朝ドラ「半分、青い。」第15週 第87回あらすじ・感想

すがりたい!3

今日のあらすじ

運動会当日はあいにくの雨。閑散とした大納言で、気が沈みがちの鈴愛(永野芽郁)と涼次(間宮祥太朗)。この日は、臨時で雇われていた涼次にとってはアルバイトの最終日。閉店後にふたりは店のバックヤードでささやかな打ち上げを行う。失踪した田辺(嶋田久作)が残していったビールを飲み、涼次は鈴愛のためにギターを弾き語り、楽しい時間を過ごす。帰り際、涼次は雨の降りしきる店の外に飛び出し、驚がくのひと言を…

(YAHOO!テレビGガイドに掲載されているあらすじを引用)

今日のあさイチ受け

受けナシ

今日の解説と感想

あらすじ補足

・店長の田辺は、昨日失踪したまままだ店に戻ってこない。すぐ前までは戻ってきているのだが、鈴愛たちに謝る勇気がなく、そのまま帰ってしまっている。

・仕事中、涼次は「昨日、東雲のおばあちゃんが欲しがってたのは万華鏡だったのでは?」と気づく。ちょうど常連客の東雲さんがやってきたので、涼次は万華鏡キットを使って手作りしてあげる。(不器用でうまくできずいくつか失敗したので、その分は自分が払うといういい子ぶり)

・鈴愛は、涼次と4日間働いた記念に、自分にも万華鏡を作ってほしいとお願いする。

・岐阜に戻った草太は、鈴愛の現状を家族に報告する。30歳を前にして100円ショップでアルバイトをしている鈴愛に、ハルは不安と憤りを覚える。

・閉店時間を迎え、涼次は鈴愛のために万華鏡キットを購入する。鈴愛と涼次はそのまま、バックヤードでビールを飲んで2人きりの打ち上げをする。

・鈴愛は、先が見えない不安を吐露すると、涼次は優しく鈴愛を励ます。

・店を出た2人。鈴愛は、左耳が聞こえないことにより傘をさすと左に降る雨音が聞えないことを話す。そんな鈴愛を、涼次は自分なりに元気づけ、2人は雨の中で踊る。その後 涼次は鈴愛を抱きしめ、「好きです」と告白した。

感想

鈴愛の歌の音程が微妙にはずれてた気がしました(笑)。鈴愛が知らなかった曲は私も知りませんでした。脚本家さんが手掛けた過去の人気ドラマの挿入歌らしいですね。知ってる方は多いんだろうけど……、なんでNHKの朝ドラにこんなしょっちゅう脚本家さんエピソードが入ってくるのか私には理解できず、楽しめません。

「半分、青い」の由来にもなっている「左耳が聞こえないから、傘をさした時の雨音が半分聞こえない」に関するエピソードが登場しました。

鈴愛「私の好きだった人は、「両側に雨の降るのってどんな感じ?」って聞いたら、「傘に落ちる雨の音なんて、そんなに素敵じゃないから、片方くらいでちょうどいいよ」と言ったんです。」

涼次「素敵な人です」

鈴愛「でも結婚しました」

涼次「……そうだ!鈴愛さん!楡野鈴愛さん!傘さしたら片方だけど、ここにこうして、空の下に立てば、両方雨降ります!僕と一緒に雨に打たれませんか?」

律は高校生の時、「聞えなくて分からない鈴愛」を守る様に配慮しました。今日の涼ちゃんは、鈴愛のすぐ傍まで自分が歩み寄って手を引くような感じがしました。同じ事柄に対する答えが、律と涼ちゃん、全然違うのが面白かった。律には律の、涼ちゃんには涼ちゃんのやさしさがありますね。

高校生の頃んい律と鈴愛がこの会話をした回の後、脚本家さんが「このセリフは重要」みたいなことをツイッターに書いてたと記憶しています。何が重要なのかな~と思ってましたが、涼ちゃんとの対比につながるセリフだったんですね。

(脚本家さんがしょっちゅうこういうことをつぶやかれるのは、私は好きではありません。ここ最近は、そういった情報は見ないようにしていますが…、自分が情報を探さなくても勝手に回ってきちゃうのがツイッターなので、なかなか「全く見ない」とはいかないのが難点です…。)

涼ちゃんの人柄は、いいなと思います。今のところ、完璧ですよね。気取ってるところもないし。しかも、こういうことを経て鈴愛が涼ちゃんに恋するんだと思ってたら、涼ちゃんからの告白だったのでびっくりしました。逆に、涼ちゃんが鈴愛を好きになるエピソードはそんなになかったように思いますが……。まあ、もともと大ファンだからかな。作品を通して感じた「楡野スズメ」そのままの人柄や、現在 自分の居場所探し中の鈴愛の「守ってあげたくなる感」が良かったのかな~。

関連記事
「半分、青い。」全記事一覧

「半分、青い。」年表

スポンサーリンク
スポンサーリンク大
スポンサーリンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 通りすがり より:

    こんばんわ。
    私は見たことないのですが、脚本家が自分でこの回が神回だとか、よく言われてるようですね。
    神回とかって人に言われて思うものじゃない。自分で感じるものだと思っています。
    こういうことを言われると構えて見てしまうし、脚本家さんが吹聴されるのはどうかと思います。
    情報に関しては本当に困りものです。
    最近、予告し過ぎ!
    私もあらすじ見ないで想像しながら楽しむ見方なので、予告見てしまうと楽しみが半減してしまいます。
    どうにかならないものか・・・・・

  2. いそまる より:

    通りすがりさん
    脚本家さんのつぶやきを楽しみにされている方もいるそうなので、感じ方は本当に千差万別だなと思います。
    あさイチで華丸さんは「予告を見ないで楽しむ」とおっしゃっていて、なるほど!と思いました。特に出産とか結婚の週は、「え!?もう来週子供産むのね?」と予告で丸わかりなことが多いです(笑)

  3. かるび より:

    いそまるさん。
    私も脚本家さんのツイートをよく目にするのですが(自分からではないです!)好きではありません。若い時、この方のドラマを大好きでたくさん観ていたので本当に今回は楽しみにしていました。同世代のヒロインだったし。でも、どうしちゃったの?って感じです。本当にがっかりだし悲しい。セルフパロディ多すぎ、ツイートで呟きすぎ、これってお笑いで言う所の内輪ネタ?はっきり言って「イタイ」。こんなに大好きな俳優さんたちが出ているのに・・・。毎日楽しみに観ている方には本当に申し訳ないのですが、我慢ができず、とうとう書いてしまいました。不快な思いをしている方がいたらごめんなさい・・・。でも、最後まで諦めずに観ます!良い結末を期待しています。

  4. いそまる より:

    かるびさん
    ですよね、ですよね…共感していただけてうれしいです…。セルフパロディ!内輪ネタ!!ぴったりなお言葉…!……ちょっと多いですよね…。
    キムラ緑子さんや麻生祐未さんまで出演されてるので、良いドラマになってほしいなと思ったりします…。
    (「ごちそうさん」と、再放送中の「カーネーション」でお二人の脇役ぶりに魅了されましたので)
    多分、かるびさんと私の気持はかなり同じだと思います。ほんと、楽しんでおられる方もたくさんいらっしゃるので、水を差すのは悪いな…と思ったりするのですが、愚痴しか出て来ない回もあったり……。