話す。

藤吉「実はな…今まで言うたことなかったけど、お前、わろた顔が一番べっぴんや」

藤吉の病室を出たリリコは、先ほど藤吉が言った言葉が嬉しくて、廊下の鏡を見て笑顔を作る。

そこに、てんとしずがやってきた。

リリコはニコニコと笑って2人と話し、帰って行った。

病室に入ったてんとしず。

しずが「リリコがにこやかで感じのええ人だった」と告げると、藤吉は「てんを見習って笑うことにしたらしい」と先ほどの話をてんに話す。

てんが用事で部屋を出た後、しずと藤吉は2人きりで話をする。

しずは、儀兵衛(てんの父)は、藤吉がきっと「一生てんを笑わせる」という約束を守ってくれると信じていたからこそ駆け落ちを放っておいたのだと話す。

てんに苦労をさせていると答えた藤吉に、しずは「好いた人との苦労や、親が子のために悩むことは苦労ではない」と言う。

しず「これからも親子3人で、どんどん苦労して、どんどんわろうとくれやす」

てんが部屋に戻り…

しず「てん。覚えてるか?「花と信じれば、どんな寒空の下でも花は咲く」。お父はんがアンタに言わはった言葉や。藤吉さんとてんの花は、まだまだこれから大きく咲きますやろ。その大輪の花をお父はんと私に、見せてもらえますやろか?」

3人は約束の指切りをする。

その夜、藤吉の病室に突然 団吾が現れた。

団吾がラジオに出ると宣言したので、藤吉は「それでは寄席にお客さんが来なくなってしまう」と必死に止める。

団吾は、「落語と漫才」を「そばとうどん」に例え…

団吾「うまいそばの為なら、わしはわざわざ遠い店まで食べに行くで。お客さんが店に来んのはまずいもんを出してるさかいや。明日、ほんまにおもろい落語、聴かせたる。明日、夜8時。そのラジオの前で待っててか。山奥のじいさんも病院のあんたも、みんな腹抱えてわらかしたるさかい。へへ。…新しい時代の幕開けや」

つづく

今日のあさイチ受け

いのっち「僕もそう思いますよ。出たらいいと思う、ラジオに」

有働さん「NHKとしてはやっぱりラジオにも出ていただきたいというものがありますので」

(中略)

有働さん「鈴木保奈美さん…じゃない、お母様の。「好きな人とする苦労は苦労のうちに入りまへん」っていう。いろんなキーワードがありましたけども」

今日の感想

まさに団吾の変。久しぶりに登場して、ひっかきまわしますなぁ!(笑)

でも、いい。やっぱり団吾の存在感はいいなと感心しました。

(団真さんはどないなっとんねーん!と言いたくなるけど。)

月曜の放送で、風太と藤吉が「落語を減らす残す」と対立してる状態でしたが、団吾師匠はもっと大きいところを見てる、と言うんでしょうか。

団吾師匠が最後に言った「山奥のじいさんも病院のあんたも、みんな腹抱えてわらかしたるさかい」ってのが全てな気がしました。

寄席に来れる一部の人を対象にするんじゃなく、日本全国全員が対象。それこそ、「笑いは人を救う」の根本とも言える気がします。

それが「うまいそばの為なら、わしはわざわざ遠い店まで食べに行くで」にもつながると思う。

ほんとに、新しい時代が始まろうとしてる感じですね。

明日の夜8時が楽しみです(笑)

あと、今日はしずさんに再会して喜ぶトキと風太が良かった。特に風太にとったら、お母ちゃんみたいなものなのかなぁ。小さい頃から面倒見てもらってるんですもんね。

「夫婦みたい」と言われ、2人の仲は進展するか…!?

そろそろ!ぼちぼち!進展してもイイんじゃないすかね…!?楽しみです!

今日のリリコ、可愛かった。無邪気に藤吉に抱きついちゃうんだもんなぁ。(私がてんだったら、ちょっと…さすがに…すっごく嫌だけど…^^;)

藤吉、てんに「リリコがてんを見習って笑うことにした」とこは話すけど、「わろた顔が一番べっぴんやと言うてん」とは言わないんですね(笑)

「こいつ、根っからのすけこましなんじゃないの?」って一瞬思ってしまいました(笑)

でも、なんとなーく…なんとなく、嫌~な空気も感じてしまう今日この頃…。

藤吉がリリコに今まで思ってたことを口にするとか、しずさんがこれからもてんと藤吉について話して3人で約束するとか…。しずさんの「元気になったらみんなで京都に遊びに来て」も、儀兵衛さんが最後のてんと会った時に「また寄席を観に行く」と約束していたことと似てるような気もして……。どうも、なんか……うーん……いい展開すぎるというか………うーん……考え過ぎだといいんですけど…。

スポンサーリンク
スポンサーリンク大
スポンサーリンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. るんるん より:

    やっぱり、藤吉死んじゃうフラグ立ちまくりですよね・・・みんなが最後の別れしてるみたいな空気が・・・明日のプレミアムトークでネタバレはしないと思いたいですが・・・

  2. いそまる より:

    るんるんさん
    やっぱりそう思います…!?怪しいですよね!?
    プレミアムトーク見ましたが、ネタバレはなかったですが、やっぱり桃李さんが「過去形」で話す時がありました。
    まじかよぅ……(涙)