朝ドラ「わろてんか」第4週 第24回レビュー

始末屋のごりょんさん6

今日のあらすじ

祖母と母の想いがこもった着物(喪服)がなくなった。

てんとトキは家中を必死に探し回り、庭の隅に捨てられた着物を発見。

破れたりはしておらず、無事だったことに胸をなでおろした。

翌朝になり、藤吉は北村屋のお金の状況を把握しておきたいと考え、帳簿を探す。

神棚の下の戸棚の中を見ようとすると、番頭が止めに入った。

番頭曰く、啄子はお金のことに関しては誰も信用しておらず、帳簿などを見られることをとても嫌っているとのこと。

しかし、藤吉は構わずに帳簿らしき冊子を手にとった。

そこに啄子が現れ、厳しく藤吉を叱った。

てんは今日も女中の仕事をする。

トキと一緒に楓の部屋を掃除していると、トキがある本を見つけた。

与謝野晶子の「みだれ髪」だ。

恋について書いてある(当時としては)過激な本を楓が読んでいることに驚き、トキは「はしたない!」と興奮する。

そこに楓がやってきてトキから本を取り上げ、着物の犯人は自分だと言っててんをにらみつけた。

楓が去った後、てんは楓が落とした「紙」を見て 楓を追いかける。

てんは街中まで出かけて楓を探した。

途中、藤吉の姉・頼子に出会う。

頼子は北村屋の家中を探して見つけた壺(父のもの)をお金に換えようと売りに行ったが、偽物だと言われてお金にならなかったので落胆していたところだった。

頼子はてんに、着物を捨てたのは自分だと泣く演技をしながら白々しく謝罪した。

良い着物を持っていたてんが羨ましかったのだという。

犯人が分かって、てんはスッキリした気持ちになった。

てんはようやく楓を見つけることができた。

「着物のこと、違いましたんやろ?」と明るく声をかけるてん。

楓は、自分は昔から誤解を受けやすいタイプだから何を弁解しても無駄だと思っていることをてんに話す。

てんが先ほど拾ったのは、楓が書いた短歌だった。

『枯れ肌の水もはじかぬ ひとり寝の あはれなりけり 女もののふ』

てんは、歌を書けるなんてすごいと楓を尊敬する。

楓は叶うわけはないと思いつつも歌人になる夢を持っていた。本当は親が決めたこの縁談になんの興味もないと言う。

楓から「夢」を聞かれたてんは「お慕いする人とお墓まで連れ添うことです」と微笑む。

てんのまっすぐな笑顔を見た楓は、親に勘当されても自分を貫いて生きるてんにヤキモチを焼いていたと話す。

楓は、てんを見習って自分らしい人生を歩むことを決意し、てんと笑い合った。

夕方、楓は北村屋を出るため荷物をまとめ、啄子に挨拶をする。

「もめ事には飽き飽きしましてん」と清々しく笑う楓。

啄子は「藤吉郎にはアンタのような気の強い人が合うと思ったんやけどな」と少し残念そうに笑う。

交わした言葉は少ないが、啄子は晴れ晴れした表情の楓を見守るように見送った。

その夜、藤吉は夜中にこっそり店に行き、今朝見つけた帳簿らしき冊子を開いた。

「……なんや…、これ…!」

藤吉は「何か」を見て驚く。

翌日、藤吉は番頭を探すが、番頭は朝早くから外出中だった。

店の者が言うには、番頭は近頃 特に店の用はないのに、誰かと会うためによく出かけているらしい。

そこに、洋装で丸メガネをかけた男がやってきた。

男は「ごりょんさん、いてはりますか。この家のことで大事な話があるんです」と言う。

一体 何者なのか…?

つづく

今日のあさイチ受け

土曜日なのであさイチはありませんでした。

感想

あら! VS楓は、案外サラっと終わりましたね。

もうちょっと何かあっても良かったのに…(笑)

でも、昨日「楓さんが一番かわいそうなのでは…」と心配になっていた中、楓さんが自分の意志で、自分の人生を選ぶために前向きな気持ちで北村屋を去るという展開はものすごく良かったです!

ごちゃごちゃ文句を言わずに見送る啄子さんも良かった。啄子さん、やっぱり優しい人なんだろうと思います。

楓さんがこの間、何か机で書いていたのは短歌だったんですね。

『枯れ肌の水もはじかぬ ひとり寝の あはれなりけり 女もののふ』

「もののふ=侍」なので、てんは「楓さん、女侍なんや♪」と言ったんだろうけど、この歌って、てんと藤吉が愛し合ってるのを見て、かたや恋もしていない自分のもの悲しさみたいな気持ちを歌ってるんじゃないかなって思いました。

女もののふってのは、悲しいと感じる気持ちにフタをして、強く生きようとして必死に鎧を着ているような自分を武士に例えたのかなって。なので、「女侍なんや~♪」なんて言っちゃうてんちゃんのお気楽お嬢様ぶりにちょっと引きました(笑)

(私は和歌とか短歌とは全然詳しくないので、ただの想像ですけど・汗)

この先、楓さんの夢が叶うといいですね。

着物を隠した(捨てた)のは頼子姉さんでした。

でも…頼子さんがやったなら捨てずに売りに行きそうなもんだけど…(^^;)

なんにせよ、ズタズタに破られてるとかそんな非情な展開にならなくてホントに良かった!

頼子さんもほんとに…どうしようもないな…(^^;)

嫁ぎ先がそんなに貧乏なのかなぁ?なんであんなに金目の物に執着するんだろう。

当ブログのコメント欄で「啄子さんの子育て失敗」というご意見がありましたが、ほんとに、なんで子供たちに家訓の「始末」の精神がこんなにも伝わってないんでしょうね(^^;)

ところで藤吉は、帳簿らしき冊子で何を見たんだろう?

啄子さんの日記かなぁ?とも思いましたが…?もしくは、使途不明金があったとか?番頭さんに早速相談しようと思って探していたのかな?

最後に現れた男は金貸しとか投資関係の人?

……そういう展開だと、「ごちそうさん」と似すぎるような気も。

なんだろう~早く知りたいです。

急に「番頭さんが怪しい」みたいなムードが出てきたけど大丈夫かな?

何かお金の面で事件が起こるのかなぁ…?

来週の予告には、藤井隆さんが出てましたね!

リリコたち旅芸人が大阪に来たのかな?

藤井隆さん大好きなので、登場を心待ちにしていました!今からすごく楽しみです♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク大
スポンサーリンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする