朝ドラ「わろてんか」第23週 第129回あらすじ・感想

わろてんか隊がゆく2

今日のあらすじ

笑いの慰問団について賛成できないてんとトキ。しかし風太はどんどん話を進めてしまい、芸人たちは風太に賛同する。

「慰問団には一流の芸人を」とリクエストされ、風太は東京からキースを呼び戻した。キースとアサリは慰問団のためにコンビを再結成することに。風太は、万丈目と歌子にも夫婦漫才を復活させてほしいと願うが、万丈目は歌子を戦地に連れていくことに不安を感じる。

てんやトキ、楓が慰問団に賛成できない中、ある日の夕方、若い男性客が寄席に駆け込んできた。男性は明日 入隊するため、最後に好きな落語を聴き納めにやってきたのだ。

男性に「おめでとうございます」と言葉をかけ、てんや楓は「笑い」の意義を考える。

慰問団のことを聞き付けた伊能は、てんの意見を問う。

てん「…うちは…、お国のためや北村のために芸人さんに戦地に行ってもらう言うのは違う思います。けど…戦地で頑張ってはる兵隊さんらに笑って楽しんでもらうためなんやったら、行くべきやないかと思てます…。間違ってますやろか…?」

伊能「…いや、他でも慰問団をどんどん送り出そうとしている状況を考えれば、経営者としては正しい判断なんだと思う。…ただ、国や軍部とあまり近づきすぎない方がいい。僕らが何より優先すべきは、大衆のための娯楽だ」

伊能もまた、企画していた恋愛映画をどうするべきか一人 思い悩んでいた。

その頃、万丈目は歌子に慰問団に誘われていることを話す。自分が慰問団に入ることは受け入れている万丈目だが、やはり歌子のことは断ろうと思っていた。

しかし、歌子は「一緒に行く」といつものように冗談を交えながら明るく申し出た。

歌子「うちはアンタとやったらどこへでも行く。一緒になった時からその覚悟はできてるんや!」

その夜、てんはトキに協力してもらい、赤ちゃんのおしめを縫った。隼也とつばきの子・藤一郎のためだ。

おしめを縫っても、てんは 隼也たちの名を決して口には出そうとはしない。

トキは、そんなてんの気持ちを思い「この おしめ、うちがお預かりして知り合いの若夫婦にでも送っておきます」と言葉をかける。

そこに風太が飛鳥を連れてやってきた。トキと風太は慰問団についての意見の相違で、ぎくしゃくしている。

てんは慰問団について思いを語る。

てん「…この話、お受けしてもええ思ってる。今日、もうすぐ入隊するさかい落語の聞き納めや言うて、若いお客さんが来はったんや。そういう人らのためになるんやったら行くべきやないかて…」

風太「そや、兵隊さんらを笑わせてやれるんのは俺らだけや。芸人らもそのことはよう分かってるさかい、行くと言うてんねや」

てん「楽しみに待ってはる人がいるんやったら、戦地でもどこにでも行かせてもらいましょ…」

トキ「……会社やお客さんのためと言われたら…しゃあないわ…」

てん「…堪忍な…おトキ…」

トキ「その代わり、必ず無事で戻ってきてや…。せやないと、承知せえへんで」

こうして北村笑店から慰問団として、風太、キース・アサリ、万丈目・歌子をはじめとする「わろてんか隊」が発足。新聞記者を読んで出陣式が行われた。

てんやトキたちは万歳をして、上海に向かう皆を見送るのだった。

つづく

今日のあさイチ受け

いのっち「この時代に笑いをっていう…」

有働さん「ね…」

いのっち「意味のある回でしたね。キースも帰ってきましたよ」

有働さん「この後どういう風に戦地で笑いを取り入れるのか」

いのっち「万丈目さん まだ後ろ面やろうとしてました」

有働さん「やろうとしてましたね(笑)ちょっと見てみたいけど(笑)」

今日の感想

慰問団

キースが帰って来ました。さらっとアサリとコンビ復活。え…?そうなん…?そんな簡単に…?逆に、キースとアサリのコンビ解散は一体なんだったんでしょうね…(^^;)

まあ、アサリがずっと寂しがっていたので復活して良かったですけど。

作家である万丈目さんを連れて行くのは、向こうでその場に応じたネタを作ってほしいとか、そういう点で分からなくもないですが、ここで歌子さんを入団させる意味ってありますかね?ちょっと疑問です。もう何年も前に夫婦漫才は解散しているわけで、今現在 兵隊さんとして戦地に行っているのは若い人が主だろうから「キチゾー・ウタコ」をそもそも知らないんじゃないかな?知っている人気の芸人が戦地に来てくれることに更に意義があるんじゃないのかなぁ…。どうも違和感です。

そこに加えて、歌子さんが万丈目さんと話し合った後の意味深なドアップ……。なんか…なんか歌子さんが心配なんですけど!!

ただ、歌子さんと万城目さんの夫婦愛にはグっときました。万丈目さんはホントにいい奥さんがいて幸せだな。どうか2人が無事に帰ってこれますように…まじでお願いします!!心配です!!(´;ω;`)

伊能さん

伊能さんも新しい映画をどうするか悩んでいるみたいですね。いつもてんを支えてくれる伊能さんだけど、自身の悩みを話せる相手はいないのかなって考えたら、伊能さんが不憫でした。伊能さんのことは誰が支えてくれるの…。(もちろん、できることなら今すぐお傍で支えてさしあげたい)

おしめ

「名無しの手紙」「消印は川崎」の情報だけで、どうやっておしめを送るつもりなんだろうと思って昨日の放送を見返したら、隼也からの手紙には 封筒にちゃんと差出人の住所が書いてあるみたいでした。名前だけを書いてないみたい。「消印は川崎」どころか、住所はしっかり分かってるようですね。

トキが風太の慰問団のことで苦しい心境の時に、「おしめ一緒に縫ってくれへん?」と言い出したらしいてんにはちょっと驚きました。今?しかもトキに言う?気遣ったれよ(^^;)

関連記事:
わろてんか 全記事一覧

わろてんか年表

昨日も拍手&メッセージありがとうございました!

「更新ありがとう」とよく言っていただくのですが、「こちらこそ、つたないブログを読んでいただいてありがとうございます!」の気持ちでいっぱいです!

スポンサーリンク
スポンサーリンク大
スポンサーリンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする