朝ドラ「半分、青い。」第1週 第4回あらすじ・感想

生まれたい!4

今日のあらすじ

1980年.小学校3年生になった鈴愛は天真らんまんそのもの。勉強は苦手で授業中もノートに落書きしてばかり。一方、同じ日に生まれた律は頭脳明晰で冷静沈着。良き幼なじみとして二人は成長した。ある日鈴愛は最近元気がない祖父・仙吉と亡くなった祖母・廉子を糸電話で話させてあげたいと言い出す。実現させるために律は長距離糸電話を考案。壮大な実験が始まる。

(NHKdデータに掲載されているあらすじを引用)

今日のあさイチ受け

今日も受けてくれました。やっぱり受けがあると嬉しいですっ♪

博多華丸大吉さんは鈴愛と同世代らしく、ドラマ内に出てくる流行り物が同じだそうです。同世代の朝ドラっていいですね、懐かしさとかもあって楽しそう!

(あ、そういえば「まれ」は私と同世代だったわ。でも「まれ」はそんなに「流行り物」とかを出さない朝ドラだったので「懐かしい~!あったあった!」とかはなかったなぁ)

今日の感想

廉子おばあちゃん、去年亡くなってしまったとのこと…。あらら…悲しい…。

「亡くなったおばあちゃんが天国から鈴愛を見守っている」ナレーションは、「ごちそうさん」と一緒ですね。

おばあちゃんが亡くなってしまって、おじいちゃんの元気がすっかり無くなってしまいました。物忘れ(注文間違い)が激しいって、ちょっと心配です。

最近の子は産まれた頃から携帯電話がある時代だけど、昔はそんなのもちろんなかったので、離れてても話せる糸電話は、私もものすごく画期的で魔法のようにキラキラして見えました。だから、天国とも話せるかもっていう鈴愛ちゃんの発想は分からなくもないです。かわいい♪

あ!おじいちゃんが望んだ「つくし」という命名は、食堂に使われたみたいですね!めちゃくちゃホっとしました!よかった~!!(笑)

おばあちゃんのナレーションで「人よりちょっと早かったかもしれませんが、1年ほど前にピンピンコロリで逝きまして、まあ、今の人たちからしたらうらやましがられれるような……。」とありましたが、それは「?」でした。「今の人たちからしたら」っていう部分が特に「?」。

でも「おばあちゃんは長患いで苦しむことはなかったんだよ」ということで、亡くなったからって暗くとらえないでね!という視聴者への気遣いかもしれませんね(^^)

あと、弟の草太くんも登場!腎臓の持病もあって子どもは産まないという決めてたわりに、年子で二人も産んだのね…、そ…そうか…(^^;)

このドラマには、当時の「流行り物」がちりばめられてそう。今回も、ブッチャーとか…出てましたね。律を外から呼ぶ時に笛の音とともにながれた映像も、当時の流行り物ですかね…?私は少し下の世代なので、今回のブッチャーとかあの映像はよく分かりませんでした。残念。

他のお友達と約束してたはずなのに、律ママのシフォンケーキにつられてそのまま律と遊んでた鈴愛ちゃん。い、いいのか?大丈夫?「約束やぶった」とかいじめられない?(^^;)

鈴愛の家のお菓子は食パンの耳。律の家は焼き立てシフォンケーキに、素敵なティーカップでお紅茶。うーん、相変わらずの貧富の差!律宅がまぶしい~!(笑)

理論好きでおカタイ律君と、あだ名「ブッチャー」が友達ってのが意外だったラスト(笑)

明日はどうなるんでしょう。楽しみです。


わろてんか最終回や、最近の記事への拍手メッセージありがとうございます!

数日バタバタしてたので拍手の確認が遅れましたが、メッセージ嬉しく拝読しました~!

特に長文メッセージいただいた方へ かる~く…ではございますが、ご返信です…↓

Mさん…え~!玉木さんのお顔が苦手でいらっしゃるんですか!私はもうドツボだったので、あさが来たは たまりませんでした(笑)やっぱり好みって千差万別なんですねぇ。ドラマそのものを楽しむのもいいんですけど、「この人が出てるのが嬉しいっ!」ってのがあると、朝ドラは倍以上 楽しくなりますよね。「半分、青い。」でもそういう人を見つけられるといいなと思います♪

Hさん…新生活、おつかれさまです。引っ越しって大変ですよね。慣れない新生活で体調をくずさないようにしてくださいね♪拍手&コメントはいつでも大歓迎&大喜びです~♡今期も楽しんでいきましょう!♪♪

Kさん…ほんとに内場さんがいてナンボの最終回で驚きました!内場さん…いいですよねぇぇ!!♡♡風太の「まさかの池乃めだかポジション」には大笑いしました。風太、専務より芸人にさっさと転身した方が…(笑) そうそう!西川きよしさんのお孫さん…戦争から帰ってきたんですかね…?私も気になってました。最終回直前の新キャラの扱いも…。こういうとこが、わろてんかスタイルなんですよね……(^^;)

スポンサーリンク
スポンサーリンク大
スポンサーリンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする