朝ドラ「半分、青い。」第11週 第64回あらすじ・感想

朝ドラ「半分、青い。」第11週 第64回あらすじ・感想

デビューしたい!4

今日のあらすじ

裕子(清野菜名)の漫画家デビューが決まった。これからは、秋風(豊川悦司)はもちろん、出版社の担当者とともに、連載とヒット作品を目指していくことになる。ファンレターも届きキラキラと輝く裕子の姿に、鈴愛(永野芽郁)は自分のことのように喜ぶが、ボクテ(志尊淳)は素直に祝福することができない。くったくのない鈴愛を理解することができないボクテは、裕子に遅れを取ってしまったと鈴愛に心の内を打ち明ける。

(YAHOO!テレビGガイドに掲載されているあらすじを引用)

今日のあさイチ受け

大吉さん「さ、ムービングサーズデイ」

華丸さん「まさかボクテが動きましたね…」

大吉さん「ちょっと怪しげな…」

華丸さん「移籍とかそういうことでしょ?嫉妬にかられて。男の嫉妬は怖かね~!」

大吉さん「まだ分からないよ!明日見て見ないと分からないからね。今日は半分青いのね…」

華丸さん「そうですよ。積もる話もありますよね。京都に行ったきりですから、ブッチャーくんは」

というわけで、今日のゲストは菜生ちゃん役の奈緒さんと、ブッチャー役の矢本悠馬さん♪♪

大吉さん「いろいろ物語も展開してますけど」

矢本さん「そうですね。今 僕ら2人お休みしてるんですけど、復活したらちょっとパワーアップしたキャラクターで戻ってくるんで」

菜生ちゃんは「いい女」になりそう。ブッチャーの「パワーアップ」は絶対つっこみたくなるパワーアップだと予想(笑)

今日の解説と感想

お悩み中のボクテくんが「味がしない」と言ったケーキを、しつらこく「だったら私が食べる」と食い下がる鈴愛にはちょっと笑いました。律と別れてから2年たったんですよね?もう21くらいなんですよね?全然変わってないんだけど(笑)

けど、鈴愛も「けなるい」(岐阜弁で「いてもたってもおれんくらいうらやましいこと」)けど、ちゃんとユーコさんのデビューを喜んであげているのは素晴らしい。ただ「なんで?嬉しいじゃん」という嫉妬と無縁な喜びではなくて、「喜んであげたい」と意識してるっていうところはちょっと好感度UP。

「友達にいいことがあったら喜びたい。そうしたら人生は2倍楽しくなる」

「律がいなくなった時、ユーコがいてくれて、悲しいのが減った。ほやから、ユーコが悲しい時は助けたいし、嬉しい時は喜びたい」

この鈴愛の言葉は普通に良かった。ええとこもあるやん。そんな風に思える友達ができて良かったね。

でも、ボクテくんみたいに思ってしまうのも仕方ないと思う。本気だからこそ、皆ライバルなんだし。

ユーコのデビューを喜び、他の2人も応援している秋風先生の「生き直したい。若い人たちと一緒に」という先生の言葉も印象的でした。以前、私は先生が「自分が苦労してきたこともあって、頑張る若者みんなを応援する気持ちを持っていそう」と感じたことがあったので、あ~やっぱりそんな感じの深い愛情を感じるな、と。

やっぱりボクテくんがおかしいですね。同期がデビューしてしまって、ヤキモチ…の気持や自分へのもどかしさや不安を感じてるんだろうけど…もう「やばい行動に出まっせ」感がぷんぷん出始めているので心配です。

ボクテくんは今日のラストで、他社の編集者と喫茶おもかげで初対面していました。なんだろう…何が起こるんだろう……。(展開予想をまた一番最後に書いておきます)なんにせよ、オフィスティンカーベル編は何かしら区切りが近そうな予感がします。

とりあえず…ボクテ…、先生が出版社に出かけてるからと言っても、関係者が絶対行かない別の喫茶店にした方がええんちゃう…?(笑)

なんか、こういうシーンを見ると、この後 店の端っこの方に新聞で顔を隠して話を聞いてる内場勝則さん(わろてんかの亀さん)が出て来そうに思えてしまいました(笑)

ちょっとだけ拍手お返事

mさん…初メッセージ嬉しいです!お仕事毎日お疲れ様です。「夜な夜な笛吹くなんてシーンは、ホラーすぎて朝から鳥肌でした。」には吹き出しました(爆笑!)他のご意見も……私も本当に…完全同意です。ちょっとしんどいですよね……(^^;)

展開予想

今週の展開予想です。当たればネタバレになるので、読みたくない方はここから下は読まないでください!

華丸さんが予想した通り、デビューを焦ったボクテくんは、自分をデビューさせてくれるという別の出版社に移籍(?)。秋風先生やオフィスティンカーベルと決別することになると思います。それでデビューできると思いきや作品作りが難航し、または、一度はデビューできたものの次の作品がうまくいかなくて壁にぶち当たるなどしたボクテくんは、鈴愛の「月が屋根に隠れる」をほぼそのままパクってしまうという流れじゃないかな…。今日、やたら「漫画家がどうなるかは担当編集者による」と力説してたので、ボクテくんが勝手にやるというより、担当編集者が何かしら影響を与えてしまいそう。ボクテくんは胸を傷めてしまうのかな…。その辺りも心配です。絶対優しい子だから…。

関連記事
「半分、青い。」全記事一覧

「半分、青い。」年表

スポンサーリンク
スポンサーリンク大
スポンサーリンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする