朝ドラ「わろてんか」第18週 第98回あらすじ・感想

女興業師てん1

今日のあらすじ

藤吉が亡くなって数日。

てんは、藤吉の遺影の前に力なく座り続けていた。

そんな中、親しい人々が弔問に訪れる。

亀井は「反魂香」という お香を焚いている間だけ想い人が幽霊となって現れる落語の話をし、てんがずっと大切に帯につけている小鳥の鈴を鳴らしたら藤吉が現れるかもしれないとてんに勇気づけた。

岩さんは、端席芸人の自分をずっと面倒みてくれた藤吉に感謝し、芸人人生に区切りをつけるつもりだと明かす。てんは「これからもずっと北村笑店の家族やで」と岩さんをねぎらう。

キースとアサリは、どうしようもなく芸が下手だった若い頃の藤吉を振り返り、藤吉が願ったしゃべくり万歳が100年続くように精進すると誓う。

万丈目は、新しい万歳のネタを藤吉に報告する。万丈目は、これから台本を書く作家になる覚悟を決め、ネタを書いて藤吉にご恩返しすると誓う。

リリコは生前 藤吉から「てんの友達になってくれ。助けになったってくれ」と頼まれたことを明かす。しかし、「あんた見てると悪口しか思いつかん」と涙を流す。

てんは「…うちもそうかもしれまへん」と答える。

リリコは「せいぜい悪口言いに寄せてもらうわ」と悪態をつき、てんに抱き付いて大泣きする。

伊能は、北村笑店と業務提携する契約を藤吉を交わしたこと、北村笑店の役員になることをてんに告げ、藤吉は信じる気持ちを教えてくれた初めての親友なのだと語る。

そして、てんを支えていくと誓う。

伊能「僕はあなたを支えていきます。おてんさんがこれから沢山笑っていけるように…」

てんは伊能に感謝し、死してなお自分を守ろうと必死に考えてくれていた藤吉にお礼を言う。

てん「藤吉はん…、おおきに…。…ありがとう…」

てんに少し 笑顔が戻った。

―半年後―

風太とトキに女の子の赤ちゃんが誕生した。

名づけを頼まれていた藤吉が残した名は「飛鳥」。

てん「藤吉はんと考えた名や。男でも女の子でも、大空を自由に飛ぶ鳥のように生きていってほしいてな」

トキと風太は藤吉とてんの想いに感激し、涙を流す。

つづく

今日のあさイチ受け

今日のあさイチは短縮放送だったので、受けはありませんでした。

残念。

今日の感想

藤吉がいない週が始まってしまいました。

誰かがいなくなるという現実は やっぱり悲しいです。

藤吉が残してくれたもの

大番頭の風太がいてくれるとはいえ、北村笑店という大所帯を担うことになるてんのため、そして自分が願う今後の笑い・北村笑店のために、伊能様という信頼がおける心強いパートナーとの契約を藤吉はしっかり済ませていました。

北村笑店を創業当時から知っていて、てんや藤吉の想いも知っている伊能様。そして、てんのことを大切に思ってくれている存在。これ以上心強い存在はないと思います。

(伊能様の役回りがちょっとね…切ないような気もしてしまいますが…。支えるばかりではなく、時に支えてもらえるパートナーが伊能様にもできたらいいな…。)

それからリリコ。藤吉からの頼みは「てんの友達になってくれ」だったんですね。

わろてんか第1週の幼少リリコ初登場時に「てんの生涯の友になる」というようなナレーションがありました。最近は2人で話したりしてる時もあって仲は良さそうだけど生涯の友という程でもないので、ずっと疑問だったんですけど、2人が生涯の友になるのはこれからみたいですね。ああやってちょっといけずを言ったりし合うような今後の2人が目に浮かびます。

自分がいなくなった後のてんのことを あれこれ心配して、いろいろ準備をしていた藤吉の気持ちを思うと、胸がぎゅーって苦しくなります。

飛鳥ちゃん

藤吉が名付けた「飛鳥ちゃん」が生まれました。おめでとう、トキ!風太!

藤吉が残した名前が思った以上に良い名前だったので、感激して号泣してしまいました。

藤吉とてんが名付けて来た「風鳥亭」「隼也」と同じように「鳥」が入った名前をいただけたのは、トキと風太にとってもめちゃくちゃ感動的だと思います。

命名の用紙に書かれた「北村藤吉郎」という名前も泣けてきました。

もう藤吉はこの世にいないんだけど、藤吉が願いを込めた大切な命がこうして新しく誕生したというのはなんと素晴らしいことなんだろう。これまでの朝ドラの赤ちゃんが生まれるシーンでは一番感動したかもしれない。

北村笑店、「笑い」、飛鳥ちゃん、てん…と、藤吉が幸せを願ったもの全てがものすごく愛しく思えます。

関連記事:
わろてんか 全記事一覧

わろてんか年表

前回の記事に拍手&定型文メッセージありがとうございました~!

スポンサーリンク
スポンサーリンク大
スポンサーリンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする