朝ドラ「わろてんか」第25週 第150回あらすじ・感想

みんなでわろてんか5

今日のあらすじ

伊能商会の力添えもあり、風鳥亭再建に向けて舞台づくりがスタートした。

そんな中、ある日突然、キースとアサリが警察に追いかけられながら風鳥亭までやってきた!キースとアサリは「カナダより直送!高級サバの干物」を売り歩いていたところ、「このご時世に輸入なんてできるわけない!」と詐欺容疑で追いかけられていたのだ。

しかし、キース達は詐欺ではないと主張。

キース「釣り上げたんは和歌山やけど、広い太平洋で言うたらどっちか言うたら‘カナダ寄り’言うてな!あはは!」

てん達は、そんな相変わらずの2人との再会を喜ぶ。

キースとアサリは、あれからアサリの実家に移住していた。

また、引き続いて亀井・万丈目夫妻と、昔からの従業員であるイチとお楽とも再会を果たす。

皆、風鳥亭再建の噂を聞き付けて、大阪に帰ってきてくれたのだ。

更に、ある日の夕暮れ、ついに隼也が帰ってきた。

てんは、しっかりと隼也を抱きしめるのだった。

風鳥亭があった場所に、てん達が立てた青空舞台(野外舞台)が出来ているのを見た隼也は興奮し、風鳥亭で働かせてほしいとてんと風太に頼み込む。

隼也「僕、戦場で笑いがどんだけ大事か身に染みて分かった。明日の命がどうなるか分からへん時でも、戦友とくだらん話してわろてるだけで、今生きてる…明日も生きようって思えたんや。やっぱり僕、笑いが好きや。お願いします…!」

そして、トキと飛鳥、つばきと藤一郎も大阪に戻って来た。

その夜、てんと伊能は2人で話をする。

てん「伊能さんにはご心配をおかけしましたけど、これでまたなんとかやれそうです。そやさかい、伊能さんには、これからは北村に気兼ねのう、ご自分のやりたいことをやってほしいんです」

伊能「ありがとう。伊能商会を立て直したらやりたいことが山ほどあるんだ。新しい映画、新しい劇場、それだけじゃない。この焼け跡になってしまった大阪や東京に、大人も子供もワクワクするような街を再建したい。そしてそこに、本物のエンターテイメントを広げる」

てん「さすが伊能さんや…」

伊能「君と、君たちと一緒にね。君となら、きっとそんなパートナーになれる。これからも一緒にやっていってくれないか。僕らのゴールは、まだまだ先だろう」

てん「競争なら負けまへん!」

2人は固い握手を交わす。

青空寄席が完成し、風太が命がけで守った風鳥亭の看板が取り付けられ、新生 北村笑店がいよいよ動き出した。

てんは皆を集め、新しい笑いに挑戦したいことを話す。

てん「漫才みたいに誰もがお腹抱えて笑えるような。そやけど、落語の人情噺みたいにしみじみ人の情を感じるような笑いや。この焼野原で沈んでる人らに「ああ、おもしろかった。人生山あり谷ありやけど、捨てたもんやないな」って、そう思ってほしいんです」

てんのアイディアをきっかけに、芸人も裏方も総出演の喜劇のショーを行うことになった。笑いの灯が再び灯ったことを皆に知ってもらうため、今回は特別興行としてお代は無料にし、お客さんに大笑いしてもらう。

台本は、疎開先で万丈目が書きためていたものを使う。

「北村笑店物語」だ。

亀井は、藤吉役として田口一郎という旅芸人の若い男を推薦する。

亀井「芸はまだまだですけど、笑いが好きやと言う気持ちは先代そっくりや」

田口は「先代社長の役なんて俺には無理です!」「俺なんか…どうせ…」と自信なさげだ。

てんは、笑いが大好きだけど舞台で大失敗をしていた若き日の藤吉の姿を田口に重ね、田口の背中を押す。田口を頑張らせるため、自分も劇に出演することを決意する。

つづく

今日のあさイチ受け

いのっち「明日 最終回ですよ。ねえ、有働さん。」

有働さん「……」

いのっち「何、どうしたんですか」

やなぎー「僕が(代わりに)言おうか?ちょっとね、声が出ない」

有働さん「…で・る。やろうと思えばでるんですけど…」

あさイチの感想

あさイチ卒業のこの日に、なんと声がでなくなった有働さん。びっくりぽん…!

しゃべらないから、感極まってるのかと思ったら…!ギャフン!

せっかくの最後の朝ドラ受けなのに、全然受けてくれなかった!(;’∀’)エ~!

いのっち・有働さん・やなぎーのあさイチが終わっちゃいました。

最後は、番組全体の仲の良さが伝わってきました。

・ラストに向けてお酒を断ってたのに、昨日いのっちとやなぎーに誘われてちょっと飲んでしまったらしい有働さん(だから声が出なくなった?)

・過去の出演者や現在の出演者が、いのっち達の最後を見届けるためにスタジオに来ていた(宮下純一くんもいた~♪彼のスゴワザQも大好きでした!)

・有働さん、声が出ないから、いのっちに代わりにしゃべってもらうことが多く「いのっちのこと信頼してるんだな」とか「阿吽の呼吸だな」とか思いました!

・最終回にこんなアクシデントが起こっても、さらっとやりのけて楽しませてくれるいのっちはやっぱりすごい!

あー…本当に終わってしまいましたね……。寂しいです。もう月曜からはこのメンバーじゃなくなるのか…。

私は「あまちゃん」の頃からなので5年間、朝ドラ→あさイチの日課でした。日課が変わっちゃうのは本当に寂しいです。

でも、いのっち的には「ロス」とか言ってほしくないらしい。いのっちらしいな~。(なんでこんなできた人なんだろう…)なので、比べたりしないで前向きに頑張りたいと思います(笑)

後任に華丸・大吉さんを抜擢されたのは本当に「そう来たか!」って感じで、きっと全然違う面白い番組になるんだろうなって期待しているので、前向きに視聴します。近江アナも、天然でカワイイ感じがしました。まさか「男ってこういうとこあるよね」話に、小学生の頃の話をもってくるとは!大爆笑でした。

でも、やっぱり寂しいよ~!慣れるまで頑張ります!(慣れたとしても「大好きな番組だったな♡」ってしょっちゅう思い出したいです♪)

今日の感想

続々と皆が帰ってきました~!イチとお楽まで!あんまりこの2人に注目はしてませんでしたが、もちろんずーっと北村で働いてきた人ってことは分かっていますので、ちゃんと無事に帰ってきてくれたことに感動!

キースとアサリは、和歌山に行ってたんですね。「カナダより」で、警察に追いかけられながら登場とは、この2人らしい♪2人を追いかけてた警官は、昔キースを追いかけた警官の息子らしい小ネタもぶっこんできましたね(笑)(警官役の人は、新喜劇の人でしたよね?)

万丈目夫妻も亀さんも帰ってきてくれた!風鳥亭再建の噂を聞き付けて…なのかな?提灯とかも持ってきてくれましたね!大事にしててくれたんですね…。

風鳥亭再建の噂、どこまでいっきに広がってるねんってツッコミもありますが…、そんな速さで伝わるくらい人々が希望を感じるニュースだということかな♪

それから隼也も!よかった!おかえり……!

隼也とてんの再会、万丈目さんや亀さんとの再会のシーンは今日も泣きました。

ほんとに皆 無事会えてよかった。

てん達がやろうとしてるのって、要するに新喜劇ですよね?大笑いしつつも人情味があって……ああ、新喜劇っていいですよねぇ…しみじみ…。

亀さんの「いぃ~っ」も聞けました(*´∇`*)

まさかのここに来て新キャラが出てくる無理やりさと、普通に楓さんも北村に合流していることと、そもそもアンタらが集まってるその小屋はどっから出てきてん!っていう、いくつかのツッコミはございますが、そこらへんも「わろてんかスタイル」ということで(笑)

いよいよ明日が最終回!皆で笑い合う姿が楽しみです。

関連記事:
わろてんか 全記事一覧

わろてんか年表

スポンサーリンク
スポンサーリンク大
スポンサーリンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする