朝ドラ「わろてんか」第5週 第27回レビュー

笑いを商売に3

今日のあらすじ

藤吉は家と土地を担保に借金をし、キースが持ってきた話「パーマ機」を購入した。

ノリ気の万城目がパーマ機を試すことに。

しかし、機械は高温になって煙が出て爆発してしまう。

機械はイカサマ品だったのだ…。

藤吉はなんと、この機械を1000台も購入していた………。

それから数日間、藤吉は「すぐ帰る 心配無用」という書き置きを残して家に帰ってこなくなった。

てんと啄子は藤吉を心配する。

若旦那が帰ってこなくなったことで もはや不安しかなくなった北村屋の使用人たちは、蜘蛛の子を散らすように去ってしまった。

そんな中でも、啄子は朝になると北村屋ののれんを店頭に掲げていた。

てんは藤吉を探しに出かける。

寄席を訪ねたところ「万城目という芸人と一緒にいるのを見た」という情報を得た。

教えてもらった万城目の家(店)を訪ねたてんは、激しい夫婦喧嘩(万城目が激しく暴行される・笑)中の万城目夫婦と出会う。

万城目が芸を見せた時「笑いは人を癒す薬だと思っている」と言ったてんのことを万城目は気に入ったようだった。

しかし、てんが北村屋の者だと伝えると、万城目は顔色を変え「帰って!帰って!」とてんを店から追い出した。

店を追い出された後、てんは、万城目がコソコソとどこかに出かけていくのを見かけ、後を追う。

すると万城目は小さな町屋に入っていった。

てんが中を覗くと、上半身の着物を脱いだ藤吉と、藤吉の体に触るリリコが見えた。

てんは中に入って藤吉を責める。

藤吉は慌てて、湿布をはってもらっていただけで やましいことは何もないと釈明し、この度の一件について事情を話した。

パーマ機がいかさまだと分かった後、キースは行方不明。

藤吉はパーマ機の輸入業者の元を訪ねたが、もぬけの殻でどうしようもない。

キースから詳しい事情を聞く為、キースの家の斜め向かいにあるリリコの家で張り込みをしているのだと言う。

リリコは、食事から洗濯から全て藤吉の世話をしていると、嫌味たっぷり・妙に色っぽく話す。

てんはムっとし、キースを捕まえるまでの間 自分もここで暮らすと宣言する。

その頃、北村屋に「金貸しをやっている」という老人がやってきた。

啄子は、藤吉が この家と土地を担保に借金したことを知り、顔を青ざめる。

リリコの家では、てん・藤吉・リリコの3人で気まずい時間を過ごしていた。

いたたまれなくなった藤吉は厠に出た。

リリコはてんに「あの人の内腿のホクロ 寝息 胸の男 髪のにおい…こうして目をつむって思い出すだけで胸が苦しくなる。アンタにはこういう気持ちわからんやろう。うちと藤吉の間には、まだまだアンタが知らんことがぎょうさんあるんや」と自慢げに話す。

そんな中、厠に行っていた藤吉がキースを見つけた。

キースが逃げ回り藤吉が必死に追いかける中、藤吉を探していた啄子もやってきた。

啄子は「なんてことしてくれたんや…!」と、藤吉に向かって刀を構えた。

(※キースがいろんなガラクタ?を持っている中に刀もあった)

つづく

今日のあさイチ受け

今日はVTRからスタートだったので、受けはないかな~と思ったんですが、VTR終わりに受けがありました♪

受けずにはいられない展開だった感じ(笑)

有働さん「朝ドラが刃傷沙汰になると思わなかったから!」

いのっち「だから言ったんだ!キースは怪しいって、俺は言ったんだ!」

感想

あかん、もうあきませんわ。がっかりですわ。

(先週の予告で万城目がパーマ機あててるシーンがあったので、お金借りてパーマ機買うって分かりきってましたね…。昨日は予告のシーンのことを忘れていました)

藤吉のどこをとっても救いようがない。(今のところ)

笑えない域になってきた今日の藤吉を見てたら、「もう見るのやめようかな…」と思ってしまいました。今までどれだけ気分がのらない展開でも、見るのやめようとまでは思ったことなかった(はず)なんですけど。

これは朝ドラを見始めて以来 もっとも重大な事件かもしれない…(笑)

これは脚本が悪いのか?私が藤吉役の役者さんをそんなに好きではないからか?

もし藤吉が、玉木宏さんでも私はこんな気分になったんだろうか…。

命を懸けて立て直すと言っていた北村屋のため…のつもりなんだろうけど、本人は。

全然 関係ない分野で儲けて、何が北村屋ののれんを守って家を継ぐなんだか。

そのために借金までして。

いくらなんでも軽率すぎて、嫌になります。

芸人になる!→無理や…家に戻ろう→やっぱり芸の道が忘れられへんのや!→結婚したくなったから家を継ごう。家も大変!俺が頑張る!→難しい。パーマ機で儲けよう。

…って!また結局、意識が中途半端で、楽な方・良さそうな方にフラフラ…。

でもってパーマ機はイカサマ物。

キースにしっかり事情を聞きたいのはまあ分かる。

けど、だから家に帰らないだと…!?

「心配無用」と手紙だけ家によこしたみたいだけど、「自分のことだけ!?」って感じでイライラします。

てんは、女中さん扱いされても笑顔で頑張ってるのに、そんなてんのことは無視!?

アンタがいない間に、てんが啄子さんにいびられたりするかもしれないのに。

店だって、啄子さんが肉体労働までして気丈に頑張ってる時に、それはほったらかし…!?

ほんと、笑えません。

どこがいいの?この男の。

目を覚ましなよ、てんちゃん……。

キースはアレですね…ほんとに……藤吉以上にどうしようもないやつですね…。

もう縁を切った方がいいんじゃない…?

ほんとにいいとこあるのか…?

リリコもキースも、案外近くに住んでいたんですね(^^;)

旅芸人だから家がないのかと思ってました。

ただ、もともと藤井隆さんが好きなのもありますが(笑)、万城目さんは今のところ嫌味がなくて癒されます。今日の冒頭も、万城目さんの顔芸を堪能しました(笑)

てんと万城目さんの出会いが、藤吉と万城目さんの再会そのままな演出は、チョットおもしろかったです。しょっちゅう、ああやって店から飛ばされてるんだろうな(笑)

スポンサーリンク
スポンサーリンク大
スポンサーリンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. かるび より:

    いそまるさん。
    私も全く同意見です・・・。観るのがつらい。
    このブログを何とかよりどころにしているのが現状です。
    予告で楽しみにしていた藤井隆さんのパーマシーンも実際あんまり面白くなかったし・・・。
    藤井さん好きなのに・・。藤吉はもっとちゃらんぽらんで、どうしょうもなくて、口ばっかりで、でもどこか憎めないようなキャラだったらこんなにもイライラしなかったと思います。無駄に真面目というか。愛せない!!

  2. いそまる より:

    かるびさん
    パーマシーン、顔はなかなかおもしろかったですよ、顔は(笑)でもアレも、藤井隆さん頼みのシーンでしたね。
    あー!確かに!藤吉、無駄に真面目ですね!うんうん!なのに、やってることはフラフラしてて芯がない!!
    私の中で、「マッサン」のマッサンが前半どうしようもないなって思ったんですけど、憎めない感じはありました。エリーとウイスキーに一途すぎてバカなのは分かってたし。

    今は回り道で仕方ないとして、「笑い」に生きる展開に変わればてんと藤吉の「芯」の部分が出てきて生き方がまっすぐになって、こんな思いはしなくなりますかね…?そうだといいな…。
    「ドラマにつっこむ」も、笑えないつっこみばかりで嫌になります…(^^;)