朝ドラ「わろてんか」第19週 第104回あらすじ・感想

最高のコンビ1

今日のあらすじ

てんが興行師として初めてプロデュースすることになった「ミス・リリコ アンド シロー」。

初高座となった大漫才大会では、四郎が緊張し予定通りに進まなかったものの、リリコの機転で客受けは良かった。

しかし、リリコは「あれは『笑われて』いるだけで芸ではない」と分かっていた。

実際、それを見抜いた新聞には「あわれ美人女優の末路。素人相手に笑えぬ漫才」と酷評する記事を書かれてしまった。

リリコとてんは後には引けぬ覚悟はあるものの、漫才を続けるための打開策を模索する。

そんな中、てんの息子・隼也は、北村笑店で働きながら仕事や演芸を勉強することを希望する。

風太は隼也を「丁稚奉公」とし、お茶くみや掃除を言い付け、厳しく指導する。

北村笑店では、先日の大漫才大会が大成功を収めた。

自分の企画が成功した風太は、てんが企画するリリコと四郎の漫才に対し、これまで以上に厳しい意見を言うようになった。

役員である伊能もまた「やりとげようとする社長の覚悟がないなら専務(風太)の意見を聞いた方がいい」とてんに苦言を呈した。

その夜、リリコと四郎は新しい漫才が出来ると信じながらも、どういう方向性で2人を売り出すのが得策なのか分からずに悩むてんは、藤吉を想いながら再び鳥の鈴を鳴らす。

しかし、藤吉の幻は現れてくれない。

落ち込むてんの元に、伊能から電話が入った。

伊能は先ほどきついことを言ったとてんに謝罪し、社長としてのアドバイスを送る。

伊能「人前で悩むな。へこたれるな。一旦やると決めたことを簡単にあきらめるな。これが社長の極意かな。そう簡単にできることじゃないが。もうひと頑張り、期待しているよ」

翌日、風太は丁稚奉公の隼也に掃除をさせ、下積みを経て成功するという昔ながらの考えを教える。当の隼也は、風太の言う古い考えに理解は示しつつも、アメリカで学んだことを生かした仕事がしたいと考える。

そんな中、楓とてんが風太の元に「ミス・リリコ アンド シロー」を高座に出演させたいと直談判に来た。

てん「今度こそうちが必ず成功させます。これは道楽じゃない。立派な会社の事業や」

根負けした風太は、「昼寄席の前座になら」と出演を約束する。

てんは早速 リリコと四郎に出演を報告する。

前回 自分が大失敗してしまったことを自覚している四郎は、もっと練習を重ねて自分がうまくしゃべれるようになることを決意し、リリコは四郎の決意を喜ぶ。

てんやトキ、楓は「2人をどう観客に売り込むか」をもっと女性目線で企画する。

楓は、雑誌をつくって宣伝することを企画。先日 新聞や雑誌にこき下ろされたことを逆手に取り、2人の人となりや想いを記事にして宣伝すればいいと考えたのだ。

歌子は、リリコのイメージに合わせた洋風弁当を寄席で販売してはどうかと提案。

リリコは、売店でブロマイドを売ってもいいのではないかと提案し、一同は盛り上がる。

リリコがふと「四郎のブロマイドも作るんやろか…?」とつぶやいたので、四郎は一瞬喜ぶが、四郎のブロマイドを想像したてん達は大笑いしてしまうのだった。

つづく

今日のあさイチ受け

有働さん「なんか皆が笑顔で良かったですね」

いのっち「僕は四郎のブロマイド欲しいですけどね」

有働さん「ほんとですか?」

先週末 いのっちもあさイチを卒業するという報道が出ましたが、それについて触れられることはありませんでした。

いつ報告があるのかな…ちょっとドキドキします。

今日の感想

丁稚奉公の隼也と張り切る風太

風太は張り切ってますね~。随分厳しく接してますね。

「アホボンって呼ぶぞ!」って言うてましたね。隼也には「アホボン」が通じなかったみたいですが。藤吉にアホボンとはっきり言えなかった頃の恨みつらみをぶつけてるみたい(笑)

一方で、北村笑店の経営陣ではただ一人 アメリカのショーを知っていることを武器にして活躍したい隼也。ひと悶着あるのかな?

隼也が思いがけず活躍して、風太の立場がなくなるような展開は嫌だな~(><;)

てんに甘い風太と伊能様

2人とも、今日は厳しいことをてんに言うものの、結局甘かったですね。

風太は「ミス・リリコ アンド シロー」に反対姿勢をとっていつつも、直談判されたら寄席への出演を許可。

伊能様も、ちょっと厳しいことを言ったかと思えば夜の電話で早速フォロー。

てんは支えられていますね。

しかし、「きついことを言い過ぎたかな」と心配して電話をくれる伊能様…かっこいい。

伊能様も楽士や弁士の反対に胸を痛めながらも、自分の信念を信じ 覚悟をもってトーキー映画を実現させました。「覚悟をもって立ち向かう」ということを経験したきたからこそ、てんにもそれを知ってほしいという感じがします。

関連記事:
わろてんか 全記事一覧

わろてんか年表

前回の記事にも拍手&メッセージありがとうございます~!

定型メッセも入力してくださってるメッセージも、ちゃんと読んで喜んでいます♡

スポンサーリンク
スポンサーリンク大
スポンサーリンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ハナノア より:

    伊能様のフォローの電話、「きついことを言っちゃったかな、と思って」って、彼氏かーい!!とニヤニヤつっこんでしまいました~(〃ω〃)
    伊能様素敵すぎる…(*^_^*)

    いのっちも卒業なんてさみしいですね…。
    次の人を優しくフォローするのも見たかったけど、いのっちも長く頑張ってたのでお疲れ様という気持ちもあります。
    潔く退くのも有働さん&いのっちペアらしくて好感が持てますね!

  2. いそまる より:

    ハナノアさん
    彼氏っぽい~!あれはかっこよかったですよね。てんが伊能さんと交際することはないと分かっているんですけど、最近の2人は「もうできてるんじゃないか」って思うことがあります(笑)
    4月からのあさイチは寂しくなりそうです。新しい人をフォローするいのっちの姿は私も想像してました。きっと優しく・うまくフォローされますよね、いのっちは。
    2人して卒業は、まさかまさかでした。本当に寂しいけど、好感が持てる卒業ですよね。