朝ドラ「わろてんか」第18週 第102回あらすじ・感想

女興行師てん5

今日のあらすじ

てん達がリリコと四郎の万歳を完成させようとする中、アメリカ留学をしていた隼也が2年ぶりに帰国した。

隼也はアメリカの芸能をたっぷり勉強してきたようだ。

翌日から隼也は早速 北村笑店に顔を出すようになり、リリコと四郎のコンビについて色々とアドバイスをする。

まずはコンビ名。てんたちは「月とすっぽん」「小町とメガネ」など和風の名前を候補にあげていたが、隼也のひらめきで「ミス・リリコ アンド シロー」というコンビ名に決定する。

(シローが「僕の名前の前にも(ミスのような称号が)何か入らないのか」と聞いたので、リリコは「ミス・リリコ アン・ドシロー」と提案する。この後からリリコは四郎さんを「ドシロー」と呼ぶようになったので、これが最終的なコンビ名になるのかな??)

次は衣装。ドレスや男装などいろんな衣装を着こなすリリコだが、四郎とのバランスも大切だ。隼也は、着物が良いと提案する。西洋かぶれしている日本で、名前も「ミス・リリコ」と西洋ぽいが「中身は大和撫子」、そういうキャラこそミス・リリコだと力説する。

ネタを書き上げた楓だが、文芸部の部長として張り切る万丈目に「万歳の鉄則から外れている」とダメ出しされ、ほとんど書き直しさせられてしまう。

書き直したネタをてんやリリコたちに見せるが、酷評される。

リリコ「型にはまりすぎて、今までの万歳と代わり映えせえへん」

てん「楓さん、どないしはったん?もっとおなごが思ってることをはっきり書いた方が面白いんとちゃいます…?」

楓は再びネタを書き直すことにする。

書き直しさせたネタに自信があったため企画会議に勝手に参加していた万丈目は、涙をこらえる(笑)

一方、四郎も歌子の厳しい特訓で滑舌良く話す練習をするが、なかなかうまくいかない。

そんなある日の夕方、ネタの中で歌う曲の音符を用意して来た四郎は、リリコが譜面を読めないことに気付く。痛いところをつかれたリリコもカっとなってしまい、2人は今まで以上に激しい言い合い決裂してしまった。

四郎が去った後、リリコは「なんで人を傷つけることばっかりしてしまうんやろう…」と自分を反省するが、後の祭りである。

リリコと四郎がうまくいっていないと聞いた風太は、「女社長の道楽は止めにしたほうがええ」とてんに忠告する。

てんが伊能に、リリコと四郎のことを相談すると、伊能は「あの2人ならうまく共鳴するはず」だという自身の勘について話してくれた。

伊能「はじめ彼の伴奏を活動写真で聴いた時、驚いたんだ。まるでスクリーンにいる役者と掛け合いをしているようだった。本人は無口なのに、アコーディオンを持つと音楽で会話をしているように饒舌になる。彼とリリコくんなら、今までにない新しい万歳を生み出せると思ったんだが…」

夕方、家に戻ったてんは藤吉の仏壇に向かって話しかける。

てん「女興行師になろうやなんて…うちにはやっぱり無理やったんやろうか…」

藤吉からもらった思い出の鳥の鈴を鳴らすてん。

すると、すずが落ちて畳の上に転がってしまう。

てんが鈴を拾おうと手を伸ばすと、その上から突然誰かの大きな手がかぶさった。

てんが視線を上げると、そこにいたのは亡くなった藤吉であった。

藤吉は「てん」と、微笑む。

つづく

今日のあさイチ受け

受けはありませんでした。残念~!!

今日の感想

で!!!!でたーーーーーーーーっ!!!!!

藤吉出てきましたね!!

めずらしく予想が当たったので嬉しい!

でも私はもっと後半に(とと姉ちゃんのととのように)出ると思ってました。

まさか こんなに早く登場するとは~っ!!先週なくなったばかりなのに!(笑)

全然久しぶり感がない!(笑)

明日の展開が楽しみです!

隼也

隼也がなんかチャラ男っぽく見えるのは私だけ?(笑)

隼也、トキのことは「トキおばちゃん」なのに、リリコのことは「リリコちゃん」って呼ぶんですね!なんか、リリコらしくて笑えます。昔 隼也が「おばちゃん」と呼んだ時にリリコがムっとして「リリコちゃん」呼びを教え込んだのかな(笑)

リリコと四郎

コンビ名は、「ミス・リリコ アンド シロー」と「ミス・リリコ アン・ドシロー」とどっちに決まったんですかね?リリコが「ドシロー」と呼ぶようになったから後者なのかな?意味はないのに、意外と語呂がいいですよね「アン・ドシロー」(笑)

昨日(一応)うまく行ったと思ったら、また喧嘩すんのんかーい!このドラマはほんとに、よく「繰り返す」なぁ…(^^;)

でも仕方ないか、もともと(亀さんによって)無理やり決まったコンビですもんね。リリコ、きついし…。(てんを見習っていつも笑おうとしてた件はどこ行ったのかな…)

四郎さんは「どもってナンボ」みたいな、下手さを売りにする感じにもっていけるといいのかな。それはそれで、しゃべくり部分と演奏が始まってからの華やかさのメリハリがついて良さそう。

おもしろパート

クスっと笑える部分がちょこちょこありましたね。

四郎さんに小声で「なんや、あのちっこいの」と文句を言われる風太(笑)四郎さん、意外と毒舌!

万丈目さんは爆笑でしたね~。めちゃめちゃ泣いてましたやん!(爆笑!)

文芸部部長になって部下もできて、ちょっと最近調子乗ってましたもんね~(笑)お灸をすえられて良かったかも。女子が集まるとホント ハッキリ物を言いますからね~。

でも「万丈目さんが…」と言わない楓さんはかっこよかった。私ならすぐ言っちゃう。「ですよね~!?私もそう思ってたんですよ~!でもぉ~……この人がぁ~……」って(笑)

あと、歌子さんに猛特訓されてた四郎さん。歌子さんが怒鳴った後、鼻の辺りを抑えてたんですけど、あれは何…?え?歌子さんの口が臭いってこと…?歌子さんはレディなので、口が臭いキャラはやめて…(^^;)

関連記事:
わろてんか 全記事一覧

わろてんか年表

そうだ、今週のサブタイトルの漢字をずっと間違えてました…。

正)女興行師  誤)女興業師

昨日までの分 多分全部間違えてたんですけど…直すのめんどくさいのでそのままにしておきます…(^^;)

昨日も拍手&コメントありがとうございました~!

スポンサーリンク
スポンサーリンク大
スポンサーリンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする