朝ドラ「半分、青い。」第2週 第10回あらすじ・感想

聞きたい!4

今日のあらすじ

耳鳴りを訴え、精密検査を受けた鈴愛。検査の結果が出るまで2週間を要するという。鈴愛自身も家族も、処方された薬を飲めば治ると信じていた。2週間後、結果を聞くために再び大学病院を訪ねた晴と宇太郎。医師から告げられたのは、鈴愛の左耳はすでに完全に失聴しており、もう二度と治ることはない、というものだった。何も知らない鈴愛に、晴と宇太郎が検査の結果を伝える…。

(NHKdデータに掲載されているあらすじを引用)

今日のあさイチ受け

受けナシ

今日の感想

おたふく風邪の症状は出なかったけど、そのウイルスが原因での失聴でした…。(ムンプス難聴というらしい)

ハルさんが鈴愛を思って現実を受け止めきれないのが見ててつらかったです。

まだ ゆっくり説明してくれて、いいお医者さんだったけどね…。

家にいる間は家族が気を付けてあげられるけど、学校で休み時間たくさんのお友達がしゃべっていると分からなくなるとか、そんなの、守ってあげられないですよね…。車の気配や人の気配も感じられなくなるなんて危険もいっぱいだし…。

鈴愛も言ってたけど、こんなに突然失聴しちゃうなんて思ってもみませんでした。

「元気な時の左耳に、バイバイ、今までありがとなって言えんかった」

泣かせる…。

鈴愛はお母さんたちの気持ちを組んで明るく努めていましたね。鈴愛もまだ現実を受け止めきれていないんでしょうね…。失聴によって抱える大変さはまだ実感していないし…。ただ、親に心配をかけないように明るく振舞っていました。

律が、鈴愛にぜんそくが出た自分を見せたくなかったのも印象的でした。鈴愛の耳を心配しているから尚更、ワコさんが言うように自分は頼れるマグマ大使でいたいのと、もしかしてぜんそくの薬を飲んでもすぐに治らなかたった場合に鈴愛を不安にさせてしまうからかなって思いました。(律と鈴愛の薬が同じなので)

でも、ワコさんがどこかに出かけようとしていたところを見ると、ほんとに薬がちゃんと効いて落ち着いたようで良かったです。

関連記事
「半分、青い。」全記事一覧

「半分、青い。」年表

前回の記事にも拍手&メッセージありがとうございました~!

楽しく(ニヤけながら)拝読しています♡

スポンサーリンク
スポンサーリンク大
スポンサーリンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする