朝ドラ「ひよっこ」第24週 第140回レビュー

真っ赤なハートを君に2

今日の物語

―夜、裏天広場―

秀俊は、試作した料理を漫画家コンビに試食してもらうことにしました。

漫画家コンビは 「うまい!うまい!」と大喜びです。

―夜、あかね荘 炊事室―

一方 あかね荘では、女性陣による 時子のツイッギーコンテスト作戦会議が続いています。

時子は、さきほど考えた自己アピール用の文章を 皆に読んでもらうことにしました。

時子の書いた文章を、皆が順番に回し読みします。

『助川時子と申します。私は子供の頃から女優になることが夢でした。その夢を叶えるために、高校卒業後 上京しました。茨城弁が抜けずなまってしまったり、背が高すぎて役を下ろされたり、悔しくて 涙 涙の日々でした。

でも、そんな時 仲間たちがいつも励ましてくれました。

私は 私でいいんだ。自分に自信を持って頑張ろうと思わせてくれました。

コンテストの募集を知った時、絶対優勝したいと思いました。

ツイッギーは私の憧れだからです。私もツイッギーのように、ありのままの自分で輝ける存在になりたいです。』

時子「…どうですか…?」

世津子「みね子ちゃん、どうだった?」

みね子「うん…。…素敵です。時子が、どんな気持ちで茨城を出て頑張ってきて、いろんなことを克服してきたのか、このコンテストに賭けてるのかよく分かる。私は泣きそうになりました。…でも、なんか時子らしくないな…」

時子「え?」

みね子「時子には、もっと堂々としててほしいんだ。時子、いつか言ってたでしょ?映画やドラマを見てると、いろんな嫌なこととかつらいこととか忘れてしまうから、私はいろんな人たちをそういう気持ちにできる人になりたいって…。」

みね子「だからね、時子には 堂々としててほしいなって思う…。もちろん、いろんな大変なこととか あったに決まってるし、あると思うけど…。女の子がさ、時子を見てさ、「ああ…時子みたいになりてえな…」って思うような人であってほしいなって…思う。……勝手なこと言って、ごめん…。」

世津子「…みね子ちゃんが言った通りかもしれないね。こういう、頑張ってきました とかって、おじさんたちの大好物だからね。それよりも、明るくて、皆がこうなりたいって思う人、悩みなんか吹き飛ばしちゃうような人…!」

早苗「…なれるんじゃないか、時子は」

みね子「ですよね!♪」

早苗「結構 何も考えてないようにも見えるしな」

みね子「ですよね!♪」

時子「え!?」

みね子「…あ…(汗)」

時子「でも、どう話せばいいんだろう…」

愛子「それな、時子さんの言葉で話すかないんじゃない?でしょ?♪」

力が湧いてきたという時子を応援するため、皆で立ち上がって「エイ エイ オー!!」とこぶしを掲げます。

愛子は、女性を集めてコンテストのリハーサルをすることを提案します。

(ここで、「いい考えじゃない?えらい?私♪」とアピールする愛子さんがかわいい)

―翌日、安倍米店―

配達から帰ってきた三男は「好きなんだけど~♪離れてるのさ~♪」と今日も歌を歌っています。

さおり「…好きなんだけど離れてるんだ?近くにはいないんだ?好きな人は遠いんだ?そうなんだ?」

三男の歌声に対し、さおりが矢継ぎ早に質問します。

三男「はい!」

さおり「あ…!認めた…!開き直った…!感じ悪い…!」

さおり「銀座のレストランで楽しく夕食を食べてる時に、「あ…こうやって2人でいるといい感じだな」とか「なんか、いつもと違ってかわいいな…♡」とか、「ひょっとしたら 俺はこの子のことが好きなんじゃないか…」とか思わなかった!?」

三男「はい」

さおり「なんで!?

