夕ドラ(再放送)「カーネーション」第10週 第55話「秘密」 感想

朝ドラ「カーネーション」を再放送で初視聴。不定期で感想を書きます。

初見&予備知識いっさいナシなもので、2度目の視聴をされている方からしたら「それ違うよ~」「その予想間違ってるよ~」などツッコミたくなることもあると思いますが、お許し下さい(笑)

第55話「秘密1」感想

あらすじ

1941年(昭和16年)12月8日

ラジオから太平洋戦争が始まったというニュースが流れ、糸子は終わりが見えないこの情勢に嫌気が差す。

糸子は婦人会から「もんぺ」を履くべきだと注意される。初めは嫌がっていた糸子であったが、妹の静子や縫い子たちからも、そうすべきだと促される。

嫌々であったが、いざ履いてみると、その動きやすさになかなかの感動を覚えてすっかり気に入った。お客さんからも、もんぺを履いた上でオシャレを工夫しているという話を聞き、糸子はこの状況でもできるオシャレがあることを考えさせられた。

糸子は、お客さんが支払い代わりにくれる野菜を定期的に安岡家におすそ分けしていた。そんなある日、八重子は、パーマネントが時代にそぐわなくなって続けることが難しいということ、自分がパーマネントを始める時期の判断を誤ったせいで、このままだとパーマネント機の高い月賦支払いだけが残ってしまう苦悩をこぼす。

玉枝は元気がなく、その話を黙って聞いていた。

そんな中、勘助が再びお菓子屋で働き始めたことを八重子が教えてくれた。糸子が店を見に行くと、勘助は力なく店先に座っているばかりであった。

それでも、勘助が少し動き始めたことが嬉しい糸子は、勘助をもっと元気にさせたいと考えた。

糸子は、仕事終わりに勘助をなかば無理やり喫茶店に連れ出し、勘助の初恋の相手である踊り子のサエに再会させた。

サエに会えば元気が出ると糸子は考えたのだが、勘助は急に様子がおかしくなり、店から走り去ってしまう。

糸子が勘助を追いかけると、勘助は河原に座り込んで泣き叫んでいた。糸子は、どうすることもできなかった。

その夜、糸子の元に玉枝がやってきた。

玉枝は、糸子がこれまで見たことがないような怒りに満ちた顔であった。

玉枝は、勘助が2階から飛び降りようとしたことを告げ、糸子をきつく責める。

糸子は何も言えなかった。


苦しいです。めちゃくちゃ苦しい…。なんでこんなことに……。

勘助に一体何があったのか、今後語られるんでしょうか?想像を絶します。勘助が元気になれる日はくるんでしょうか?つらい。勘助……。

糸子、奈津のお父さんが亡くなった時は黙って思いやれたのに、今回は…あまりにも考えなしでしたね…。勘助に1回か2回会っただけの糸子と、毎日あの壊れてしまった勘助を見ている家族とでは、同じ気持ちにはなれませんよね…。でも糸子だって勘助のことを大事に思ってるのは分かるから、もう…なんというか…全てがつらい。

玉枝オバチャン、前回放送では、「つらい時にくじけてもあかん」と言ってたのに、今日は人が変わってしまいました。

オバチャンにとって、これまでの人生で必死にはいつくばってきたこと全てが壊れてしまったのかもしれません。

奈津が玉枝オバチャンの前でだけ泣けたのも、オバチャンは人の痛みや弱さを知ってるからだったのかもしれない。その上で強くあろうと必死に生きてきたのに、髪結は時代遅れになっていくし、嫁が始めたパーマは戦争につぶされ始め、大切な息子まで……。

オバチャンの心が壊れてしまっても仕方ないし、苦しくてたまらないです。

これまで、お父ちゃんや商店街の店主たちにも「もう呉服屋はアカン」とか「これからは靴売る」とか「電気屋やる」とか色々あったし、男たちは何かあれば酒を飲んで騒ぎます。

オバチャンはその影に隠れていましたが、店をやっている苦悩、一時の捌け口さえ無い思い、そういうものをずっと抱えていたんだろうと思いました。本当はこれまでだって、何度も潰れてしまいそうだったのかもしれません。

玉枝「世の中ちゅうのは、皆がアンタみたいに強いわけちゃうねん。アンタみたいに勝ってばっかしおるわけちゃうんや。皆もっと弱いんや。もっと負けてんや。うまいこといかんと悲しいて、自分がみじめなんも分かってる、そやけど、生きていかなあかんさかい、どないかやっとんねん。

アンタにそんな気持ち、分かるか?商売もうまいこと行って、家族も皆元気で、結構なこっちゃな…!アンタにはな、なんも分かれへんわ…!

ようやく働きに出れるようになったのに……ここまでうちらがどんだけ神経すり減らしてきたか…アンタには想像もつかへんやろう…!?今の勘助に、アンタの図太さは毒や…!頼むさかい…、もうウチに近づかんといて……」

たまらない……

オバチャンの心の一部では、「こんなこと糸子に言いたくない」って気持ちだって絶対あると思います。小さい頃から知ってる可愛いご近所さんですもん…。だけど、ここまで言ってしまうオバチャンの気持ちを考えると、胸がはりさけそうです。悲しい。それから、ここまで言わせてしまう戦争が憎い。

糸子が以前に戦争を「黒い墨のようなもの」と比喩したことがありましたが、それを感じました。黒い墨がズブズブと、安岡家を覆ってしまった。皆、普通でありたいのに。普通の幸せがあったのに。かわいそうでたまらないです。つらいです。

あと、先日のお話で、あの糸子が、仕事すらまともに手につかないほどに子を想うところがすごくしっかり描かれたので、今回のオバチャンの気持ちもすごく理解できる流れだと思いました……。

関連記事
「半分、青い。」全記事一覧
「半分、青い。」年表

スポンサーリンク
スポンサーリンク大
スポンサーリンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする