朝ドラ「ひよっこ」第20週 第115回レビュー

さて、問題です1

今日の物語

あかね荘

1967年(昭和42年)6月11日。

みね子が東京に戻って1カ月。

今日は、久しぶりに向島電機 乙女寮のメンバーが集まる日です。

秋田でお嫁にいった優子は来れませんが、澄子 豊子 幸子があかね荘に遊びに来ます。

同窓会に向けて、みね子 時子 愛子は、料理を準備します。

みね子「今回はね、幸子さんじゃなくて、豊子が言い出して仕切ってんですよ」

時子「珍しいよね。しかも、今日じゃなきゃダメですって電話来たんでしょう?」

みね子「そう。なんか怖いんですよ!「6月11日の16時でお願いいたします」って」

愛子「似てる!あはは!皆に会いたいんじゃない?寂しいんだよ、きっと。分かりにくいけど(笑)」

同窓会中、おしゃべりの声などで騒がしくなってしまうお詫びとして、早苗・富・漫画家コンビにもお料理をおすそわけ。

富と漫画家コンビは、おすそわけが来るのを待ちかまえていました(笑)

―すずふり亭の裏の広場―

そして、幸子 澄子 豊子が広場にやってきました。

幸子「この広場だね。へえ、アパートとお店、本当に近いんだねぇ」

澄子「工場と乙女寮くらいだな」

豊子は、2人と合流してからというもの、「…ふふ…」と時々一人で笑っています。

澄子「…なんだ、おめえ…さっきからニヤニヤ笑って…。気持ち悪い……」

豊子「なして私が笑うと気持ち悪いんだ。ふざけんでねえ」

澄子「…」

豊子「…ふふ…」

澄子「だから!なんなんだよ!その笑顔!!」

豊子と澄子がもめ始めた時、アパートからみね子と時子が出てきました。

みね子「もう、あんたら、また喧嘩してんの~?♪♪」

5人は駆け寄って再会を喜びます。

愛子も出てきました。

愛子「あら~!コスモスの乙女たち…!!」

幸子たち「愛子さ~ん!!!」

澄子は一番に愛子に抱き付き、豊子・幸子も愛子に抱き付きます。

―あかね荘 管理人室―

幸子は、今日も寮長らしくしっかり者。

アパートの管理人である富に、挨拶をし、手土産を渡します。

幸子「今日はお騒がせしてしまうと思いますので…これ、アップルパイです。お好きだとみね子から聞いたので」

富「んまぁ~!いくら騒いでもいいわよ~♪♪」

富は上機嫌です。

澄子と豊子は、そんな富のことを珍しいものを見る様な目で見つめます。

富「……人間よ…♪」

幸子は、豊子の肩を叩いて叱るのでした(笑)

―広場―

そして、広場のテーブルに料理を並べて同窓会です!

みね子たちが作ったナポリタンやフレンチトーストを見て、澄子は大喜び♪

澄子「天国か、ここは~!…死んだのかおれは…」

みね子「なんだ、それ(笑)」

料理を食べると、澄子は お決まりの「うんめぇぇぇ~!!」。

愛子「久しぶりに聞いた~♪ヤギ~♪」

みね子「さあさあ、誰から行く?♪」

みね子は、誰から近況報告するか仕切ります。

幸子「一番はみね子でしょ。良かったね…!お父さん…!」

豊子「そうですね、いがったですね」

澄子「んだよ、よかったな、みね子さん」

みね子「…へへ、うん、ありがとう。手紙にも書いたと思うけど、まだいろいろあると思うけど…、でも、いがった。皆、ありがとう。心配かけました」

次は幸子の近況報告です。

幸子「実はね、団地に当たったんだ!」

みね子たち「えー!すごいじゃないですか!」

幸子「調布ってとこなんですけど、建物は新しくて、すごく素敵で!部屋もね、素敵なの!あ…でもね…、…家賃5600円でさ…払うのにいっぱいいっぱいで、中身の家具とか全然買う余裕なくてさ。今まで使っていた物を仕方なく持っていったのよ。そしたら、イメージの写真とかでは、かっこいいソファーとかテーブルとか置いてある場所にちっちゃなちゃぶ台置いて、ステレオとか電化製品もほとんどないしさ。なんだかな~って感じ」

愛子「…ひとつひとつ、増やしていけばいいよ」

幸子「はい」

次は豊子の番です。

豊子「なんとかやってます。ちょっと田舎でゴタゴタがあって、りんごが不作で借金をつくってしまったみたいで…、でも、大丈夫になりました!解決しました!」

時子「え?そうなの?なんで?」

豊子「そのうち分かります…♪♪」

一同「??」

澄子「さっきからそればっかりだな、おめえ」

豊子「まあな、へへ…!」

次は時子の番です。

みね子「ドラマ出んだよね~♪」

幸子たち「え~!」

時子「でも、小さな小さな役。でも、頑張る!…あ!でもね、どうやら、ファンが出来たみたいで。昨日ね、ここでいきなり、女の子に「助川時子さんですよね!頑張って下さい!立派な女優になって下さい!」って言われてさ……」

ナレーション「視聴者の方にだけ、ここは特別にお教えいたしましょう♪」

~時子の回想~

実は、その「時子のファン」というのは、三男が働く安倍米店の娘・さおり(本名:米子)なのです!

さおりは昨晩、時子の居場所をつきとめ、時子に「女優になってください!」とエール(!?)を送りにやってきたのです。

さおり「助川時子さんですよね!?頑張ってください!立派な女優に必ずなってください!!心の底から応援しています!うまくいかなくても絶対に諦めないでください!諦めて結婚とか考えちゃダメです!!あなたはなれる、女優になれる!必ずなれる!いや、なれ!なるんだ!応援しています!頑張ってください!!それだけです。頑張ってください!私のためにも…」

時子「え…?」

さおり「じゃ!」

時子「…あ!あの!サイン…なんかしますか?♪」

さおり「いりません!じゃ!」

時子「……?」

~時子の回想おわり~

一同「ん~?なんだそれ~?」

豊子「恥ずかしいからそうなってしまったんじゃないですか?そういうのって、あると思います」

澄子「…いやだ~!おれは、やだってしゃべりたい~!!」

澄子は、豊子立てこもり事件(笑)の物まねをします。

豊子「おめえ!まだやんのか!?」

次は澄子の番です。

澄子「おれは色々ありましたよ。田舎から手紙がきて、なんでも新しいお母ちゃんが勤めに出ることになったらしくて。人手が足りないから帰ってこって言われてよ。なんか、あんまし勝手で腹立って、返事出しました。時子さんのまねっこして。でっかい字で、「嫌です 澄子」って書いて送ってやりました!」

時子は、澄子に悪い影響を与えたように感じて苦い顔をします(笑)

澄子「そしたら、仕送り増やせって言われました!腹たちますよ!ほんとに」

みね子「増やしたの?」

澄子「はい、ちょっことだけ。腹立ちました。はい。そして、腹が立つと腹は減ります。はい」

澄子はフレンチトーストにかぶりつきます。

みね子「あはは!もう!」

澄子「あーあ、なんかいいことないかな~。パーっとしたような、な~!」

愛子「きっとあるよ、いいこと。必ずある。皆にある。私には分かる」

澄子「ほんとですかね~」

愛子「あら!愛子さんの言葉が信じられない?」

澄子「そんなわけじゃねえですけど。なんかさ~…」

豊子「…あるど、澄子」

一同「?」

豊子「おめえにいいことはある。起きるよ!」

澄子「なにが起きるっていうんだよ」

豊子「…そのうち分かる♪」

豊子は、なんだか嬉しそうです。

澄子「また、それかよ~!いつだよ、そのうちって!」

みね子「澄子。豊子が言ってるのは、頑張ってれば、そのうちいいことはやってくるっていう意味なんだよ」

時子「んだね」

時子「…あの、みね子さん。みね子さんの言ってることは確かにそうだと思うんですけど、私の言ってる「そのうち」ってのが違うんです」

みね子「違うの?え?」

豊子「はい。その いいことってのは…5分後に始まります…♪」

一同「…え??」

豊子「はい!そこで分かります!すべてが。私の実家の問題がなぜ解決したのか。澄子にどんないいことが起こるのか。5分後に分かります。ちなみに優子さんにはもう知らせました!」

その頃、秋田にいる優子は、お嫁にいった家で夕食の準備中。

家族がそろった食卓でテレビをつけていました。

豊子「愛子さん!テレビ、借りてもいいですか!?」

愛子「テレビ??」

豊子「はい!」

豊子の指示で、一同は広場から愛子の部屋に移動するのでした。

つづく

今日のあさイチ受け

高校野球のため、あさイチはありませんでした。

今日の感想

乙女ちゃんたち~♪♪

相変わらず、乙女寮の皆がそろうと癒されます!

みんな、元気そうで良かった。

優子さんは集まれなかったけど、お嫁にいったお家での様子を少し見せてくれて嬉しかったです。ナレーションだけで済ませてしまうのではなく、優子さんが元気にやっている様子をちゃんと見せてくれたのは、脚本家さんなど 制作さんの優子さんへの愛なんだろうな~♪

幸子さんは確か、団地に応募するために入籍して、もし抽選にはずれたら別れる!って言ってましたよね?

で、当選!よかったですね。

でも、やっぱり幸子さんカップルは、なんだかんだ言ってそのまま一生一緒にいるカップルなんだろうなって感じがしました(笑)

別れる~!とか言いながらも いつも何かしらの縁で結局別れず添い遂げる みたいな♪

澄子が豊子のまねっこしたのは笑いました~。

時子が「ファン」の話をした時に「…ん…?もしかして……?」と思いました!(笑)

視聴者だけに教えてくれましたね~それがさおりちゃんだってこと!(爆笑!)

時子 みね子 三男が遊んだ日に、さおりちゃんは3人を尾行していて、その時に三男は「女優になれなかったら俺が嫁にもらう!」と言って時子を励ましたんですよね。

だから さおりちゃん的には「絶対女優になってください!」なんですよね(笑)

ひよっこの放送も 早くもあと1カ月半ほどになりましたが、この 三男・時子・さおり問題がまだ進展していませんもんね。

どうなるんだろう!?と、いう中で、さおりちゃんからの時子への接触!

少しずつだけど、動いていますね…。どうなるのかな~ここ!

以下、豊子についての予想を書きます。

当たればネタバレなので、見たくない方はこの先は読まないでください。

豊子の「5分後」に何があるのか。

多分…クイズ番組に出たっぽくないですか?

今週の予告でクイズ番組の映像ありましたもんね♪

そこで、賞金を稼いだ…!?

多分それで「借金が返せた」かと思います。

豊子すごい…!

でも、「澄子にいいこと」はなんだろう??

副賞で何か食べ物もらったとか…?

お父ちゃんが帰ってきたのは良かったけど、ちょっと切なさも多かった最近のひよっこ。いっきに元気をくれそうな展開になりそうですね♪

明日も楽しみです♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク大
スポンサーリンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする