朝ドラ「わろてんか」第17週 第95回あらすじ・感想

ずっと、わろてんか4

今日のあらすじ

啄子がアメリカ(世界一周の旅)に戻って数日経ったある日。

相撲を題材にした万歳ネタ作りに苦戦する万丈目に、藤吉は「ラジオ中継」を織り交ぜてネタにしてはどうかとアドバイスする。

そんな和やかな空気の中、藤吉が突如倒れる。

てんは医者から「何があっても良いように心づもりをしておくように」と言われてしまう。

しばらく後 病院のベッドで目を覚ました藤吉は、悲しげなてんを元気づけようと弱弱しい声でなぞかけを言う。

藤吉「泣かんといて…てんてんてんごのおてんちゃん…。それでは、今日の笑いをひとつ…。涙をかけて、笑顔とときます。…その心は、どちらも頬にこぼれます…」

北村笑店では、風太が「社長は意識もしっかりしている。大丈夫や」と皆を勇気づける。

風太「一刻も早く新しい万歳を完成させて社長を励ましたろうやないか!」

キースとアサリは一週間以内に新しい万歳を完成させ、藤吉に披露することを決める。

自宅での治療を望み、自宅へ帰った藤吉の元にリリコが見舞いに駆けつけた。

藤吉はてんに買い物を頼んでリリコと2人きりになり、リリコに芸人に戻ってほしいという思いを話す。

藤吉「いずれうちでもレビューやスケッチ劇をやることになる。その時は、風鳥亭の高座に上がってほしいんや。ちっちゃい頃から寂しい気持ちを持て余してきたお前やからこそ、できる笑いがあると俺は思う」

リリコ「……うれしい。初めて藤吉に口説かれた」

2人は笑い合う。

そして藤吉はリリコに「もうひとつ頼みがある」と話し始める……。

一方、藤吉のためにも新しい万歳を完成させたい万丈目、キース、アサリ。

万丈目は歌子に尻を叩かれながらネタを考え、キースとアサリは新しい衣装を考える。

「おなごに好かれる衣装」を考えている2人に、トキは流行のスーツはどうかと勧めるが風太に否定されてしまう。

そんな中、トキはつわりがひどくなって立っていられなくなる。

てんからトキをちゃんといたわって仲良くするように叱られた風太は、衣装についてもトキの意見を取り入れることにした。

翌朝、てんと藤吉は2人きりで話をする。

藤吉は「幸せや」と言い、これまでの思い出を語り出す。

藤吉「ほんまに苦労かけた…。正直言うとな、俺で良かったんかって思ったこと、何べんもある…。俺やなかったら、てんはもっと…」

てん「うちは藤吉はんと、ずーっとずっと一緒にわろてきましたえ」

藤吉「天満のちっさい寄席から始まって…、北村笑店は大阪一の笑いの殿堂になった。けどな…、倒れた時 夢を見て、改めて気付いたんや。ほんまに俺がやりたかったんはな…」

藤吉が何か言いかけた時、風太がやってきた。

風太「新しい万歳、あさっての昼席前、天満風鳥亭にて社長とごりょんさんに見ていただきたいと思います。社長もビシっと気入れて見たってや!」

藤吉「ああ、楽しみや」

藤吉が夢見た新しい万歳の完成がすぐそこに迫っておりました。

つづく

今日のあさイチ受け

いのっち「回想シーン入るとドキドキします」

有働さん「セリフの続き、私分かりました」

いのっち「ちょっと、やめてやめて」

有働さん「俺がほんまにやりたかったのは」

いのっち「やめて」

有働さん「てん、お前一人を」

いのっち「やめてやめて!」

有働さん「明日ですね(笑)ついつい」

いのっち「風太が一瞬金太郎になりましたね(笑)」

有働さん「なってましたね(笑)」

我慢できずに言っちゃう有働さん!

言わないで~!(笑)

今日の感想

冒頭から~!!!!(衝撃)

衝撃でした。あんな、前向きに万歳のネタを考えて和やかで前向きなシーンが一転しちゃった…。

はあ……

やっぱり、藤吉がドラマから消えてしまうのはまぎれもない事実みたいですね…。

だから早く病院行けって言ったのに…(´;ω;`)

「てんてんてんごのおてんちゃん」「それでは今日の笑いをひとつ」は、藤吉がてんに贈り続けた手紙のお決まりでしたね。

今になって「てんてんてんごのおてんちゃん」というカワイイ呼び方がぐっときます…。

ただ、水を差すようですがナレーションの「藤吉が夢見た新しい万歳の完成」はチョット違和感。藤吉ってそんなに万歳の新しい完成にこだわってましたっけ。というか、ほんの少し前まで「落語が一番大事」って言ってませんでしたっけ。病気をしたりして「新しい挑戦」をすることに燃えてはいたけど、それは新しい寄席のやり方や演目も含めてのことであって、新しい万歳が物語の見せ場になるほどではなかったように思うんですけど…。まあ、いつものことなんで別にいいんですけど、一応書いておきました。これが、わろてんかスタイル(笑)

2人の思い出

てんと藤吉の思い出が回想されました。

前半あんなにグチグチと文句ばっかり言いながら観てたけど…、半年間脱落せずに観てきたので、それなりに主人公たちへの愛着もわいてたようで、回想シーンは切なくなってしまいました。

さすがにつらいです。こんなに若い別れはつらい。

藤吉はほんとにアホボンだった。本当に救いようがなくてヤバイやつで、絶対好きになれないと思ってきたけど…やっぱり悲しいです。

でも「藤吉のどこが好きか」「どこで好きになったのか」と聞かれると、特にない…(苦笑)。

風鳥亭が順調に周り出した辺りから、てんと藤吉はドラマの中心にいながらもどこか脇役のような存在になってきていたので、2人に腹が立つ場面が減ったという感じです(^^;)

藤吉からリリコへ

わろてんかの正月特番で、リリコがいつか芸人に戻るらしいことがネタバレされています。

リリコは今日の藤吉の願いを叶えたくて芸人に戻るのかな。自分の寄席に出てほしいというのは、若い頃にも一度藤吉が言ってましたね。(その時にも「口説かれてた」と思うんですけど…)

藤吉からリリコへの「頼み」は、てんのことでしょうか?気になります…。

風太とトキ

今週で、藤吉との別れと風太とトキの赤ちゃんの誕生を描くのかな。別れがあれば新しい命もある。悲しいばかりで終わらせない 新しい命の誕生とともに前に進む週になるのでしょうね。

ところで、風太が「ピタっときた…」って言ってましたね!金太郎の衣装をあてて!爆笑!

風太は前にも、隼也のために金太郎の人形買ってきてましたが、NHKはやっぱり「auの金太郎いじり」してたんですね!!そんなことしていいの~!?(笑)

有働さんといい、NHKはやりたい放題ですな!

亀さん

ところで最近 亀井さんが出てこないんですけど…。社長が倒れた今日もいなかったし…。亀井さんの出番は終わっちゃったんでしょうか。亀さんも風鳥亭初期からのメンバーなんですから、中途半端な存在にはしないでほしい。最後まで出てほしいなあ…。

あ、岩さんもそうなんだけど…内場さん好きだからつい亀さんびいきしちゃう…(^^;)

関連記事:
わろてんか 全記事一覧

わろてんか年表

昨日の記事へ何人かの方に拍手をいただきました!

ありがとうございます!(^^)

スポンサーリンク
スポンサーリンク大
スポンサーリンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ハナノア より:

    拍手ボタン早速ポチポチしてますよ~(*^_^*)v
    これって連打もいいのかしら(笑)♪

    いそまるさんの、藤吉の好きなところは特にない発言、笑っちゃいました!
    確かにね、結局何してたかちょっとよく覚えてないです。
    風鳥亭を繁盛させたという結果はあるけれど、その経過のインパクトがなさすぎですね(^_^;)
    あれよあれよと話がすすんでしまったな、という印象です。
    あれ?、もしかして伊能様に気をとられ過ぎちゃったのか?(笑)

    さて、藤吉。
    自宅に帰れてよかったですね。
    私の知ってる人で、病院のベッドで最期を迎えた人がいるので(点滴やら心電図(?)やらで家に帰りたかったけど帰れなかった(T_T))。
    そうなったらかわいそうだなぁと思っていたので。
    逆に今の進んだ医療の方が家に帰れないのかもしれないですね。
    ホントに若いお別れは悲しいです。

    みなさん、健康診断は行きましょうね!

  2. いそまる より:

    ハナノアさん
    拍手ありがとうございます~!5回までは連打できる設定になってます!良かったら!(笑)
    拍手があると「あ!読んでくれてる人がいるんだ!」と思えるので、思った以上に励みになってます!(^^*)

    そうなんですよ、藤吉のことで泣けて来たり切なくなったりするわりに、ふと冷静になると「あれ、でも べつに好きなとこないわ」って冷静になってしまうんです(笑)
    もう4カ月も見てるのに全体的にあんまりインパクトないですよね。ほんと、あれよあれよ、です。これが「朝ドラ」な気もします。伊能様に気をとられていたことは私も否定しません(笑)

    病院と自宅の件、確かにそうですね。以前、家族で万が一に備えて色々話をした時、うちの夫も自宅に帰りたいと言っていました。
    藤吉のことはつらいですが、倒れてから皆と話す時間や やり残したことがないようにする時間を持てているのは幸せなことですよね。

    健康診断受けましょう!健康は替えのない財産ですもんね。