朝ドラ「半分、青い。」第6週 第34回あらすじ・感想

朝ドラ「半分、青い。」第6週 第34回あらすじ・感想

叫びたい!4

今日のあらすじ

到着早々、秋風(豊川悦司)の原稿にコーヒーをぶちまけてしまった鈴愛(永野芽郁)。秋風のマネージャー・菱本(井川遥)に案内され、これから漫画家修業をすることになるオフィス・ティンカーベルを見て回る。時はバブル期。売れっ子漫画家である秋風の仕事場の豪華さに圧倒される鈴愛だったが、続いて住み込み先の離れ「秋風ハウス」に案内される。だがそこで待っていたのは、わびしい都会暮らしの始まりだった…。

(YAHOO!テレビGガイドに掲載されているあらすじを引用)

今日のあさイチ受け

受けはありませんでした。

今日の解説と感想

いよいよ東京編開始しました。

コーヒーぶちまけはどうなることかと思いましたが、優秀なアシスタントによりしっかり修正されました。ホッ。そもそも秋風氏は、いつもああやってコーヒーを原稿台のすぐ傍に置いてスリルを楽しんでいる模様。昨日の受けで華丸さんが、あそこに置いてる方も悪いと言ってましたが、その通りだったわけですね(笑)

秋風オフィスはとにかく豪華!前に秋風さんがゲームをしてたシーンがあったので、どこの部屋なのか気になっていたんですが、リラクゼーションルームなる魅力的な部屋が…。いいなあ…お金持ち………1回でいいからあんなとこで暮らしてみたい…。

秋風氏は犬・動物が好きなのかな…。瀕死の犬を助けた律のことを知ったら感激しそう。

あと、鈴愛は左耳のことを秋風サイドに言ってなかったんですね。お父ちゃんとお母ちゃんは、秋風サイドに「娘をよろしく」の電話とかしなかったのかな…?しそうなもんにも思えますが…。けれど、ここのところキッツイ面ばかり見せられていた菱本氏がちゃんと気遣おうとしてくれたのはホっとしたし、変に同情したりするのでは彼女らしい言い方が非常に良かった。いい人や(笑)

菱本さんが秋風さんの個室をわざとらしくチラっとだけ見せたのは一体!?チラリズムされた個室の今後の扱い、気になります。そういえばあえて感想に書いてませんでしたが、そもそも菱本さんと秋風さんの関係は………?あ、鍵を開けられるってことは菱本さんはここに出入りしてるってこと?ってことはやっぱり恋人…?

一方、鈴愛が住む寮はアシスタントの皆が住んでいるぽいですね。結構な古い家……。寮にお金をかけなさすぎている…(笑)

あまちゃん、まれ、ひよっこであったような寮生活。ここでもいろんなことがありそうですし、同世代が住むだろうということで恋模様もありそう…。

アシスタントの先輩の「ボクテ」くん。「僕って~」が口癖で、ゲイ。これまでもチラチラ映っていましたが、しっかり話してる姿を見ると…あれ…思った以上に可愛い…♪「ゲイなので」という告白は、今の時代なら分かりますが、この時代はこんな風に公言することはタブー視されていたように思います。ちょっとリアリティがないかな…。けど、自分の「一般的」と違うところをハッキリ言えるボクテくんには好感を持ちました♪

お父ちゃんが作ってくれた本棚も届きましたね。ジーンとする…。お母ちゃんが自分のへそくりの一部も一緒に送ってくれました。(実際は荷物に現金入れて送ったらアカンやろうけど…笑)「困ったら使いなさい」というお母ちゃんのお金を、鈴愛はいつ使うのかな。ひよっこでは、じいちゃんからのお金をとても気持ちが良い場面でみね子が使ったのがとても印象に残りました。なので、こちらはどんな使い方をするのかちょっと期待しちゃいます。

今日は早速のホームシックというか…実家も鈴愛も切ない回でした。がらんとした部屋に一人。夕ご飯も買ってきたお弁当を一人で…。…切ない。初日なんだからさ…スーパーとかの場所も知らないんだし、もうちょっと優しくしてやってくれよ…秋風サイド…。(でも鈴愛、お弁当買ってきてましたね。この時代はコンビニも多くないし、お弁当買うだけでも一苦労したと思うんだけど…)

明日からは新しいことだらけで忙しくなるかな…?どうやら皆の食事の準備も鈴愛がしないといけないみたいですね。大丈夫かな。

関連記事
「半分、青い。」全記事一覧

「半分、青い。」年表
全然「半分」の話じゃないんですけど、今期の民放ドラマ、「正義のセ」というドラマを見てまして、主人公が「花子とアン」の吉高ちゃんで、その妹が「わろてんか」でリリコ役の広瀬アリスちゃん。んで、吉高ちゃんの役名がリリコ……。ドラマ内で「リリコが」と聞くと私にとってはまだまだ「リリコ=広瀬さん」なので一回混乱してしまいます(笑)

スポンサーリンク
スポンサーリンク大
スポンサーリンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする