朝ドラ「わろてんか」第20回 第111回あらすじ・感想

ボンのご乱心2

今日のあらすじ

キースとアサリを呼び出した風太の「頼み事」とは、キースとアサリのコンビ別れ(解散)だった。

思いがけないことに驚いたキースとアサリは「えええ!?」と叫び声をあげ、それを聞き付けたてんも話に加わる。

風太はキースとアサリを解散させ、キースを東京に・アサリを大阪におき、それぞれ新しいコンビで漫才をしてほしいと願う。東京で人気のレビューなどのショーに圧されて漫才が消えてしまうことを懸念し、大人気コンビであるキースとアサリを別れさせることで人気を2倍にし、漫才をもっと盛り上げていきたいという漫才の未来を思っての決断であった。

しかし、キースアサリは藤吉も大事に思っていた存在であり、てんは解散を反対する。

アサリも解散に反対するが、キースには思うところがあるようだ…。

夕方、てんは万丈目夫妻など親しい仲間内に風太の提案について相談する。

万丈目は驚きつつも、常識破りで変化を恐れず びっくり仰天なことをするのが北村笑店だ言い、リリコもまた、藤吉なら一番はじめに解散を言い出していたかもしれないと笑う。

翌日から隼也は伊能商会で研修として働き始めた。

てんは菓子折りを持って伊能を訪ね、隼也の件の御礼を言う。

そしてキースとアサリの解散話を伊能に伝えると、伊能が風太の案に賛同したので、てんは驚く。

その夜、キースとアサリは解散について話し合う。

断固反対なアサリに対し、やはりキースは風太の考えに乗るつもりだった。

アサリは、ずっとキースとやってきて今さら一人になるのが怖いという本音を漏らす。

キースは自信のないアサリをたしなめ、「アサリは芸達者だ」と励ます。

キース「漫才と北村のため、俺はやったろうと思うんや」

同じ頃、てんは自宅で藤吉の仏壇に手を合わせ、風太の提案をもう一度考える。

てん「…藤吉はんなら…言うたかもしれまへんな…」

翌日てんは、風太・キース・アサリを自宅に招いた。

てん「お2人のコンビ別れのこと…、風太の言う通りやと思い直しました。笑いを作るものは立ち止まったらアカン。藤吉はんはいつもそう言うてはった。キースさん、アサリさん、百年先の漫才、そして百年先の北村のために、お力を貸していただけませんやろか。この通りです」

てんと風太は2人に頭を下げる。

アサリ「…かなんなあ。わいもお前には飽き飽きしてたところや。願ったり叶ったりや!」

キース「アサリ!」

アサリ「解散でもコンビ別れでも、なんでもしたるわ!」

キース「おう、望むところや」

漫才と北村の未来を考え、キースとアサリは風太の提案を承諾した。

後日、北村笑店では「キース・アサリのおわかれ漫才会」を開催。2人の最後の高座を見ようと、大勢の客が詰め寄せた。

二人を別れさせることは、風太にとっても苦渋の選択であった。

風太は目に涙をためて2人を激励し、高座に送る。

風太「こっからまた、お前らの新しい時代が始まるんや…!」

アサリ「ほな、いこか」

キース「これが正真正銘 最後のキース・アサリや」

てん「へえ…お気張りやす…!」

大歓声に迎えられて高座に上がった2人は、いつものように観客を大笑いさせるのだった。

つづく

今日のあさイチ受け

今日はオリンピックもあるため、あさイチは特別編を放送。生放送でないため、受けはありませんでした。

今日の感想

キース・アサリ

まさかまさかの解散!!しかも、たった1日で解決!早い展開でした。

キースとアサリが解散かぁ…ちょっと寂しいですね。

今週の予告を見て、隼也がいきがってキース・アサリをバカにすることをしでかすのかと思ってたんですけど、この件に隼也は関係なかったですね。

「藤吉はんが大事に育てた」と、てんが何回か言ってたけど…そんな記憶があんまりない私…(^^;)2人がコンビを組んだのは藤吉の提案でしたっけ?

団吾師匠のラジオ出演とかリリコ・四郎とかは実在の芸人さんのエピソードを盛り込んでいるみたいですけど、これも実話なんでしょうか?「人気の芸人を2つに分けて人気も2倍」って…そんなうまくいくもんでしょうか!?「そのコンビだからこそ面白い」っていうのがあると思うんですけど…。コンビ別れさせなきゃいけないということは、2人に続く人気の芸人が他にいないってことで、そもそもそれが一番問題では…。まあ、わろてんかのことだから、この件もうまくいくんだろうけど…。

伊能さんに言われるがままのてん

今日のてんも、絶好調に伊能さんの言いなりでしたね。まあ、今日は伊能さんだけじゃなく、万丈目さんやリリコも解散について意外と「藤吉ならやりそう」という反応だったからかもしれないけど。

絶対反対と言ってたのに、周りが意外といい反応だったから思い直すてん。…相変わらず流されやすい…(^^;)

関連記事:
わろてんか 全記事一覧

わろてんか年表

昨日の記事にも拍手&メッセージありがとうございました!励まされます(^^*)

スポンサーリンク
スポンサーリンク大
スポンサーリンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする