夕ドラ(再放送)「カーネーション」第16週 第87~88話「揺れる心」(7/6放送)感想

朝ドラ「カーネーション」を再放送で初視聴。不定期で感想を書きます。

初見&予備知識いっさいナシなもので、2度目の視聴をされている方からしたら「それ違うよ~」「その予想間違ってるよ~」などツッコミたくなることもあると思いますが、お許し下さい(笑)

第87話「揺れる心2」

あらすじ

昭和23年(1948年)春

神戸から久々に糸子の叔父・松坂正一が遊びに来た。松坂家は戦争で家を焼かれてしまったが、跡地に立派な屋敷を再建。正一の息子(糸子の従弟)勇は先月結婚。去年の冬、祖父の清三郎が逝去したが、祖母の貞子は元気に暮らしている。

一方、小原家は1年前 昭和22年の春に糸子の末の妹・光子が結婚し、家を出た。

糸子はここのところ、長女の優子と次女の直子のお転婆ぶりに手を焼いていた。しゅっちゅう2人で言い合いをするなど、とにかく常に騒がしい。学校に行っている間はいいのだが、夕方帰宅すると、騒がしくて仕事にならないので困っていた。

ここ最近、オハラ洋装店は大繁盛。ミシンも縫い子も増やしたが、追いつかないほどの注文量だ。

ある日、泉州繊維商業組合の組合長が「話したいことがある」と糸子を呼び出した。糸子は組合の加入したものの結局一度も会合にも出ておらず気まずさを覚えるが、渋々 組合長が指定した料亭へと元へ向かう。

料亭に着くと、組合長の三浦の他に北村もいた。糸子がこれまで全然顔を出さなかったことを詫びると、三浦は「誰ぞ会いたないヤツでもおったんか?」と深読みする。糸子は図星であったが、言葉をにごした。

肝心の組合長が糸子を呼び出した理由は、北村に協力してやってほしいという理由であった。


感想

糸子がすっかり「大阪の肝っ玉母ちゃん」みたいになってるのが非常に良い!子供たちに怒る時の口調がめちゃくちゃ好き!騒がしい子供たちに負けてないけど、子供たちはもっと負けてない(笑)糸子の子たちって感じですね~。まだ少し小さい 三女の聡子ちゃんはマイペースですね。成長したらどんなお姉さんたちになるのか、結構楽しみです!

糸子、組合にあれから一度も行ってなかったんですね(^^;)「もう会いませんように」と願ってた周防さんを避けて…だったんでしょう。そこまで参加しなかったなら、相当嫌われて嫌がらせされててもおかしくなったところ、そういう展開にならなくて一安心です(笑)

今日は、前回の放送から1年ほど飛んでいましたが、空白期間にあった出来事は、神戸のおじさんとの会話を使ってうまく説明してくれました。うまい!神戸のおじいちゃん…亡くなってしまったんですね…さびしくなりました。出番は多くなかったけど、優しくてかっこいいおじいちゃんでした。

安岡美容室、皆元気にやっているようで本当に嬉しい!奈津が、太郎を見ると折に触れて泰蔵兄ちゃんを思い出してしまうところが少し切なくもあります。

第88話「揺れる心3」

あらすじ

なんでも北村は「レディーメード」という新しい事業を始めようとしているらしい。レディーメードとは、アメリカ式の新しい洋服の販売方法。いわゆる「既製品」だ。同じ型から何枚も洋服を作り、それを店に並べて売る。無駄が出にくいので値段を下げられる強みがある。北村はこれを始めようとしているのだ。

糸子には、その「洋服の型づくり」をして、作り方などを現場監督に教えてやってほしいと言う。報酬は売上の1割。決して悪い話ではない。

帰宅した糸子は、松田と昌子に相談する。2人はこの仕事を受けた方がいいと言う。しかし、これまで一着一着 その人に合わせて洋服を作ってきた糸子は、その販売方法を「情」がないと感じて迷う。

そんな中 糸子は、優子と直子を毎日色んなお稽古に通わせることにした。家にいる時間が減るので、2人が騒がしくて仕事どころじゃないという悩みの種をなくすことに成功した。

しかし、ピアノを習い始めた子供たちが「ピアノ買って!!!」と言い出したから、さあ大変。今度は、鳴りやまない子供たちの「ピアノ買って」コールに頭を抱える糸子であった。

糸子は、「レディーメード」の話を受けることを決め、組合を訪ねた。周防がいるかとビクつく糸子であったが、もう周防の姿はどこにもなかった。安心した糸子は、これからは会合にも出ようと決める。


感想

「レディーメード」と言ったら、糸子に「レディーメード?」と聞かれ、自分が何か言い間違えたかと思ってメモ帳を確認し、「合ってるやないか!」と言った北村さんがめちゃくちゃ面白かったし、可愛かった!

その後、糸子が「レディーメード」という用語を知らないと分かり、鬼の首を取ったように「知らんのかいな!」と糸子をバカにする無邪気さも、あんな嫌味な雰囲気(しかも、なんかチンピラみたいな恰好してるし・笑)なのに、「お願い!」って気持ちが表れたつぶらな瞳で糸子を見つめる姿も妙に可愛かったです(笑)

オハラ洋装店にアメリカのお客さんも着ていて、糸子や八重子さんが有名ブランド「ディオール」に憧れて写真などを見ていました。「レディーメード」につながりそうですね。

迷う糸子に「その話を受けた方がいい!」と熱弁する松田さんと糸子の会話から、安岡美容室からパーマ機代を返してもらったことが分かりました。でも、美容室の改修費用をまた貸したみたい。奈津の保証人にもなってるし、結構 抱えてるものが大きいオハラ洋装店(^^;)すごいな、糸子。

子供たちの「ピアノ買って」コール、すごい。すさまじいな~!(笑)ピアノを買ってあげなアカンしお金がいることもあって、レディーメードを受けることにしたんですかね?

最後の、糸子と北村のやりとりはアドリブですかね。めちゃくちゃ面白かったです。いきなり仲良しやん(笑)いよいよ新しい展開!楽しみです!

あ、でも大相撲が始まるので、またカーネーションの放送はしばらくお休み期間に入るようです。残念…待ち遠しいです。

関連記事
「カーネーション」全記事一覧

「カーネーション」年表

スポンサーリンク
スポンサーリンク大
スポンサーリンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする