朝ドラ「ひよっこ」第25週 第150回レビュー

大好き6

今日の物語

―すずふり亭―

省吾「永井さん…ありがとうございました。…最近、正直言うと、楽しかった。スター気分。もう自分には、そういうことないと思ってたから。それでいいと思ってたし、してはいけないと思ってたから。だから、本当の恋とかそういうのではなくて、それでも 恋の気分みたいなもんですか…?ちょっと味わえたし、面白かったし、ウキウキもしたし…嬉しかった。楽しかった。ありがとうございました」

愛子「そんな…」

省吾「…愛子さん」

愛子「…え…?」

省吾「…すてきだと思いました。先ほどのお話。あなたの、ずっと続く、続いてる恋。…私も同じです。私も、ずっと……妻に恋してる。今もずっと好きです…」

愛子は頷きます。

省吾「見合い結婚だったので、そんなロマンスみたいなのはなかったですけど、どんどん好きになっていきました。調理場の中から働いている妻を見るのが好きでした。

もうちょっとしたら楽になる。もうちょっとしたら暮しも安定する。時間だって出来るはずだ。そしたら楽させてやりたい。贅沢だってさせてやりたい。2人でどっかに出かけたりしてみたい。いろんなことさせてやりたい。だから、今頑張ろうって…思ってました。

でも……その時は、来なかった………。

死なせてしまった…。何にもしてやれなかった…。ちゃんと言えなかった…。

「あなたと結婚して良かった」「ありがとう」って…。

「これから楽しい事を一緒に味わおう」って。

「かわいい女の子を産んでくれてありがとう」……全部言えなかった……。

ですから、そこで時間は止まってしまいました…。

気持ちもそこで止まったままです。変わりようがない。

今もずっと好きです。そのまんまです……。

おんなじですよね…愛子さんと」

愛子「…はい」

省吾「でも、私、できることなら恋してみたいです。愛子さんと…」

愛子「……!」

省吾「お互い、忘れなくても、いなくなってしまった人への気持ち 変わらなくても、恋はできますよね…?そうですよね?」

愛子「…はい」

省吾はもう一度 ピースサインを出します。

省吾「2番で、いいです。私は、愛子さんにとって世界で2番目に好きな男で構わない。そうなりたいです」

愛子「………はい…!私も、そうなりたいです…!」

省吾はホっとしたように大きく頷きます。

省吾「お互い、できなかったこと、してみませんか?諦めてたこと、取り戻しませんか?」

愛子「はい。したいです」

省吾「よろしくお願いします」

愛子「よろしくお願いします!」

省吾「デートしましょう!…最初のデートは…、もしかしたら、地味な場所になるかもしれません…」

愛子「はい、お墓に」

省吾「あなたが好きな人にご挨拶させて下さい」

愛子「私も奥様にご挨拶させて下さい」

厨房で父の話を盗み聞きし、号泣していた由香は感極まり「ああ!もう!泣き過ぎて頭痛い!」と叫びます。

その声で、省吾たちに 盗み聞きがバレてしまいました。

愛子「あらやだ」

省吾「え~!?」

みね子たち「すみません……」

省吾「お母ちゃんまで…!」

鈴子「だって、あんた…」

由香「私です…皆を連れ込んだの…」

みね子は愛子に抱き付きます。

みね子「愛子さん!いがったね…!愛子さん!」

世津子も早苗も愛子を祝います。

「幸せをちょっと分けて」と言う早苗に、愛子は「幸せはうつるのよ」と言って幸せをおすそ分けします。

愛子は鈴子に向かってお辞儀をし、鈴子は嬉しそうに微笑みます。

由香「…父をよろしくお願いします…」

由香は目に涙をため、愛子に挨拶しました。

省吾は少し驚きます。

愛子「はい…!よろしくお願いします…!」

愛子も頭を下げます。

愛子「…嬉しい…嬉しいです、私!親を早くに亡くしてるから、鈴子さんがお母さんになってくれて嬉しい…!子供もてなかったから、こんなかわいい娘ができてうれしい…!」

感動的なムードの中、みね子・早苗・世津子・省吾は動揺し始めます(笑)

みね子「……あの、愛子さん…?…シェフはまだ…結婚っつう話はしてないんじゃないかと……」

愛子「ん?」

早苗「確かに…」

世津子「…恋…までだよね…?」

愛子「……え!?あ!やだ!まだだった!?」

由香は、初めて愛子のおっちょこちょいぶりを見て「そういう人だったか…」と困ったように笑います。

鈴子「あはは!いいんじゃないの、そういうことは!」

省吾「いいんじゃないのって……。………そ、…そうだね!!!」

愛子「え!?」

みね子の心『お父さん。愛子さんと省吾さん、本当に嬉しいです。

鈴子さんと由香も。私はヒデさんに会いたくなりました。あ、今日、デートしたばっかしでした…。

そちらは、いかがお過ごしですか?』

―奥茨城、谷田部家―

谷田部家では、どこで花の栽培をするかの計画図が作成されました。

実「5000鉢だ!」

宗男「いいなあ!兄貴!」

話し合いをしている机の上には、これから育てていく花が置いてあります。

美代子「きれいだねぇ」

つづく

今日のあさイチ受け

土曜日なので あさイチはありませんでした。

感想

今日はニワトリの第二形態でした。

愛子さんと省吾さん

嬉しい!

愛子さん!おめでとう!!

小さい頃 読んだ漫画の中で「新しく好きなものができても 前 好きだったものを忘れるわけじゃない」という言葉がありまして、2人のこの言葉を贈りたくなりました。

前の人に申し訳ないとか、そんなことは絶対にないし、愛がなくなるわけじゃない。

その気持ちを互いに理解し合える出会いができたこの2人は幸せ者ですね。

お墓参りに行って挨拶からさせて欲しいと言ったシーンで いっきに泣きました。

いろんなことを経験した大人の恋で、お互い すべてを包み合うような優しい恋ですね。

それにしても、まさか 今日もしっかりオチが(笑)

ひよっこはおもしろいなぁ。

私も「…ん…?「お母さん」はまだ早いんじゃ…?ん…?え…?娘…!?」ってなりました。

ほんと、愛子さんは おっちょこちょいで とってもかわいい!!!

でも、おっちょこちょいが幸いして、みね子たち同様、「結婚」がすぐ先に見える関係となりましたね♪ヤッター♪

次週の予告

ついに最終週ですね…!

最終週も、いろんなことがありそう!!

予告で流れた映像の感想です↓

三男にさおりちゃんがキッスを!

さすがさおり姉さん…!いきなりそんな!

早苗さんのもとに、「彼」が迎えに来ているようなシーンがありましたね!

これは 無いかと思ってた展開なので、かなり嬉しいです!

裏天広場で、三男が謎の動きをしてました(笑)

前に座ってたのは、時子とみね子かな!?

最終週に、高校時代を彷彿させる幼馴染3人の明るいシーンがあるのかな!?楽しみ…!

お花の栽培もすごいことになっていましたね!

もしかしたら1年くらい時間が経過するのかな?

そして、ヒデくんが「みね子さんと…」と、みんなに向かって話しているシーン!

け、け、結婚……でしょうか!?

そのシーンでは、谷田部家がそろってすずふり亭に…!!!!

家族の約束「いつか皆で食べに行こう」が叶う日が、ついに…!!!

あと、なぜか「のど自慢」みたいな番組にも出るみたいですね(笑)何がどうして(笑)

愛子さんの「また会おうね、また会えるよね」の声もあり、きっと少し切ないシーンもありそう。ですが、きっとこれは希望に満ち溢れた別れなんだろうな。

最終週は、幸せなことがたくさんの 優しい元気いっぱいな週になりそうですね!

「最後まで頑張っぺ!みね子!!」

スポンサーリンク
スポンサーリンク大
スポンサーリンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ハナノア より:

    よかった~( ;∀;)
    愛子さんはほんとに「おめでとう!」という言葉がぴったりですね。
    同じような境遇とはいえ、あんなに気持ちを理解してくれるシェフ!
    なんて器が大きいんだー!
    素敵な二人です。
    お幸せに!!!
    ゆかちゃんも盗み聞きしたことで(笑)、愛子さんやお父さんの誠実な気持ちを知ることができて、すっきり受け止められたし。これはなかなかファインプレー的というか朝ドラ的な感じ(笑)。
    なにはともあれ、うれしいカップル誕生でした!

    そして来週!
    かなり気になる場面がいっぱいでした!
    さおりちゃんと三男が!
    ヒデ君が!
    早苗さんが!
    別れの場面??
    のど自慢?!
    早く見たいけど、終わるのは寂しい…。
    複雑~(。>д<)

  2. いそまる より:

    ハナノアさん
    愛子さん「おめでとう~!」ですね!
    そうそう!これが、立ち聞きがなければ、由香ちゃんも複雑な心境になってしまったように思います。
    「父は母のことを忘れたわけではない・愛子さんもそれをちゃんと受け入れて大切にしてくれている」それが、由香ちゃんに手っ取り早く伝わりましたね♪
    朝ドラ的な感じですね(爆笑)

    ついに最終週となりましたね……。
    本当に寂しいです。
    いろんなことがまとまっていくけど、それが「ドラマのおわり」を感じさせるのが切ないです。
    仕方ないけど…ほんとに終わってほしくない…!!