朝ドラ「わろてんか」第17週 第93回あらすじ・感想

ずっと、わろてんか2

今日のあらすじ

藤吉はてんに、もっと寄席の仕事に関わってみないかと声をかける。

これからは女性目線でも興業を考えてほしいのだと。

てんは新しい流れに胸を高鳴らせる。

藤吉は打ち合わせや番組表作りにてんを参加させ、考え方ややり方を事細かに教える。

この日はラジオ局との打ち合わせ。

ラジオ寄席はお年寄りには人気で順調だが、若い年齢層には相撲や野球の中継の方が人気だ。

風鳥亭で人気のキースとアサリのどつき万歳やその他の演目は、ラジオでは面白さが伝わらないのでラジオには向いていない。

しかし、これからはラジオにももっと芸人を出演させる方がいいと藤吉は考える。

キースとアサリはどつき万歳を面白くするため、どつく物を変えたりどつき合いを激しくしていく。藤吉はそれを厳しく非難した。

驚くてんに「芸人の尻たたくのも興行師の仕事や」と藤吉は言う。

藤吉は宣伝活動にも積極的になる。

藤吉「笑いの世界は立ち止まったらアカン。隼也に会社を継いでもらうまで、俺は立ち止まるわけにはいかんのや」

キースとアサリと風太は、100年以上続く「万歳」を考える。

落語がなぜ長い間続くのかを考え、落語は「しゃべりだけで勝負する落語は、時代や客に合わせて変化させやすい」という結論に至った。

キースとアサリは、音楽も踊りもどつきもない「しゃべくりだけの万歳」を始める。

西洋文化に触発されている若い年代に受けるよう、「インテリ万歳」と称して英語を織り交ぜたネタで早速 初高座に上がる。

しかし、どつき万歳を期待していた客からは非難ごうごうで大失敗となった。

失敗はしたものの、藤吉はその挑戦を評価する。

新聞の連載を始めた万丈目は、キースとアサリがやったインテリ万歳は難しすぎたのだと意見を述べる。

万丈目「わてが新聞に書いてる小噺は、散髪屋や風呂屋で聞いた話を、誰でも分かるように面白おかしく書き変えてるだけや」

万丈目の言葉にヒントを得たキースとアサリは、そういった大衆の話を万歳にすることを思い付き、おもしろい話を探しに街にくりだす。

一方りん(てんの妹)がてんを訪ねて来て、藤岡屋が本店を大阪に移して自社で薬を開発するつもりだと報告する。

亡くなった兄・新一の夢であった薬の自社開発がいよいよ始まるのだ。

てんはいたく感激する。

その夜、伊能が北村家を訪ねてきた。

藤吉は、海外の劇場の資料などを伊能に頼んで取り寄せてもらったのだ。

伊能は、藤吉が何やら焦って仕事をしているように感じる。

藤吉は「ボヤボヤしとったら、あっという間に白髪のじいさんや」と笑う。

伊能にも何か悩みがあるようだ。

伊能は時代を先駆けてトーキー映画(しゃべる映画)を作ろうと考える。

(これまでの映画は「活動写真」という無声映画。活動写真は「弁士」という解説者がいた)

しかしトーキー映画を作るということは弁士が仕事を失うこと。伊能は弁士たちから猛反発を受けているらしく、理想の映画の実現について悩んでいる。

藤吉「自分がやりたいことをやろうと思ったら、進むしかない。時代の先駆者は立ち止まったらアカン」

伊能は藤吉に背中を押され、時間がかかろうともトーキー映画を作ると誓う。

つづく

今日のあさイチ受け

受けはありませんでした。(冒頭にニュースが入ったため)

今日の感想

藤吉、はよ病院いけって!!!まじで!!!!

病院行ったからって、できる治療や予防はないのかなぁ…(涙)

藤吉に残された時間

藤吉がドラマからいなくなる日は近いと思います。

昨日今日のドラマの展開で、ネタバレを見ていない人でもそう感じますよね。

藤吉は残された時間を感じ、自分ができる限りのことをてんや芸人たちに教えようとしているようですね…。

悲観するのではなく、ただ前向きに未来をみつめ、残された時間でできることをやる。

先日の団吾師匠の落語の中で、こんな言葉がありました。

「人の一生は限られてます。そやけど、限られてるからこそ美しいんやと思います。ろうそくみたいに、最後まで明るく燃え尽きたいもんや。それでは皆さん、この男が末永く生きられますようご唱和を」

これはやっぱり藤吉を差していたんですね。

藤吉の人生は限られているかもしれない。だけど、それは決して悲しいばかりではない。ドラマ制作陣からのそんなメッセージを、団吾師匠を通じて我々に伝えてくれたのかな。

まさに、最後まで明るく燃え尽きようとしている藤吉を見守りたいと思います。

しゃべりだけの漫才

漫才の誕生にも紆余曲折あったんですねぇ。今ではしゃべりだけの漫才って当たり前だけど。

私は昔からコントより漫才が好きなので、キースとアサリがしゃべくり漫才を早く物にしてくれるのが楽しみ!

しかし、物書きを始めた万丈目さんの指摘が的確でしたね。万丈目さんはこのまま漫才の脚本を書く方に回るんでしょうか。向いてそう。

ここに来て「薬の開発」がスタート!

意外や意外、まさかまさかの、ここに来てついに藤岡屋の薬の開発がスタートしました。

びっくりぽん!

伊能様が薬の開発に対して融資してくれてからもう20年位経ったのでは…?融資を受けたにも関わらず、一切これまでやってこなかったことが明らかとなりました(笑)

まあ、あのままスルーするのではなく、ちゃんと触れてくれただけ良かったかも。

風鳥亭だけではなく、藤岡屋や伊能様もまた新しい時代を見据えて生きているんですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク大
スポンサーリンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする