朝ドラ「半分、青い。」第10週 第57回あらすじ・感想

朝ドラ「半分、青い。」第10週 第57回あらすじ・感想

息がしたい!3

今日のあらすじ

正人(中村倫也)から思いもよらない仕打ちを受けてしまった鈴愛(永野芽郁)。秋風ハウスに戻ってからも泣きっぱなし。裕子(清野菜名)とボクテ(志尊淳)が必死になだめていると、鈴愛は律(佐藤健)に会いたいとつぶやく。裕子から電話を受けた律は、正人を訪ね、彼の本当の気持ちを確かめる。すると、正人は鈴愛に対する真剣な思いを独特の表現で語り始める。やがて、秋風ハウスに律が訪ねてくる。鈴愛の部屋を訪れた律は…。

(YAHOO!テレビGガイドに掲載されているあらすじを引用)

今日のあさイチ受け

華丸さん「今日の雨は鈴愛の涙ですかね」

大吉さん「ちょっとね…昨日「好きです」とか言って、もう別れちゃいました」

華丸さん「そうです。8時1分になる前に、もう突き飛ばされてました」

近江ちゃん「すごい振り方。正人くん」

華丸さん「でも今思えば、正人ってああいう奴やもんね。最初の出会いから」

大吉さん「華丸さんが、話動くのは木曜のムービングサーズデイとか言うからさ、カチンときて前倒しで動かしたんやないの」

華丸さん「いやいや!そんなことは!そんなに私(影響力)あるんですか!?」

大吉さん「ますます目が離せませんけど」

華丸さんサスガ…そうなんですよね…正人くん、ああいう人なんですよね、最初から…。

今日の解説と感想

主なエピソード

鈴愛に告白された正人くんは、「そういうつもりじゃなかった」と鈴愛を拒絶。追いすがる鈴愛を振り払い、鈴愛は地面に倒れ込む。正人は手を差し伸べますが、鈴愛はその手をつかまず起き上がって逃げるようにその場を去る。

寮に戻った鈴愛は、ユーコとボクテに事情を話す。両想いだと思い込んでいた鈴愛のショックは大きく、「死んだほうがいい、胸が苦しい」と泣きじゃくり、過呼吸のようになってしまう。(ボクテが的確に介抱した模様)

「律に会いたい」とつぶやく鈴愛のため、ユーコは律に連絡して事情を話す。

話を聞いた律は正人の家に行き、正人を責める。

正人は、鈴愛の純粋な人に、自分のような人間(悪気なく彼女が増えてしまうタイプ)はふさわしくない・巻き込みたくないと思ったのだと言う。

そして、東京で初めて出来た友達である律をとても大事に思っていることも、鈴愛を振った理由だと話すが、律はそれに激怒する。

正人「律の好きな人とは付き合えないよ」

律「…は?何言ってんの?俺には清がいるし、鈴愛が正人が好きじゃん、現に!」

正人「お互いに気づいてないだけだよ」

律「え、何その言い方。神様みたいに。何様なの。自分が一番分かってますみたいな。むかつく…お前が俺と鈴愛を語るな!俺と鈴愛の歴史を語るな…!」

一方 鈴愛はハルに電話で正人ととのことを報告し、ハルは驚く。

鈴愛のために寮にやってきた律。鈴愛は律の背中にもたれかかって涙をこぼす。


鈴愛が傷ついた気持ちは同じ女としてすごく理解できるしかわいそうだけど…これで良かったのかな…と思う…正人くんと付き合ってもつらい思うしただろうし…鈴愛はそういう正人君の一面を知らないけど……ここでキッパリ歩みを止められたのは結果的には良かったんじゃないかな…。

だけど、鈴愛が自分を好きなことに正人くんは絶対気付いていたはず。そういう人だし。なのに、その上で鈴愛とデートしたり、免疫無さそうな子に思わせぶりなこと沢山言い続けて、いざ告白されたら突き飛ばすほどの拒絶って…。ちょっとひどい…。だからって「せめて一回付き合えば」とも言えないんだけど…。

はじめから「あり得ない恋」だったんですよね…。

律が来てくれて、いっきに鈴愛が落ち着きました。泣いてるんだけど、全然違う。

ナレーションにあった通り、律は鈴愛の安定剤なんですね。

鈴愛「いくら泣いても、スズメの涙」

律「…ふふ」

鈴愛「…こんな時でも、律が笑うと嬉しい。ホっとする」

こういうのがこの2人の全てなんだろうな…言葉をいくつ並べて表すよりも、素直にそう思えるシーンでした。

律「生まれて初めて聞いた泣き声が、鈴愛の泣き声なんだよな」

鈴愛「左の耳が聞こえんようになった時も、律の横で泣いた」

律「そんなこともあったな…」

鈴愛「…あったよ…」

律が正人くんに言った「俺と鈴愛の歴史を語るな!」の言葉の重みを感じました。律はめずらしく感情的になってましたが、たしかに、何も見ていない他人に語られたくないような、尊くてあったかい2人の日々だなって思えました。

無意識に律への恋心にフタをしているらしい鈴愛にとって、「律を好きな気持ちが恋じゃないのなら、恋がどんなものが分からない」って感じなのかもしれない。

新聞部くんといい正人くんといい、鈴愛は「恋」が何か、どんな気持ちなのか分かってない感じがする。

(正人くんとのことは、正人くんが人たらしで普通に鈴愛に良い顔してなかったら始まって無かった恋だと思うので、鈴愛発信じゃない)

けど、律への想いを「恋じゃない」と無意識に線引きしているなら、恋がどんなものかわからなくて当たり前だな、と。

これが恋だったんだ…と、鈴愛がいつか分かる日が来たら、きっと今までのいろんな感情に合点がいって、それこそ世界が変わるような…というか、ようやく本当の世界が見えるようになる気がします。

(あ、この2人の場合は「恋」を通り越してすでに「愛」かもしれませんね。)

関連記事
「半分、青い。」全記事一覧

「半分、青い。」年表

拍手お返事

Kさん…そう…ネットでは好評ですよね……い…意外……(^^;)

スポンサーリンク
スポンサーリンク大
スポンサーリンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. かるび より:

    なんだか朝ドラらしからぬ展開の毎日で、たまに『私はいったい何を見せられているんだ』と疑問に思ったりもしますが(汗)でも、いそまるさんの言う通り、二人は恋がどんなものかわからないのでしょうね。幼馴染の関係って私にはいないので、こんな感覚なんでしょうか?
    ひどい仕打ちをした正人くんですが、個人的にファンなので早くも正人ロスです・・・。

  2. いそまる より:

    かるびさん
    分かります…その疑問…今日(6/8)の感想では「よその局いってくれ…」と思いました(笑)
    あ~たしかに私も「幼馴染」っていないので、感覚知らないかも!こういうはがゆさを抱える場合も多いのかもしれませんね!
    私も、正人くんアカンで~と思いながらも、もっと出ろって思ってます…(笑)あの人、いいですね…他のドラマで見たら全然違うし…すごい…