朝ドラ「わろてんか」第4週 第19回レビュー

始末屋のごりょんさん1

今日のあらすじ

藤吉はてんを別室に残し、母と許嫁だという楓と3人で話をする。

啄子は「駆け落ち」を責め、商いの町・船場には船場のルールがあり、てんのような京都の女性では北村屋の女将は務まらないと言い、その一方 楓は船場のルールや商いをよく知っていて適任だと褒める。

(この当時、船場では恋愛結婚はご法度。商いを継ぐため、結婚相手は親が決めるのが当たり前のこと)

楓は妾(めかけ)の一人くらい気にしないと言い、啄子はその考え方を船場らしいと褒める。

藤吉は、てん以外に妻は考えられないときっぱり拒否し、認められないならば家を出ると立ち上がる。

しかし、啄子は「胸が苦しい」と演技して藤吉を止める。

藤吉は、啄子に言いくるめられ、ひとまずお風呂に入ることになった。

藤吉がお風呂に入っている間、てんは楓により2階の部屋に通された。

てんは「ごりょんさん(啄子のこと)」に挨拶をしたいと申し出たが、具合が悪いと言って楓に止められる。

楓は「誰かれ構わず愛嬌ふりまくおなごは嫌いだ」「この縁談は譲らない」と、てんに宣言する。

商人の娘である楓にとって「船場のごりょんさん」という立場は憧れらしい。藤吉のことは好きでも嫌いでもないが、ただこの縁談について負ける気・譲る気はないと、てんに敵対心をむき出しにしつつも、冷静な口調で言うのだった。

京都のてんの実家・藤岡屋では、家を継ぐと決めた妹・りんの縁談を進める運びとなった。

その一方で、母・しずは、てんがちゃんと笑えているか心配する。

しかし儀兵衛は「てんはもううちの子ではない。笑おうが泣こうが、たとえ野垂れ死にしようが、お前が気にかける必要はない」と静かに答える。

しずは、てんのお付き係だったトキに「お願い事」をする。

その頃 てんは、お風呂からあがって来た藤吉とようやく2人きりで話をする。

藤吉は、啄子の作り笑顔を文学人形のガブ(※)に例え、てんを笑わせる。

(※…美女の人形が一瞬にして鬼のような顔になる人形)

てんは啄子に認めてもらえるように頑張ると笑い、2人は「支え合っていこうな」と手を握り合う。

そこに啄子が現れ、「はしたない!」とてんを叱る。

ようやく啄子と会えたので、てんはすぐに正座をして挨拶しようとするが、「お義母さん」というと「お義母さん!?」と叱られ、「藤吉さんと」と言うと「藤吉郎や!」と叱られてしまう。

啄子は、てんを審査するかのように帳面と筆を持ち、面接のようにてんに質問をする。

名前・年・好きな食べ物を質問し、てんはひとつひとつ笑顔で答える。

啄子は「京なまり ぜいたく」と帳面に書き込む。

「好きなことは」という質問に、てんは「笑うことです」とニコニコして答え、啄子は「アホ」と帳面に書いた。

啄子は てんに北村屋に入る覚悟を問う。

てんは「二度と里の敷居をまたがへん覚悟です。このお家の嫁として認められるように精進いたしますので、どうかここに置いとくれやす」と頭を下げた。

啄子は「女中としてなら置いたげまひょ」と答え、さすがに怒った藤吉はてんを連れて家を出ようとするが、てんは「置いていただけるだけでもありがたいと思います。ごりょんさん、どうぞよろしゅうお願いいたします!」と微笑んで頭を下げる。

そして てんは、女中部屋に案内されてしまった。

一体どうなってしまうのか。

つづく

今日のあさイチ受け

あさイチはありませんでした。

あさイチ、明日から復活みたいですね。楽しみ。

感想

先週 藤吉とてんちゃんが抱き合ってたけど、藤吉はチョット臭かったのね…(笑)

気にならないのは、恋は盲目だったのかな。

「ごりょんさん」というのは、船場言葉での「商家の奥さん」という意味だそうです。

啄子さんもきついけど、楓さんの方が厄介そうに思いました。

啄子さんはムっとした顔とかが、ちょっとすでにおもしろくて、最終的には「ごちそうさん」のお姉さんみたいな愛すべきいけずキャラになる予感。

その点、楓さんは今のとこ、怖い……。

啄子さんの「京なまり ぜいたく アホ」には笑いました。「アホ」って!!(爆笑)

てんちゃんを否定された藤吉は「じゃあ家を出るわ」って2回くらい言ってましたね。またも~!何回家出る気や!(笑)

気持ちは分かるけどさ~何回もやってたら、ほんま「アホ」みたいやで…(^^;)

しかも、言われたからって何お風呂入っとんのや。てんちゃんをほったらかしたまま さっぱりすな!(笑)

「女中さんとしてならいてもいい」というのも、そういえば「ごちそうさん」と同じ流れ?「ごちそうさん」の時のお姉さんのいけずには、本当にイライラしたからな~、今回はどうなるんでしょうか?!ドキドキです。

「ひよっこ」がみんな 心の優しい人たちの物語だったので、展開の速さといい、差が大きいですね~。

しずさんはトキちゃんに、てんを見に行くように的なことをお願いしたんですかね?

予告では、しずさん対啄子さんのようなシーンもありましたし、どんな展開になるのか気になります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク大
スポンサーリンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. るんるん より:

    藤吉、さらにダメンズに拍車がかかってきましたね(笑)お母ちゃんの仮病?にあっさり騙されてるし(^^;)楓さんは分家から本家のごりょんさんになれるんだから、玉の輿ってやつなんですよね?そりゃ、気合も違うでしょうね~!明日から嫁いびりの本番でしょうか?女中さんの中に、あさが来たでお姑さんのおつきをしてた方もいるようですね。今度はどんな感じになんだろ??
    大阪局だから、あさが来たのキャストちらほら出てますね。伊能製薬の社長さん(栞さんのお父さん)は、炭鉱の話持ってきたおじさん(名前忘れたw)だし、占い師は家族写真撮った写真屋さんですねよ(こちらも名前失念、漫才の人)

  2. いそまる より:

    るんるんさん
    ダメンズ!まさに!そうですね!(笑)
    実家に帰ってからは「アホボン」に見えてきた……(^^;)

    伊能様のお父様もあさが来たに出てた方だったんですね!そこは全然気づけませんでした~!
    大阪朝ドラでおなじみの顔ってありますよね(笑)
    今日(10/24)でイノッチも言ってたけど、スミさんは あさが来たの「かのさん」ですね。「ほんに、ほんに~」の。
    占い師は、海原はるかかなたさんですね。はるかかなたさんは、マッサンにもあさが来たにもべっぴんさんにも出てたような気がします。すごい。なんでこんなに重宝されてるんでしょうね?(笑)
    でも、お馴染みの脇役さんは、朝ドラを見る楽しみでもありますね♪