朝ドラ「ひよっこ」第26週 第151回レビュー

グッバイ、ナミダクン1

今日の物語

―すずふり亭 ホール―

今日は、秀俊と元治が考えた新メニューの試験が行われます。

2人が考案した新メニューは、すずふり亭特製のスコッチエッグ。

省吾・鈴子・みね子の3人が試食します。

秀俊と元治は、この日に向けて何日も研究を重ねて来ました。

スコッチエッグがほぼ完成となっても、どうも何か一味 足りない気がしていた秀俊。

元治が何気なく「衣に何か足すか?」と言ったことで、秀俊はひらめき、衣に刻んだアーモンドを混ぜました。

みね子と鈴子は、特製スコッチエッグを食べて笑顔になりました。

みね子は秀俊に目で合図します。

皆が 省吾の反応を待ちます。

省吾「………うまいじゃないか」

省吾が微笑みます。

鈴子「採用だね!」

秀俊と元治は抱き合って喜びます。

省吾「みね子、オーダーなんて通す?」

みね子「あ…。……「エッグワン!」で、お願いします!」

省吾「了解!「エッグワン!」で行こう!」

秀俊・元治「はい!」

そして次は、みね子が考えた新しい制服のお披露目です。

みね子は、爽やかな緑色の制服に着替えます。

一同「おお~!」

省吾「みね子がデザインしたんだろう?いいんじゃないか!」

元治「大人っぽいじゃん!」

秀俊「似合ってる」

みね子「本当ですか!?」

鈴子「いいね♪」

みね子「ありがとうございます!私うれしいです!とっても嬉しいです!」

鈴子「いい色ね♪」

省吾「どっかで見たことあるなぁ」

みね子「そうなんです!皆さん、見たことあります!さあ!どこで見たんでしょう!?♪」

みね子がクイズを出した新しい制服の色…

それは、あかね坂商店街でおなじみの、薬局のマスコット・イチコと同じ色でした♪

―安倍米店―

その頃 安倍米店では、三男とさおりが どことなくぎこちなく過ごしていました。

三男は さおりからの告白に返事をしようと決意しますが、急に返事を聞くのが怖くなったさおりはそれを拒絶します。

さおり「いいや、…いいです。返事、いいです。言わないで!」

三男「なんでですか?聞いて下さい!」

さおり「やだ!やだやだ!聞きたくない!どうせノーなんでしょ?分かってるよ…!聞きたくない!」

さおりは耳をふさぎます。

三男は、さおりと話をするため、さおりの腕をつかんで 顔を覗き込みます。

すると さおりは 三男にキスをしました!!

三男「わ!!!!なんなんですか…!?」

さおり「(嬉しそうに)だって…♡だって、なんか断られたら もうないのかなって思ったら、思い出にもらっとくかって思って。今の思い出を糧に生きて行きます♡ありがとうございました…♡ごちそうさまでした!」

三男「なんだ、それ、意味がわかんねえ」

さおり「だって…ここまでかなり頑張って来たんだもん…私!」

三男「話を聞いて下さいよ!」

さおり「だから嫌だって言ってるでしょ!?ノーは聞きたくないの!」

三男「じゃあ、何!?イエスだとでもいうわけ!?」

そんな中、さおりの父・善三が出先から帰ってきました。

善三は、店の中から2人の話し声が聞こえたので、店に入らず 外で話を立ち聞きします。

さおり「私の恋人になってくれるとでもいうわけ!?ねえ!?」

三男「そうです」

さおり「バカじゃないの!そんな………、え?………嘘…!」

三男「嘘じゃないですよ!だから、話を聞けって言ってんじゃないですか!」

さおり「え…?」

三男「俺、いろいろ考えました。ここに来てからのこと、さおりさんのこと、旦那さんのこと…。この店のことも。嬉しいことだなって思いました。そんなに俺のこと必要としてくれるなんて、幸せなことだなって思ったんです。

女の子に好きだ好きだって言われたことねえから戸惑ってしまうけど、好きって言われて嬉しくねえわけがねえし。

それに、さおりさん、時々、自分に自信ねえみたいに言いますけど、それ おかしいですよ」

さおり「え…?」

三男「さおりさん、かわいいですよ。かわいいです。それに、面白いです。次に何すっか、何言うのか さっぱり分かんなくて、動きがよめねえっつうか、リスみたいだなとか…。なんか、面白くて、かわいいです。

振り回されるの楽しくなってきました。へへ…。

恋人になりませんか…?俺でいがったら…。

…ただ!条件があります。

将来 一緒になるとして、家族が仲悪いのは絶対 嫌です。それは嫌です。

それを約束してくれなかったら、この話はノーです。

約束してくれますか?」

さおり「…はい、誓います…♡」

三男「それ結婚式のやつでしょ(笑)早いですよ、まだ(笑)」

さおり「へへ…♪」

さおりは うつむいて恥ずかしそうにしながら、三男に抱き付こうと数歩前に出ます。

その時、外で立ち聞きしていた善三も 感激で(目を閉じ)涙を流しながら 三男に抱き付こうと店に入ってきました。

互いに「三男に抱き付こう」としたはずの さおりと善三は、相手が三男だと思い込んだまま抱き合います。(笑)

三男「!!!」

善三は、さおりを抱きしめていることにすぐ気づきました。

さおりは、三男だと思い込んだまま 目を閉じています。

さおり「…三男君…ふかふか…♡懐かしい感じがする。大好き、この感じ」

善三「……」

三男「…さおりさん」

さおり「ん?」

三男の声が違う場所から聞こえ、さおりは抱き合っている相手が父だと気付きます。

善三「おめえのガキのことを思い出したよ…」

離れた2人は、バツが悪そうに視線をそらします。

三男「…ひとつ、お願いがあります。いいか?米子。店をどうするかは、一緒に考えましょう。で、もし どうしてもパン屋にしたかったら、そん時は、パン子(粉)って名前にして下さい!」

さおり「…は?…あはは…!」

善三も笑います。

三男「へへ…ゆうべ 思いついちゃったんで、どうしても言いたくて、へへ」

さおりは笑ったまま、嬉しくて泣き出します。

善三も 店の奥へ行き、泣き顔を見せないように泣きます。

善三「よかった…よかった…!よかったな…かあちゃん…!」

つづく

今日のあさイチ受け

有働さん「よかったね、米子ちゃん…さおりちゃんね♡」

いのっち「先週の土曜日の予告から、やばいコレ大変なことになるぞみたいな!ちらちらですけど見えたんだよな」

有働さん「さおりちゃんの「ごちそうさま」よかった~!(笑)」

いのっち「あはは!リプレイだのスローだの、いろいろかかりましたけど」

有働さん「皆 幸せになってっていいですね」

いのっち「よかったね。水曜日に、あの2人来るんですよ」

有働さん「木曜日、木曜日!さおりさんと三男さんが」

いのっち「いろいろ話聞きたいと思います」

有働さん「幸せのおすそわけ頂こうと思います」

めっちゃ嬉しそうないのっちと有働さんでした(笑)

木曜日 楽しみですね!

「幸せのおすそわけ」って、ほんとのカップルが来るみたいになってるから!(笑)

感想

今日は、ニワトリ第二形態の鳴き声でした。

みね子とヒデくんが 皆に交際を報告するシーンは割愛されてました。

残念。照れながら皆に報告する2人をちょっと見たかったです(笑)

みね子の制服、イチコ色だったんですね~。予告で見えた時、意外な色だったのでびっくりしたんですけど。「新しい風」にぴったりなさわやかな色ですね♪

(いろいろ考えてたけど、オーソドックスな形に落ち着いてましたね・笑)

それから、スコッチエッグ!(食べたい………)

新メニュー採用おめでとう~!

ヒデ君だけが頑張っているシーンが多かったですが、ちゃんと パン粉のくだりで元治先輩も役に立ってよかった!(笑)

そしてそして!

さおりちゃん、おめでとう~!!!!

かわいくて面白いさおりちゃんが三男を好きらしいと分かってから、時子と三男を応援したい気持ちもありつつ、どうにも さおりちゃんを応援したい気持ちが日に日に大きくなっていったので、結ばれて本当に良かった!

三男、男らしくなりましたね。かっこよかったです。

さおりちゃんに「かわいい」って言ってあげてくれて嬉しかった!

めちゃめちゃ嬉しいですよね、そんな風に言ってもらえたら。

しばらく出てこなかった善三さんも復活(笑)

あまりに出てこなさすぎて、父VS娘の案件を忘れてました(笑)

でも、まさに今日 体現したように、三男が良い緩衝材になっていきそうですね♪

優しくて素直な三男がいてくれれば、この親子ももう大丈夫そうです。

「米子→さおり」に「パン子」という大オチをつけるとは、やるな、三男(笑)

いつも面白いさおりちゃんだけど、三男から思いを告げられて モジモジする手とか 最後に感動して泣いちゃうとことか、かわいくてたまりませんでした。

決して 登場回数は多くなかったけど、本当に さおりちゃんはかわいい!大好きです。

でも、キスの後の「ごちそうさまでした!」は傑作でした。あの言い方!(爆笑)

ほんと、何するか分かんなくておもしろいな~♡

有働さんもすごくツボに入ってたみたいでした♪

木曜日のあさイチ 絶対見ないと♪楽しみです♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク大
スポンサーリンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ハナノア より:

    わーん。(T▽T)!
    おめでとう!!
    なぜか愛子さんの時よりこっちで号泣してしまった~(T▽T)(笑)
    いそまるさんもおっしゃってたとおり、私も、三男と時子を応援しつつも、さおりちゃんのおもしろかわいいキャラクターにどんどんハマってしまって。
    あんなにグイグイくるのに実は自分に自信がないところとか、ほんとにいい子だなぁって(*´ω`*)
    さおりちゃんにも幸せになって欲しかったから、この展開はとってもうれしかった!
    さおりちゃんが出てくるとワクワクするんですよね。
    次は何をするんだろうって(笑)
    ハッピーエンドの今日もホッコリ笑わせてもらいました~!
    はい!誓います(〃ω〃)
    爆笑でした!

    蛇足ですが。
    ラジオで、どこかの偉い演出家さんがひよっこのことをすごく誉めていて、その中でもさおりちゃんと豊子のことを誉めてました!
    特にさおりちゃんは、まるで泉ピン子のようだと。
    テンポと間が素晴らしい!と言ってましたよ~♪
    全然関係ないのに私が誇らしい気持ちになってしまいました(笑)
    でしょでしょ?って感じで(≧ω≦*)

    長文ごめんなさーいm(_ _)m

  2. いそまる より:

    ハナノアさん♪
    長文ありがとうございます♪全然 大丈夫です!

    さおりちゃん、確かに私も、出てくるとワクワクしてました!
    毎回笑わせてくれるし、一生懸命だし、ほんと三男が言った通り「何するんだろう」って期待の目で見ちゃいますよね。
    三男ともお似合いだと思います。このカップル成立はかなり嬉しいですね~♪
    (しかも木曜にそろってあさイチに出演とは。楽しみだけど「なんでだろう?」笑)

    演出家さんがさおりちゃんと豊子を!へ~!
    なんとなく分かるかも…!コメディ色の演技って、「笑わせよう」としたら面白くなくなるし、やりすぎると「コントじゃないんだから」ってなるし、さじ加減が難しそうだなって思うんです。さおりちゃん役の子のさじ加減が若いのにすごいなって思います。この間ブログ記事にも書きましたが、沢村一樹さんも さおりちゃんの演技が好きで何度も見返してしまうらしいので、プロの方が見たら尚更すごい「何か」を持っている子なのかもしれませんね。すごい!私もなんだか誇らしいです(笑)
    豊子も、はじめ憎たらしいキャラだったのに、その中で「かわいさ」が見え隠れしだすところがすごかったですよね。