朝ドラ「わろてんか」第20回 第110回あらすじ・感想

ボンのご乱心1

今日のあらすじ

ミス・リリコ アンド シローは大人気となり、キース・アサリとともに北村笑店の大看板となった。

そんなる日、てんは、北村笑店が来年で創業25周年となることを記念して何か面白いことをやりたいと会議の議題に出す。

万丈目は、社史を作りたいと提案。

風太は、キース・アサリとリリコ四郎にも出演させ、東京での大漫才大会を企画する。

伊能はその漫才大会に歌やダンスを取り入れてはどうかと提案。

しかし、「北村はお笑い」とこだわっている風太は伊能の提案に反対する。

隼也も自分が思い付いた企画を出そうとするが、風太に遮られてしまう。

会議の後、相変わらず売店などの下働きをしている隼也に伊能が声をかけると、隼也はアメリカで勉強したショービジネスについて語り出す。

隼也は、跡継ぎだからこそ人の何十倍も働かないといけない立場だということは理解している。しかし、このまま下働きだけを何年もやっていては、アメリカで学んできたせっかくの新しい知識も古くなってしまうと危惧していた。

伊能は、しかるべき相手にその思いをぶつけることをアドバイスする。

伊能からのアドバイスを受け、隼也は早速てんに「アメリカのショーをやりたい」と掛け合うが、てんから「他にやることがあるやろ」と言われてしまう。

しかも、そのやりとりを風太に聞かれてしまい「下働きが嫌なのか」とたしなめられる。

諦めきれない隼也は、風太に思いを訴えるが…

隼也「今が勝負時なんです!…なんでちゃんと聞いてくれへんねん…!」

風太「お前のためを思ってや。…本気で怒ってやれんのは俺だけや。俺は…お前の父親代わりと思ってる」

隼也「…おおきに…。…けど やっぱり丁稚奉公は時代遅れやと思う。漫才は確かに面白いけど、世界には他にもっと面白いもんがぎょうさんある。…おっちゃんの頭は古い…!」

風太「…!」

その夜、隼也は自宅で 再びてんにショーのことを懇願する。

隼也「漫才も好きやけど、こういうのがやりたいんや。お父ちゃんもこういうのがやりたかったんやないかって。僕な、お父ちゃんの夢を叶えたい!」

そして隼也は、風太とは考え方が違うので伊能の元で修行をしたいとてんに頼み込む。

しかし てんは、風太に(隼也を)預けた以上 風太が認めないものを自分が認めるわけにはいかないと、隼也の申し出をきっぱりと断った。

同じ頃、屋台で酒を飲む風太は、隼也の言葉が頭から離れなかった。

そこに伊能がやってきた。今後の北村について、風太と2人で話をするためだ。

伊能「僕は北村はどんどんレビューもやっていくべきだと思う。そのためには君の力添えが必要だ。腹を割って話さなきゃいけないと思ってね」

風太「……北村笑店の一丁目一番地は漫才や。俺は漫才が100年先も残るようにせなあかん」

伊能「藤吉くんとの約束や」

風太「ああ。そやけど、それだけやない。これは、俺の夢でもある」

伊能は、風太も自分も「北村や笑いの未来」と一緒に「自分の夢」を追っていることに気付く。

伊能「僕が北村の役員になったのは、藤吉くんとの友情だけが理由じゃない。これからは映画やレビューだ演劇だと争っている場合じゃない。伊能商会は全てを手掛ける総合的なエンターテイメントの会社を目指している。そのためには北村と手を組むのが一番だと思った」

2人は「自分たちの夢」に乾杯する。

そして風太は、伊能にひとつ頼み事をするのだった。

翌朝、いつものように藤吉の仏壇にお参りした風太は、隼也を伊能の元に預けると宣言し、てんと隼也を驚かせる。

風太「社長の息子はよそさんの会社で武者修行するやろ、あれと一緒や」

てん「ほんまにええんか?」

風太「伊能さんやったら大丈夫や。ちゃんと仕込んでくれはる。お前のやりたいことやってこい!」

しばらく後、出社した風太は、キースとアサリを呼び出す。

キース「なんです?大事な話って」

風太「とことん考えたんや。漫才100年のために。一生に一度の男の頼みや…」

キース・アサリ「?」

一体 風太は何を…?

つづく

今日のあさイチ受け

今日は祝日なのであさイチはありませんでした。

というか、冬季オリンピックが始まったので、あさイチの放送が時々お休みになることもあるみたいです。残念。

今日の感想

風太が隼也に「お前はまだまだひよっこや」って言ってましたね。

風鳥亭や隼也の名に「鳥」が入っているからまさに「ひよっこ」なのと、前作「ひよっこ」も掛けてるのかな?(笑)

隼也と風太

あーついに隼也が「丁稚奉公は時代遅れ」「風太は古い」って言っちゃった。あーあ。

ショックだよねぇ…。風太も、そんなこと言われる年になったんだねぇ…。

自分ももうオバハンな年になってきたので、なんとなくこういうシーンは勝手に自分と重ね合わせてグサっときます。若い頃は「ふーん」って感じで見れたと思うけど…今は自分が言われてるように感じてしまう。メイクでもファッションでもそうですけど、歳をとったから「私は古い」って自分で思うわけじゃなく、自分にとって「当たり前」なことをしてるだけなのに、いつの間にかそれが「古い」って言われちゃうんですよね~(><;)あーやだやだ。

それで若者は、新しいことをやってる・夢を追ってる感が強いかっこいい大人(伊能さん)に憧れるんですよね~わかるわかる~。若者あるある~。

希望通り、伊能さんの元で働くことになった隼也ですが、どうなることやら。

お笑いの未来

どの世界にも色々ありますね~。漫才とショーを融合するとかしたくないとか…。なんか分かる~。(感想がやけに軽い・笑。いや、でもほんと、なんかこういう方向性の違いってどの分野でもありますよね)

最近でも、ネタ番組が減ってトーク番組とかVTR見るだけの番組が多くなったりとか、色々「流れ」があるな~と感じます。

でも私はやっぱり、漫才や落語は絶対なくなってほしくないです。

漫才100年は、風太の夢でもあったんですね。風太はもともと藤吉が元気だった頃に「これからは漫才や」って言ってましたもんね。キース・アサリも一緒に方向性を考えたりしてたし。

よく考えたら藤吉はそもそも「落語こそ笑いの基本や」とかなんとか言ってたけど……そ…そういえば…今の北村笑店さんは…落語は…いずこへ……?(^^;)

関連記事:
わろてんか 全記事一覧

わろてんか年表
前回の記事にも拍手&メッセージありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク大
スポンサーリンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする