朝ドラ「半分、青い。」第2週 第8回あらすじ・感想

聞きたい!2

今日のあらすじ

学校からの帰り道、不意にめまいをおこした鈴愛。バランスを崩し、倒れそうになったところを助けたのは律だった。そんなある夜、晴は、鈴愛がいじめっ子ブッチャーに投げたゴミ箱が律に当たり、けがを負わせていたことを聞く。なぜ黙っていたのか鈴愛を問い詰める晴に、晴がつけた名前をからかわれたせいだと知られたくない鈴愛はかたくなに答えず、二人は大げんかになってしまう。

(NHKdデータに掲載されているあらすじを引用)

今日のあさイチ受け

大吉さん「ドラマの方もね、動きが始まりましたけど」

華丸さん「ラジカセにああやって音楽を録音するしかなかったですからね」

大吉さん「僕らの子どもの頃はそうでしたね」

華丸さん「必ず母親が入ってくるんです」

近江ちゃん「なんで…?」

華丸さん「え?母親が声を出す」

近江ちゃん「あ!声を!」

華丸さん「「静かにして!お母さん!」って言うのまで録音される」

大吉さん「セットになるんです、それは」

華丸さん「もんたよしのりさんの声が入らない」

大吉さん「あるある」

華丸さん「でしたね」

現在29歳の近江アナは、このあるあるは全然分からないらしいです(笑)

今日の感想

んあ~、親子喧嘩になっちゃった…。鈴愛ちゃんは名前をからかわれたって言ってお母さんを悲しませたくないだけなのにね…。うまくいかないなぁ…。鈴愛ちゃんがお母さんを思う気持ちが分かっているので、今日の喧嘩は見ててつらかったです。

でも、律のお母さんはいいにおいやのにお母ちゃんはくさい的なことを言われたら、あれは傷つく…!他にも傷つくダメ出しばっかり…言い過ぎだよ~鈴愛ちゃん……!(大人になればなるほど容姿とかのダメ出しはきつく刺さるよ…!)

ところで、ブッチャーの家、もっと成金のゴージャスな感じかと思ってたら、超お上品な日本家屋でびっくり。お母様方が、ブッチャー宅に入った最新のウォシュレットトイレの使用に興奮してましたね~。

今日はこの他にも、「テレビの音をカセットに録音して静かにしてる時に限って、おかんの声入りがち」な昭和あるあるが出てきました(笑)

私が小学生の頃はもう平成の世だったんですけど、子どもだからCD買ったりできないし、これやってました!懐かしい~!これが分かるのは、私の世代(30代半ば)が最後の世代かな?(というか私だけか…!?みんなCDとか買ってたのかな…^^;)笑っちゃいました。

でもこのドラマ、ちょっと「懐かし推し」が強すぎるような…。別に懐かしいことを感じたくて朝ドラを見てるわけじゃないので、音楽番組(もんたよしのりとか聖子ちゃんの本当の映像映ってましたね!)とか特撮アニメとかも含め、ちょっと推し過ぎに感じます…。1回や2回ならいいんですけど…今日放送までの全8話で既に多すぎやしないかい…(^^;)

そういえば、「半分、青い。」の番宣番組で、流行の歌とか懐かしいものがよく出てくるとか説明してたような気も。ってことはこれからまだまだ懐かし推ししてくるのかな…そうか……なんか重いな…(^^;)

あと、お墓参りに行った楡野一家。仙吉おじいちゃんのスーツ姿がなんかめちゃくちゃナウくてびっくりしました(笑)襟元が開いてたからかな?(笑)

関連記事
「半分、青い。」全記事一覧

「半分、青い。」年表

スポンサーリンク
スポンサーリンク大
スポンサーリンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする