朝ドラ「半分、青い。」第3週 第16回あらすじ・感想

朝ドラ「半分、青い。」第3週 第16回あらすじ・感想

恋したい!4

今日のあらすじ

建設計画が進められている「ぎふサンバランド」の住民説明会が開催される。晴(松雪泰子)たち梟町の面々はこぞって参加するが、説明会の豪華さや熱気に圧倒され、どこか乗り切れない。同じころ鈴愛(永野芽郁)は、幼なじみの菜生(奈緒)からラブレターをもらったと告げられる。高校生最後の夏。同級生たちからひとり取り残され、恋愛の気配がまるでない鈴愛はさすがに焦りを覚える。そんな鈴愛にも運命の出会いが…。

(YAHOO!テレビGガイドに掲載されているあらすじを引用)

今日のあさイチ受け

大吉さん「…うん、ま、微妙…微妙。仮にも親御さんがいるので色々考えると切ない終わり方でした」

華丸「その上1時間の1本のバスも。彼のせいになって」

大吉さん「彼にも輝かしい未来が待ってると信じて」

今日の感想

ぎふサンバランド。怪しさしかない…(笑)。これ本当に実現するのかな?やけに引っ張るけど…。ひさしぶりに出てきたブッチャーの父である不動産屋の西園寺さん。もう東京の会社とズブズブの関係になってるみたいですね。

ぎふサンバランドは、主人公たちは関わってきていないし、扱いがなんだかよく分からないです。

菜生ちゃんに彼氏ができて焦る鈴愛。この子にも一応、恋したいという年相応の感情はあったんですね。

当時の人気番組、ねるとん…でしたっけ?それらしき番組を鈴愛が見てましたね。本家の映像は使わず、物まね芸人の原口あきまささんの後姿で再現(笑)

弟の草太にはすでに彼女がいるとのこと。鈴愛より恋のド先輩だったのか。だからか~、道理で大人っぽいワケだ。納得。しかし今日もまた「鈴愛が律を好きなんじゃないか」とは言わないんですね。草太がさっさと鈴愛に指摘してくれたら、鈴愛と律が進展しそうなのに…。

風鈴の音を聞くと子どもの頃を思い出すというのは分かる。私は、冬の朝のファンヒーターから少しだけ漏れる灯油のにおいをかぐと、なんだか一瞬子どもに戻ったような不思議な感覚がするんです。

通勤のバス待ち中、鈴愛の前を颯爽と自転車で通り過ぎた学生が落としたカセットテープ。走って追いかける鈴愛。これぞ、運命の出会い。……と見せかけての、「微妙な少年」の登場(笑)

微妙って!(笑)1時間に1本のバス行ってしもたし!(笑)

この少年、中西くんですよね?べっぴんさんの!やっぱり1回朝ドラで見た俳優さんは、それだけで愛着を持って見てしまいます。中西くんは明日もでるのか…!?楽しみです。

ずっと思ってたんですが、「悩んでも仕方のないことは悩まないのだ」…とか、こういう鈴愛の話し方がちょっと苦手です…。律もこういう話し方するし、当時の話し方はこんな感じだったのかな…?こういう言い回しも方言なのかな…?

関連記事
「半分、青い。」全記事一覧

「半分、青い。」年表

スポンサーリンク
スポンサーリンク大
スポンサーリンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. るんるん より:

    鈴愛と律の話し方、私も気になってました。運命の二人を強調してるのかなぁ。草太とか菜生ちゃんとか普通だし。
    中西くんが運命の人?!鈴愛と律と、お互いにそういう相手が現れて本当の気持ちに気づく?って展開ですかね?脚本はあの北川さんだし??と思ってしまいます(笑)

  2. いそまる より:

    るんるんさん
    るんるんさんも話し方ちょっと気になります!?方言とは違うような…なんでしょうね…。谷田部みね子のかわいい方言みたいな…ああいうヒロインが好きです…(^^;)
    中西くんは運命の人ではないでしょ~!(決めつけすぎ!?笑)幼馴染が別の人に恋をしたことで自分の気持ちに気付く…ってのはありがちな展開に思いますが、一応鈴愛も律も、互いの恋の気配に一瞬反応してるんですよね…。でも今のところはそれ以上のヤキモチなどを感じることは全然ないみたい…。草太が2人に「2人って好き合ってるんじゃないの?」とかぶっこんでくれたら物語がさくっと進むように思うんですけど(笑)