朝ドラ「半分、青い。」第3週 第17回あらすじ・感想

朝ドラ「半分、青い。」第3週 第17回あらすじ・感想

恋したい!5

今日のあらすじ

いつもの通学路。バスを待つ鈴愛(永野芽郁)の前を一人の男子学生が自転車で通り過ぎる。学生が落としたものを拾い、必死で追いかける鈴愛。学生は礼儀正しい好青年だった。鈴愛はそのできごとを早速、学校でブッチャー(矢本悠馬)や菜生(奈緒)たちに伝える。律(佐藤健)は、その学生ともう一度会えたら、それは運命の出会いかもしれないという。それから数日後の朝、同じ場所でバスを待つ鈴愛を待ち受けていたのは…。
(YAHOO!テレビGガイドに掲載されているあらすじを引用)

今日のあさイチ受け

受けはナシ

今日の感想

「もうイントロ始める?星野源が歌い始める!?」というナレーションからオープニング曲スタート(笑)。

以前の朝ドラ・べっぴんさんのキアリスの中西君こと、微妙扱いされる新聞部くん。新聞部じゃアカンのか!?(笑)私は自分が完全文系なので、好きだけどな、新聞部。

なんで皆 同じ町内に住んでるのに、鈴愛だけバス待ってるんだろう?と思ってたら、菜生ちゃんたちは自転車通学とのこと。どうやら、左耳が失聴している鈴愛は自転車が苦手みたい。三半規管によるバランス感覚の乱れから来るものですかね。日常生活においては特に支障なく暮らせるようになっても、やはりちょっとした苦労はいくつもあるんですね。

お昼休みの教室の雰囲気がなんだか懐かしくて甘酸っぱい~!クラスメイトがあっちこっちで仲良し組で集まって食事をしてる風景。もう二度とこの場所に自分が戻ることはないんですねぇ…しみじみ。
ブッチャーは下級生にでもお金を渡して、購買で人気のパンを手に入れた模様。お金で持っている関係は本当の友達じゃないと父から教えられて育ったブッチャーだけど、「金の関係」を割り切って良いように使ってるみたいですね。まあ、もともと子供の頃からそういうことあったけど(笑)

さて鈴愛は、新聞部君との出会いを「運命かも」と律たちに言われます。いや…運命ちゃうやろ…!(笑)鈴愛、全然ときめいてへんやん!!「微妙…」「別にかっこよくないよ」とか言うてるやん!(笑)
でも「周りが恋し始めると焦る」とか「告白されたらとりあえず付き合う」のも実際ありますからねぇ…恋しようと変に焦る鈴愛の気持ちも分からなくもないですけど…。

一方、サンバランド問題は、相変わらずなんだかよく分からない。
でも貴美香先生が言ってた「町を出た子供たちが帰ってきた時にホっとする場所でありたい」というのはちょっとグっときます。サンバランドが出来たら町の雰囲気変わっちゃいそうですよね。変わっていくことが良いのか悪いのか…それは後にならないと分からないことだし、地域住民として賛成か反対か決めろと言われても難しいですね。でもサンバランドは出来たとしても大して盛り上がらないかすぐ潰れるような気がするんだけど…。

あと、とりあえず、男性陣がどうしようもないことはよく理解いたした!(笑)
女性社員にメロメロでサンバを教わって踊り狂うお父ちゃんやおじいちゃん。おじいちゃんのあんな姿は見たくねえ~!!
東京から来た男性社員と女性社員は、それぞれ町内の男と女をコロっといかすのが目的だったみたい。なんと分かりやすい目的。詐欺と紙一重。

着実に任務遂行中のサトエリちゃん(女性社員。名前覚えられない^^;)に比べて、晴さんをときめかせた若い男性社員は苦戦中。晴さんは一瞬ときめいたけど、やっぱり女は現実的なので、そう簡単にコロっとはいきません(笑)。まー…女もコロっといくときはいくけどね!彼が玉木宏さんだったら私はもうコロっといって、サンバランド賛成運動してます(笑)
この男性社員さんを演じている方って、最近 人気が出て来てる俳優さんですよね。(名前知らないんですけど…^^;)こんな俳優さんを使うんだから何かもっと大きな出番・役どころがありそう。何を起こすのか、ちょっとコワイ…。

ところで「ハウスマヌカン」というバブル用語がちらっと登場。私はバブル期は子供だったため知らない用語なので調べてみました。
「ハウスマヌカン…ブティックで、その店の商品である服を着て客に応対する販売員」
ふむふむ……。え、その仕事している人が、260円のシャケ弁食べながら風呂ナシアパートに住んでるの……?え、わかんない……景気の良い時代に華やかそうな仕事してるのに、なんでそこまで貧乏なの…?わかんない………。
(更に調べてみたら、モデルとかスタイリストとかバイヤーとか、多角的な才能を要する仕事だから本当に成功できる人は一握りという職業だったそうです。なので、うまくいかない人は貧乏生活をしながら頑張るしかなかった模様。ナルホド。バブルで東京の人だからって、皆が成功者ではないんですね)

ラストでは新聞部くんが鈴愛を探してやってきました。律と一緒で「もう一度会えたら運命」と考えていた鈴愛は運命を感じた…のか…?学校に遅刻するのを分かってて、彼のためにバスに乗りませんでした。急に恋愛モードな表情になってましたが…そ、それでいいのか、鈴愛!?

あと、いつも拍手&メッセージありがとうございます。

拍手メッセージにも「常連さん」がいて下さっているので本当に嬉しいです。拍手メッセージには今のところ基本的に返信はしていませんが、本当にいつも嬉しくて、「え~そうなんだ!」とか「分かる分かる」とか一人でつぶやきながら楽しく読ませていただいてます。本当にありがとうございます。

関連記事
「半分、青い。」全記事一覧
「半分、青い。」年表

スポンサーリンク
スポンサーリンク大
スポンサーリンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. かるび より:

    昔『夜霧のハウスマヌカン』という歌が流行しまして・・・。
    その歌詞にもシャケ弁当が出てたのでその歌をモチーフにしたんじゃないかな?と思います。
    ハウスマヌカンは見栄をはって(または社販で服を買わされる)ブランド物のバックや洋服にお金をかけていたのでそれ以外(見えないところ)は質素だったと・・・。そんな歌詞だったと思います。すごい歌が流行ってたもんですよね〜。でも今思えば時代の象徴だったのかな?
    なんか机並べてお弁当!懐かしいな〜。眩しいシーンの多い週でしたね!
    新聞部くんと付き合うのかしら?

  2. いそまる より:

    かるびさん
    夜霧のハウスマヌカンって、あのシーンでカーラジオから流れてた曲ですかね?なんかすごい歌でした(笑)
    ひとつの職業についての流行り歌っていうのも珍しいですよね。バブルの東京なんて、皆豪華な暮ししてたんだと思ってました。
    つつましく生き、見栄を張っていた人も多かったのかな。
    高校生だった頃がもう20年近く前になりました。年々、ああいうシーンをまぶしく感じます。
    新聞部くんとどうなるんですかね!?気になります!