朝ドラ「わろてんか」第1週 第3回レビュー

わろたらあかん3

今日の物語

くすり祭りを取り仕切る藤岡屋の当主・儀兵衛は大忙し。家族も使用人も総出で手伝いです。

てんと風太は、楽しいはずの祭り中もいっさい笑わない儀兵衛のことを不思議がります。

てんと 妹のりんは、手伝いをした後にもらえるチョコレートが楽しみ。

風太は、こっそり手伝いを抜け出して祭りに行こうとてんを誘います。大阪から芸人が来ているから見に行こうと。

そんな中、療養中の兄・新一は外から聞こえる祭り囃子に耳を澄ませ、ぜんそくになる前の幼い頃に、父に内緒で祭りを見に行ったことや 自分は落語が一番大好きだったこと話します。

そして、てんと風太は祭りの寄席を見に出かけます。

(わろてんか第一話の冒頭部分につながる)

てんはここで、沢山の人が大笑いしている姿を見て「笑いの力」を感じたのです。

しかし、てんと風太は寄席に勝手に入ったことで係員に追いかけられるはめに。

風太はてんをおぶって必死に逃げますが、係員たちも必死にてんたちを追いかけます。

すると逃走中のてんたちの傍に、奇妙な派手な着物を着た2人の若い男性が現れます。男性2人も、何かから逃げて走っている様子。なんだか「合流」したように併走する形となったため、若い男性たちは「よ!」とてん達に声をかけます。

この男性たちの名は、北村藤吉と山村喜助。

(喜助は藤吉より更に若く「少年」という年齢)

追っ手が迫る中、喜助は転んでしまった藤吉を置いて走り去ります。

次に、てん達を追いかけてきた係員からてんを守るため、風太は自分がおとりになって走り出します。

そんなことから、てんと藤吉は2人きりになり、境内の祠の中に身を隠します。

藤吉は、キース(喜助)が食い逃げをして追いかけられていることをてんに話します。しかし、キースに悪気はなく、店員に誘われてタダだと思い込んで食べたら高額を請求されて仕方なく逃げるはめになったらしく、何も食べていない藤吉まで一緒に逃げるはめになったと言います。

藤吉のお腹がグーっと鳴ったので、てんは 手伝いのご褒美に貰ったチョコレートを藤吉に渡します。藤吉は、「うまいなあ~!初めて食べたわ!」と、嬉しそうに食べます。

藤吉が旅芸人一座の芸人だと名乗ると、てんは大興奮!

そんなてんを見て、藤吉はとても嬉しそうに「キースは俺の弟子や♪初代 北村藤吉たあ俺のことよ!」と見栄を切り、「日本一の芸人だ」と自称します。

てんが自分の名を名乗ると、藤吉は「てんごのてん」だと勝手に解釈し、「ええ名前や」とてんを嬉しそうに見つめます。

(てんご…今で言う「いたずら」や「悪ふざけ」の意味)

てんは、家の中で笑いが禁止されているので「てんご」はよく分からないと答えます。

藤吉が「なんやそれ…。もったいないなあ、笑わへんなんて。人生 損してるで。そや、ええこと教えたる。笑いは何色か知ってるか?」と言ったところで、外から てんを探す風太の声が聞えました。

てんと藤吉は祠から外に出て、風太と合流します。

てんを心配していた風太は、怪しい藤吉からてんを守ろうとします。

キース(喜助)もやってきて、藤吉たちも無事合流できました。

てんは、早く帰らないと父に叱られると思い、風太の手を引いて急いでその場を去ります。

―このすごいんだから頼りないんだか、よく分からない男との出会いが、てんと日本の笑いの歴史を変えることになるとは一体誰が想像できたでしょうか―

今日のあさイチ受け

ゲストの伊東四朗さんと3人で番組スタート!

有働さん「今 一緒に「てん」を…「わろてんか」を見させていただいたんですけど」

伊東さん「「てん」で通ってるんですか?」

有働さん「「てんちゃん」って言ってたから。名前で呼んじゃいました」

伊東さん「いいですよね、関西弁でね、「わろてんか」。東京弁だとタイトルになりませんよ、「笑って下さい」(笑)」

有働さん「確かに(笑)」

いのっち「笑って下さいって言われてもね、言われたら笑えなくなっちゃう(笑)」

伊東さん「ちょうど私のおふくろが生まれた年の話なんで妙に興味深いです。おふくろが生まれた時はこういう感じだったのかなと」

いのっち「笑いに関することが深く描かれてますからね」

有働さん「伊東さんは先月 ご出演いただく予定だったんですけど、北朝鮮のニュースでナシになってしまって、私といのっちで楽屋にお邪魔したら、あの…パンツ…(笑)」

いのっち「着替え中で」

伊東さん「パンツは着替えてませんよ!(笑)」

有働さん「一丁でいらしたところにご挨拶に伺って(笑)。「すいません、今日は放送がなくなって」って言ったら、「残念だった」とおっしゃるので、ご自身の出演がなくなったのが残念なのかと思ったら、「ひよっこの放送が飛んで見られなかったのが残念だ」と!(笑)」

いのっち「ひよっこ見たかったと(笑)」

伊東さん「今日もひょっとしたら、まだやってるかなと思って ひよっこの寸評などを言おうと思ったらもう わろてんかになってた(笑)」

いのっち「見てたんじゃないんですか?(笑)終わったことに気付いてないじゃないですか(笑)」

伊東さんはひよっこを見ていたのか?見ていないのか?(笑)たまに見てた程度なのかな?どちらにせよ、朝ドラの話題が出るのは嬉しいです♪

有働さんは、伊東さんの「パンツ」の話題を自分で出しといて、自分でめっちゃ笑ってましたね(笑)かわいい。

感想

てんの運命の相手となる藤吉さんと出会いました。

(相変わらずネタバレは読んでいませんが、藤吉さんの存在はしっかりNHKさんから公式に公表されているので知っています。笑)

すっちゃかめっちゃかな出会いでしたね。楽しみにしてたチョコレートをあげちゃうなんて、てんちゃんは優しい!

(「ごちそうさん」のめい子ならあり得ませんね・笑)

風太がてんを必死に守ろうとする姿が何度もあって かわいかったです。

風太はあれなのかな…てんに恋していくようになるのかな…?多分なりますよね…?風太の恋は切ない感じになるんでしょうか?「花子とアン」の朝市しかり、「ごちそうさん」の源ちゃんしかり……な存在…。あれ切ないんだよな…。

おてんとう様の「てん」、てんごの「てん」。「わろてんか」の「てん」には色んな意味が入っているみたいで、おもしろいですね。

笑いの色は何色なんだろう。知りたい。でも、答えが分かるのは少し先になりそうですね。楽しみです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク大
スポンサーリンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする