朝ドラ【ひよっこ】年表

ひよっこ年表です。

1964年(昭和39年) みね子 17→18歳(みね子は冬生まれ)

9月、東京に出稼ぎに行っている父ちゃんが久しぶりに稲刈りに帰省。

9月、東京に戻った実が失踪

10月、奥茨城村 聖火リレー

1965年(昭和40年) みね子 18→19歳

1月 実は帰ってこなかった。みね子は東京へ行くことを決める。

3月 みね子、高校卒業

4月 みね子、時子と三男を上京。向島電機に就職する。(澄子、豊子、愛子、幸子、優子、綿引と出会う)

5月頃  実が東京の街で目撃されていたことが発覚・みね子 初めてすずふり亭を訪ねる

8月 夏休みの1日、仲間たちと一緒に海へ遊びに行った

11月 綿引が警官を辞め、茨城(高萩)に帰る

12月 向島電機が倒産。豊子、籠城する。みね子は紆余曲折あり、すずふり亭に働くことが決まる。愛子と2人きりの年越し。1日だけの茨城への帰省。こうして乙女たちはそれぞれ新しい環境へ…

1966年(昭和41年) みね子19歳→20歳

1月 みね子 あかね荘で暮らし始める(この時点で19歳)、すずふり亭で働き始める

4月 綿引と再会。実父ちゃんが ひったくりにあって殴られたことが発覚。しかしその後の消息は未だ不明のまま。

6月 ビートルズ来日。宗男が上京。(この時、宗男44歳。実父ちゃん47歳らしい)

7月始め 宗男 帰郷。直後、すずふり亭の前を実父ちゃんが通りかかるが、運悪く みね子とすれ違い、お互い一切気付かなかった。

7月 乙女寮同窓会(偶然 女優・川本世津子と出会う)(時子がみね子の部屋に居候し始める)

みね子、周りのアシストもあり、島谷くんとカップル成立。(この時点でも19歳、時子は20歳)

冬の始め 島谷との別れ…。そして二十歳の誕生日を迎える。

1967年(昭和42年)  みね子20歳→21歳

年始~3月頃 高子が奥茨城の角谷太郎と結婚。奥茨城へ。

4月 愛子があかね荘に引っ越し。みね子、テレビコマーシャルに出演。

直後、みね子は川本世津子宅にて実父ちゃんと再会。実父ちゃんは記憶喪失だった…。

5月 実が自分の意思で奥茨城に帰ることを決める。みね子も同行し、一時帰省する。

6月 乙女寮の同窓会。豊子、クイズ番組で優勝。

夏 みね子、川本世津子と再会し、談笑する。

8月、時子はコンテスト応募を決め、三男を「解放」する。

川本世津子がマスコミに追いかけられる。みね子と秀俊は世津子を家から救い出し、世津子があかね荘で暮らし始める。

9月(?)時子、ツイッギーコンテスト優勝。あかね荘を出る。

みね子とヒデ カップル成立。

愛子と省吾、カップル成立。

三男とさおり(米子)カップル成立。

早苗、ずっと待っていたドラマーと再会し、サンフランシスコに旅立つ。

漫画家コンビ、未来から来たタヌキ型ロボット「みねっ子」で売れる。

1968年(昭和43年) みね子21歳→22歳

愛子と省吾が結婚。愛子があかね荘を出る。

みね子、奥茨城に帰省し、父が進めてきた花の栽培を知る。みね子がずっと続けてきた実家への仕送りを停止するように言われ、皆から感謝の言葉を贈られる。

世津子は女優に復帰、時子と共演。

谷田部家、テレビ番組に出演。

そして すずふり亭での食事の夢を叶える。(実が重箱のことを思い出す)

みね子と秀俊が入籍。

澄子と豊子があかね荘に引っ越し。

三男は米子と婚約。

みね子・時子・三男は相変わらず仲良しトリオ。

みんな 幸せいっぱい。

―完―

スポンサーリンク
スポンサーリンク大
スポンサーリンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする