朝ドラ「わろてんか」第18週 第101回あらすじ・感想

女興業師てん4

今日のあらすじ

ある日、伊能は「リリコの相方に紹介したい人物がいる」と言って男を連れてきた。

その男性は、先日リリコは街でぶつかったメガネの男・川上四郎だった。

四郎は音楽学校でピアノを学んだ優秀は音楽家で楽士をしていたのだが、トーキー映画へと移り変わった中で職を失ってしまった一人である。伊能はそんな四郎を気にかけ、リリコの相方にと推薦してきた。

四郎は自信なさげなハッキリしないしゃべり方で、容姿もお世辞にも「良い」とは言えない。いくら演奏ができると言っても、思い描いている理想の相方とはかけ離れていることに戸惑うてん達であったが、伊能の強い推薦により一度 四郎の演奏を聴くことにした。

すると、四郎の軽快で見事なアコーディオンの演奏を聴いたてん達は感激する。

しかし、リリコだけは違った。

リリコだけは四郎の演奏が少し音をはずしていることに気付いたのだ。

リリコがあまりに強く四郎を拒絶するので、四郎は去ってしまった。

てんは四郎の件を風太に相談するが「楽器が弾けるだけで万歳師になれるものか」と否定されてしまう。リリコの件がおもしろくない風太は、今回ばかりはてんに協力しようという意志はないのだった。

四郎にリリコの相方になってほしいと考えるようになったてんは、伊能と画策し、四郎とリリコをマンマン亭(歌子の店)で鉢合わせさせる。

しかしリリコは相変わらず四郎を毛嫌いし、きついことばかり言われる四郎もまたリリコを嫌っている。

四郎は、先日 演奏に文句をつけたリリコを見返そうと店内で再びアコーディオンを演奏する。

今回は音をはずしていないようだ。

リリコ「今度はちゃんと音程とれてるな。アコーディオン、修理したんか」

四郎「せや。有り金 全部はたいてな!」

リリコ「それやったら もっと前に修理しときって話や。ちょっとぐらい音はずしても、素人のお客さんやったら気付かへんと思ってやっとった あんたの態度が許されへんねん!」

リリコは、四郎のアコーディオンの不具合を見抜いていたのだ。

てんと伊能の計画もむなしく、リリコと四郎は完全に決裂してしまった。

困ったてんは、亀井に相談する。

亀井は「久しぶりに本気出しますわ…」と妙案を思い付く。

翌日、てんと亀井はリリコと四郎を北村笑店に呼び出し、四郎に「これでリリコの相方を引き受けてほしい」とお金を渡す。

思わずお金を受け取ろうとした四郎であったが、やはり「キツイ性格のリリコの相方は無理だ」と申し出を断り、リリコもまた四郎を拒絶する。

ここからが亀井の作戦だ。

亀井は急に泣き出し、2人の情に訴える。

亀井に合図され、てんや、同席した楓やトキも泣いて懇願する。

4人にわあわあと泣かれ、まいったリリコは四郎を相方にすることを承諾する。

リリコ「みんなして なんやの!その大仏と組んだらええのやろ!?…伴奏の腕は悪くないから、我慢したるわっ…!」

四郎は「え!?いや、僕はちょっと…!」と抵抗するが、亀井はお金を四郎の手ににぎらせ、無理やり納得させる。

こうして、2人がコンビを組むことが決まったのであった。

つづく

今日のあさイチ受け

有働さん「うまいねえ!NOと言えないってね」

いのっち「でも あれバスの車掌しゃんも…」

有働さん「んんん~???もう1回言ってごらん~???」

いのっち「この顔!俺が噛んだ時のこの顔!(笑)」

有働さん「もしかして~「ひよっこ」の車掌さんだった人が、今やってるよって言いたかったの~?」

いのっち「今日は8時55分までの放送です。国会中継ありますからね」

有働さん「私がケガしたみたいになってる…(笑)」

しゃしょうしゃん…。いのっちかわいい。有働さんの反応もかわいい。ほんと、この2人はいいわ~(^^*)

今日の感想

高橋一生がかっこいい

てんたちが外見がパっとしない四郎の演奏を聴こうとしない時の「とにかく一度、聴いてみてくれ」の顔…ウインクしたっぽかった!(><*)

そういえば、この間も(火曜かな)もてんにウインクしてましたよね。

何、何、やだ、もう、イケメンのウインクはやばいわよ。あんな顔されたら、とにかく一度黙って聞いちゃう。女もののふの楓さんも、とにかく一度聴いちゃったし。ああ、さすが良い顔面は強い……。

あと、てんと計画してリリコと四郎さんを店で偶然を装って会わせた時のいたずらっぽい笑顔もかっこよかった~!伊能様と目で合図し合う仲なてんがうらやましい!

リリコの耳

リリコすごいですね。誰も気づかなかった些細な音のズレ・故障を見抜いてしまうとは!

しかも、「その態度が許せへん」というプロ意識!これはかっこよかった。

でも最終的には泣き落としでOKしちゃうんですね(笑)。なんだかリリコらしい。

久しぶりの亀さん

亀さんエピソードは久しぶり。ほんのちょっとだったけど。

「本気」が泣き落としかよ(笑)亀さんらしい。

泣き落としで通じない四郎さんには お金を握らせて拍手を送るという強制技(笑)

初登場した時の亀さんは変人で堅物だったのに、すっかりキャラ変わりましたよね。今の方が内場さんらしくて嬉しいです♪

関連記事:
わろてんか 全記事一覧

わろてんか年表

昨日も拍手&メッセージありがとうございました~。

ちょっとだけお返事させてください!

「はじめは違和感を覚えていた脚本にも慣れて、普通に楽しんで見てる(慣れって怖い)」というような感想を書いて下さった方!すごく分かります~!!!私も最近しょっちゅうそれを思ってます!慣れってこわい(笑)。4カ月も見続けていると、「ん~!?」とか思いながらでも情がわくもんですね、朝ドラマジック(笑)

スポンサーリンク
スポンサーリンク大
スポンサーリンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. るんるん より:

    亀さんの本気、バレバレな猿芝居にドキドキしましたが、さすが朝ドラですね~(笑)うまくまとまって。
    伊能さま、登場場面も増えて目の保養ですね~(*^^*)だんだんかっこ良さも増してるような??

  2. いそまる より:

    るんるんさん
    あのバレバレ感が良かったですよね(笑)
    伊能様、ほんと目の保養です。ウインクとかし出してっ…!
    かっこよさは誰にも止められませんね…(^^*)