三男「なんでって…。あと少しなんですから、俺の片思いも」

さおり「コンテスト?ツイッギーの」

三男「はい。あいつは、その日からスターになるから」

さおり「そう…。で?次の日から私のこと、好きになるわけ?」

三男「いや、そういうことじゃないでしょ…。そればまた別の話でしょ?」

三男とさおりがそんな話をしていると、店の電話が鳴りました。

三男が出ると、電話は時子からでした。

三男「安倍米店でございます。はい。え?…おう!どうしたんだよ、時子。話でもあんのか?」

相手が時子だと分かった時から、三男の声のトーンが上がり、嬉しそうに話し出します。

さおりはそれを見てムっとします。

しかし、時子が用事があったのは、三男ではなく さおりでした。

―コンテスト前日、あかね荘 みね子の部屋―

今日は、愛子が提案した「時子のリハーサル」です。

少し緊張気味の時子。

世津子は 時子を励まします。

世津子「大丈夫?」

時子「はい…。」

世津子「今日、思い切りできれば、明日の本番は大丈夫」

時子「…はい!」

―すずふり亭ホール―

(今日は日曜…?すずふり亭は営業していない日みたいです)

あかね坂の男性陣は、みね子たちの指示で、裏天広場にステージを作らされました。

しかし、リハーサルの観客は「女性だけ」と決まっています。

ステージが出来上がった後、みね子は 男性たちに すずふり亭から出ないように指示します。

みね子「終わるまで、ここから出ないようにしてくださいね!外に出てきたらダメですよ!ダメですからね!」

漫画家コンビ「え~!?」

みね子「文句言わない!元治さん!」

元治「俺 何も言ってないよ!まだ!」

みね子「え?そうですか?とにかく、いいですか?ダメですからね!分かりました?」

秀俊「はい(笑)」

省吾「時子ちゃん、うまくいくといいな」

みね子「ありがとうございます」

リハーサルのため、レコードプレイヤーとレコードを貸してあげたヤスハルは、「大事に扱ってね!?」とみね子に念押しします。

みね子「はい」

ヤスハル「ちょ!返事が軽いんだけど!」

みね子「大丈夫でーす!」

―裏天広場―

広場には どんどん女性が集合します。

まずは、由香がやってきました。

由香「どうも」

鈴子「ああ、これはこれは、どうも♪」

中華料理屋の安江は、由香と久しぶりに会えてとても喜んでくれました。

愛子がやってきました。

愛子は、初対面の由香を見て…

愛子「…ひょっとして…!シェフ様の…!?」

由香「…シェフ様…??どういうこと…?」

鈴子「…ふふ、なんて説明したらいいのかしらね…?」

みね子「ちょっと うまくする自信がないので、別の機会にということで♪」

由香「ん!?」

愛子「そうだよね、ごめんなさい。愛子です、あかね荘に住んでます」

由香「…どうも…??」

―あかね荘 富の部屋―

広場がにぎやかになってきた頃、富は 椅子に深く座り、熱をはかっていました。

どうも…少し つらそうです。

テーブルには 薬が置いてあります。

―再び 裏天広場―

鈴子「富ちゃんは?」

愛子「体調が悪いみたいで…。私がいけないんです。このところ、管理人室から引っ張り出しすぎちゃったのかな…疲れが出ちゃったみたいで…」

鈴子「そう…」

心配し、鈴子が富の部屋に行こうとすると、由香が「ちょっと顔出してくるね」と言って鈴子の部屋に行ってくれました。

そして、幸子・澄子・豊子もやってきました。

乙女寮組 またまた久しぶりの再会で、互いに抱き合って喜びます。

つづく

今日のあさイチ受け

今日は、ニュースセンターへの切り替えがあったので、受けはありませんでした。

でも、番組が始まった瞬間 いのっちも有働さんも優しく微笑んでおられて、「表情受け」だけしてくれたように思いました♪

感想

今日もピヨピヨ音でした。

女性が選ぶスター像ってどんなだろうって昨日から思ってたんですけど、「明るくて、皆がこうなりたいって思う人、悩みなんか吹き飛ばしちゃうような人」ってまとめはすごく納得しました。

最近だと、お母ちゃん役の木村佳乃さんなんかがまさにそうだな~。

トーク番組に出てらしたら、ほんとにいつもニコニコしてらして、その姿を見てると憧れるし、元気をもらえる感じがします。

リハーサルを提案した時の愛子さんの「いい考え?私が言ったよ♡ほめて♡」みたいなのは可愛かった~。和久井映見さんが演じる愛子は、何を言っても可愛げがあって不思議。すごいなあ。

なんか 改めて ひよっこには すごい女優さんがたくさん出てるな~と思いました。

ヒデくんが漫画家コンビに試食させてたけど…彼らはきっと何を食べても「おいしいちゃ~♪」と言うので、あんまり役に立たないか…と…思うよ……(笑)

米屋のふたり。

相変わらず、米屋は面白い。

あと、三男、今日も歌うまかったですね(笑)

何気なく歌った歌から「好きなんだけど離れてるんだ?」というツッコミも傑作でした。

そうそう、さおりちゃんも、演技上手ですよね。

上手というか…おもしろいというか…妙に引き込まれます。若い子でああいう演技する子ってそんなにいなさそう。

さおりちゃんがあの女優さんじゃなければ、全然違うキャラになったんじゃないかと思います。片思いがせつなさすぎて笑えないとか、積極的過ぎるのが意地悪に感じて視聴者に嫌われるとか。

さおりちゃんがあの女優さんなおかげで、片思いが切ないなと思いつつも笑わせてくれたり、笑いながらも応援したくなる感じ。すごいなあ。

そういえば、お父ちゃん役の沢村一樹さんは、さおりちゃん役の女優さんの演技が好きらしいです。理由はわかんないけど、録画を何度も見返したりしてしまうそうらしい。

あと、私 さおりちゃん役の女優さんの名前は全然覚えてないです(笑)

でも、ほんと好き。他のドラマに出てるのを見かけた時から なんか好きです。中毒性のある女優さん…?

今日もさおり節には笑いました。

「2人で外食したら「あ…こいつかわいいな…♡」って思うとこでしょ、あれは!」的なことを隠さず言っちゃうところがかわいいです。

そういえば、最近 米屋に 普通にお父さんいませんね…(笑)

一回は 「出かけてる」みたいな説明セリフがありましたが、その後はもはや当たり前のように不在(笑)

リハーサルには、乙女寮の皆も!嬉しい!

澄子・豊子のハワイ珍道中の話は聞けないのかな~聞きたいな~。

しかし、乙女寮はいいな~。何度集合しても癒されます。

多分、さおりちゃんもここに来るっぽいですよね。誰より厳しい目で審査してくれそう(笑)

由香ちゃんも来てるし、女性陣 総出演ですね。

(あ、月時計の邦子さんは呼ばないのかな…?)

愛子さんと由香ちゃんは初対面でしたね!

そうだよね…!省吾さんと愛子さんがうまくいったら、義理の親子になるんだよね…!。

愛子さんと由香ちゃんのコンビは、どんな風になるのか想像できません!

由香ちゃん、安江さんにも可愛がられてるみたいだし、富さんを心配して挨拶に行ったり、やっぱり ちゃんと 優しい子ですね。微笑ましいです。

愛子さんのことも可愛がってあげてね…(笑)

あと、ヤスハルのレコードが壊されないかちょっと不安…(笑)

でも、壊れてぶち切れながら泣くヤスハルもちょっと見たい…(笑)

(ところで あの野良犬はどこいったんだよ、ヤスハル…飼ってやれよ、ヤスハル!)

富ちゃん…大丈夫ですよね…?カゼ…ですよね…?

リハーサルでにぎやかな一方で、かなり不安です…。

スポンサーリンク
スポンサーリンク大
スポンサーリンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. るんるん より:

    米屋のお父さん、私も同じこと思ってました(笑)2人がくっつくように、って口実で遊び歩いてるのかなぁって(笑)
    時子、どうなるのか楽しみですね♪

  2. いそまる より:

    るんるんさん 
    ですよね!全然いないですよね!普通に!(笑)
    でも、おかげでいろんなシーンがあったので いいんですけど…
    (おじさんがいると 恋のいろんなやりとりがぶれるかもしれないので。笑)