朝ドラ「ひよっこ」第20週 第116回レビュー

さて、問題です2

今日の物語

―あかね荘 愛子の部屋―

みね子たちが愛子の部屋でテレビをつけると、クイズ番組『勝ち抜きクイズ3Q(サンキュー)』が始まりました。

勝ち抜き式のクイズ番組で、解答者2人がクイズで戦い、先に3問正解した人が次の戦いに進む形で、最終的に3人勝ち抜けば勝者となり、豪華賞品(賞金30万とハワイ旅行)が贈られる番組です。

最初の解答者の一人としてテレビに映ったのは、なんと豊子だったのです!!

みね子たちは驚いて叫びます。

「ええ~!?!?!?!?!」

みね子たちの大声に、自室にいる漫画家コンビや早苗さんはビックリ。

みね子「ちょっと!あんた!クイズ番組出てんの!?」

豊子「テレビ見てて、私の方が出来るって思ったもんですから♪」

愛子「え~!ハワイ!いいな~!」

時子「も~!なんで皆 私より先にテレビ出んのよ~!」

愛子「で!どうだったの!?結果!」

豊子「それをしゃべってしまうと、面白くないでねえですか」

愛子「そ、そうね」

テレビでは、豊子の自己紹介が始まりました。

司会者「勉強家で、資格をたくさん持っていらっしゃるそうですね」

テレビの中の豊子「簿記と速記とそろばんの資格を取ってます。あと、税理士と通訳も!」

豊子が身振り手振りで話していると、間違って解答ボタン(早押しボタン)を押してしまいます。

みね子たち「あはは!」

その頃、秋田の優子は、家族と一緒に見ていたテレビに豊子が出てびっくり!

優子「この子、東京でおんなじ会社で、おんなじ寮で、一緒の部屋であったんです!とっても賢いんです!」

優子も緊張しながら テレビの中の豊子を見守ります。

そして、いよいよクイズが始まりました。

みね子たちも、少し緊張しながらも、みんなで豊子を応援します。

澄子は特に、豊子がテレビに出ていることへの驚きが消えない模様。

澄子「こういうのって、今やってんのじゃねえのかよ…??」

幸子「え?そこに驚いてんの?(笑)」

テレビの中の豊子は冷静にクイズに答え、順調に正解していき、まずは一人勝ち抜きます。

(途中、カレーライスにまつわる問題が出題されます。

澄子は、乙女寮でおいしいご飯を食べさせてくれた和夫さんのことを思い出すのでした)

二人目との対戦も、豊子は楽々と勝利します。

―あかね荘 廊下―

みね子たちが盛り上がっている声がずっと聞こえていた早苗は、みね子たちが何をしているのか気になって仕方ありません。

早苗「…気になる!…あ…でも『乙女たち』って言われちゃうとな……だめだ、気になる…!」

早苗は「乙女たち」の中に自分が行ってもいいのか迷いながらも、あまりに気になるため、愛子の部屋に向かうため 廊下を歩きます。

漫画家コンビの部屋の前を通ろうとした時、同じく みね子たちの声が気になって部屋から出てきた漫画家コンビが開けたドアに激突してしまいます!

漫画家コンビは、早苗にドアをぶつけてしまったことに怯えます。

啓輔と祐二は、お互いに罪をなすりつけ合うのでした(笑)

―再び、愛子の部屋―

そして、いよいよ豊子にとって最終戦!

この勝負に勝てば、豊子の優勝が決まります!

対戦相手は、東京大学の男子学生。

早押しの練習もしてきたと、自信満々です。

1問目は東大生の勝利。

2問目も東大生が正解します。

なかなか手ごわい相手です。

みね子たちや、秋田の優子も固唾をのんで豊子を応援します。

そして、3問目、4問目は豊子の勝利!

そして、ついに最終戦!

現在 豊子と東大生は2問正解同士なので、次にクイズの正解した方が勝ちです。

クイズ出題のアナウンス『人名漢字問題です。読み方をお答えください!なんと読むでしょうか?』

アナウンスとともに、ある人名漢字のボードが見せられました。

そのボードに書いてある文字は、なんと『青天目』……!!!

そう、この漢字は、澄子の名字なのです!!

みね子たち一同もビックリ!!!

もちろん、豊子にとってもお馴染みの漢字です!

テレビの中の豊子は一瞬微笑み、勝利を確信しました!

…しかし!

なんと、先に解答ボタンを押して解答権を得たのは東大生でした。

みね子たち「ああ~!!!!」

テレビの中の東大生「あおてんめ!!!!」

テレビの音「ブー!!!!」

そして、テレビの中の豊子は再び微笑みながら、解答ボタンを押して答えます。

テレビの中の豊子「なばため!」

テレビの音「ピンポーン!!!」

豊子は3人勝ち抜き、勝者となったのです!!!

みね子たちは立ち上がり抱き合って喜びます。

テレビの中では、勝者の豊子に賞金とハワイ旅行が贈呈されます。

司会者「賞金30万!何につかいますか?」

テレビの中の豊子「青森の実家に送ります」

幸子「それで実家の問題が解決したんだ?」

豊子「はい!」

司会者「ハワイは誰と行きますか?」

テレビの中の豊子「(カメラ目線で)澄子!澄子、ハワイ行くぞ!!」

澄子「……」

みね子たちは、澄子と豊子の友情に胸が熱くなります。

澄子「…ハワイ行くのかよ…おれ…。おめえと2人で…?」

豊子「んだ!だから、いいことあるって言ったべ!?♪」

澄子「………」

豊子「なんだ?嫌なのか…?」

澄子「…んなわけねえっぺよ…!バカかおめえは~!!」

澄子は豊子に抱き付きます。

豊子「澄子~!!」

―あかね荘 廊下―

廊下では、漫画家コンビが 愛子の部屋のドアに耳をあてて中の声を聞いていました。

早苗「なんだって?」

啓輔「ハワイがどうとかこうとか…」

祐二「みんな、楽しそうですちゃ…♪」

早苗は、気になりすぎて部屋に入ろうとしますが、漫画家コンビに止められるのでした(笑)

―秋田 優子の家―

無事 豊子が優勝し、ずっと緊張していた優子もホっと胸をなでおろします。

優子「いがったね…豊子、澄子。喧嘩しねえで行くんだよ…♪」

―再び 愛子の部屋―

愛子「良かったね!頑張ってたらいいことあるね…!」

―富の部屋―

みね子たちから料理のおすそ分けをもらい、それを食べた後、うたた寝していた富。

ふと目を覚まし、テレビの中の豊子がハワイ旅行を贈られていることに気付き、「あら~!ハワイ!♪」と手を叩いてお祝いするのでした。

つづく

今日のあさイチ受け

今日もあさイチはありませんでした。

(高校野球の時期はあさイチがない)

今日の感想

今日のラストは、にわとりの鳴き声でした。

使い分ける理由は特にないのかな~?

なんだか久しぶりに明るい回でしたね♪

私は全然知らなかったのですが、クイズ番組の司会者の押阪忍さんという方は、実際 こういうクイズ番組の司会をされていた方だそうです。

この間、みね子がコマーシャルにでた時に 一緒に出演した女性も、ああいう実演販売コマーシャル(?)で実際有名な方だったとか…。

そういうの面白いですね。

実際 当時を知ってる世代の方が見たら、懐かしさや面白さが倍増しそう♪

豊子、さすがですね~!!

澄子の「いいこと」はハワイ旅行だったんですね♪♪

豊子と澄子の、喧嘩しながらも仲がいい関係、改めて素敵だな~と思いました。

いや~しかし、豊子の博識や澄子の珍しい名字が、こんなとこでエピソードになるとは、びっくりしました~!

ひよっこのおかげで、読めますよ、私も。「なばため」(笑)

(東大生、「あおてんめ!」って!そんな普通な問題でねえよ!笑)

豊子、博識で資格も持ってて、こんな形で家の借金まで返しちゃうなんて…すごすぎる…!

かっこいがったです、豊子。

優子さんも応援してくれていましたね♪

優子さんシーンもたくさんあって嬉しかったです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク大
スポンサーリンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. るんるん より:

    ここ数日、お盆で見逃してたのでありがとうございました(^^)
    お父ちゃんはひと段落して、また東京での話なんですかね?乙女寮のみんなもちょっと大人になってる感じがいいですね。集まると変わらないところは、同級生の集まりみたいで(^^)
    早苗と漫画家コンビのやり取りもいいですね(笑)

  2. いそまる より:

    るんるんさん
    乙女ちゃんたち、いいですよね~!
    すごく癒されます。
    早苗さんが「乙女の中には入りにくい」ってことを悩んでいましたが、「大丈夫!愛子さんもいるよ!」って思いました(笑)
    早苗さんと漫画家コンビもいいですよね!今日の、ドアを早苗にぶつけてしまって、罪をなすりつけあう漫画家コンビは傑作でした!