朝ドラ「わろてんか」第6週 第33回レビュー

ふたりの夢の寄席3

今日のあらすじ

リリコはご贔屓客から後添い(後妻)になれと誘われており、かなり思いつめて悩んでいた。

藤吉がてんと一緒になるなら自分は好きでもない年の離れたご贔屓さんの後添いになると言い出すリリコ。

藤吉は「自分を粗末にするな!お前にはお前に合った男が必ずいてる!」と言うが、リリコは感情的になって家を飛び出す。

2人が外で言い争っているのを、通りかかったアサリが見てしまった。

翌朝アサリは早速キースと万城目にそのことを話し、3人は藤吉を問い詰める。

その会話を、てんが聞いてしまった。

てんは夜中に藤吉がリリコの家に行ったという事実を知って落ち込む。

藤吉はてんに謝り、やましいことはないと説明する。

てんは、動揺している気持ちを隠して笑うのだった。

そんな2人の会話を、啄子が聞いていた。

落ち込む藤吉は、振り売り中、今日も小屋主の亀井と会う。

亀井は、昔この寄席に出ていた2人の名札(木の札)を見せてくれた。その2人は、今では有名な芸人だったので、藤吉は驚く。

亀井「ここで寄席始めて40年。端席いうんはな、一流の寄席に出られん珍妙な芸人が集まってくる。そやけど、逆に言うたら、新しいもんが生まれる玉手箱や。こっから育って有名になった芸人も数知れんのやけどなぁ…。…そろそろ手放す潮時かもしれん…

一方 長屋では、アサリから事情を聞いた啄子がてんに「いらんヤキモチは一銭の得にもならん」とアドバイスをする。

てんは、藤吉とリリコの関係への不安を吐露する。

啄子は「あの子は嘘つかへん子です。…藤吉郎を信じた方が得になるっちゅうことです。ま、喧嘩して里に帰ってもろてもかましまへんけどな」と嫌味を言いながらも、てんを元気づけた。

その夜、てんの実家・藤岡屋では、儀兵衛が夜遅くまで書物の整理(?)をしていた。

妻・しずは、火鉢に火をくべながら儀兵衛に付き合う。

立ち上がった拍子に、儀兵衛はめまいを起こしたのか倒れ込む。

儀兵衛は何かの病を抱えており、そのことをしずだけが知っている様子だ…。

…そして、風太は2人の様子を盗み見てしまった。

夜、藤吉は仕事を終えて長屋に帰る道中、野良犬にエサをあげている寂しげなリリコを見つけ、再び話をすることに。

藤吉の帰りが遅いので心配して藤吉を探しにきたてんは、リリコと藤吉の会話を聞いてしまう。

リリコに「好きでもない男と結婚なんかするな」と止める藤吉。

「ほな、うちと一緒にどっか行こう」と言うリリコに対して藤吉は「俺には、てんしかいてへん」と言い切る。

藤吉とリリコがてんに気付いた。リリコは、自分が昔 身売りされそうになった時に藤吉が助けてくれたことをてんに話す。

お金もちのお嬢さんは知らんやろうけど、貧乏で売られてる娘なんて、なんぼでもおるんや。いよいよ売られそうになった時、この人は体張ってうちを守ってくれたんや。その後がんばってきたのは、ずっとこの人とおりたかったからや

そしてリリコは、藤吉といられないなら後添いになると言う。

義太夫なんかやめたるわ。どうせ才能もないわ!

やけくそのようにそう言い放ったリリコに、藤吉は「そんなことはない!」と否定する。

娘義太夫は、女の純情や切なさが、ここ(胸)に響かなあかん!お前の語りには魂がある!俺は芸を見る目だけには自信があるんや!そやから頼む!芸人辞めるなんて言わんといてくれ!俺の作る寄席で、お前の魂のこもった義太夫を聞かせてくれ!そやから、もっと自分を大事にするんや!

リリコは涙を浮かべ、家に入っていった。

帰り道、藤吉は てんに相談なくリリコに「寄席に出てくれ」と言ったことを謝る。

てんも、何も知らずにヤキモチを焼いたことを謝り、「リリコさんに出てもらうためにも、頑張りまひょ!」と微笑んだ。

一方その頃、大阪に再び風太が来ていた。

何やら元気がなく、思いつめた様子だ。

つづく

今日のあさイチ受け

今日は、ゲストのイッセー尾形さんお手製の有働さんといのっちの人形に 2人が声をあてて番組スタート(笑)

いのっち「風太来ちゃったね~」

有働さん「ね~、朝ドラもえらい展開になってますけどね~」

感想

リリコが不憫だ~……。

藤吉は芸人としての自分の才能を愛してくれて、自分がやる寄席に出てくれとまで言ってくれたけど、リリコは女として藤吉に愛されたかったんですよね…。

リリコの身になるとすごく切ないです。

藤吉が自分を大切に思ってくれていることが伝われば伝わるほど、「なんでこの愛情は、女としてじゃないんやろう」「なんで隣におれるのは自分じゃないんやろう」って苦しく思うんじゃないかな…。

あと、藤吉はリリコを止めたけど、リリコの人生に責任もてるのかな…。今後の人生を左右する大きな分かれ道で、芸人でいろって他人が言うのは無責任と紙一重かもなって思いました。

まあ…ドラマ上はきっとリリコは後妻さんにならない方が幸せになれるんだろうからイイけど。

引き続きリリコと風太がくっつく説を推しますよ…私は。

啄子さんのてんへのアドバイスが良かったです!ちょっと感動しました。

「信じた方が得」という言い方が啄子さんらしくて好きです。

あと やっぱりアサリは既に啄子さんの子分状態になりつつある感じ…(笑)

一方…儀兵衛さんが……!

病を抱えているようですね…。効く薬はないのか…!!

風太がやってきましたね。儀兵衛さんの件でしょうかね。

貧乏長屋で暮らしているてんを見てしまうのかな~見たら 風太また悲しむだろうな…。

スポンサーリンク
スポンサーリンク大
スポンサーリンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. るんるん より:

    藤吉のリリコへの対応、やっぱりアホボンというかダメンズ感が消えませんね~(^^;)リリコ切ないですよね・・・でも、お妾さんじゃなくて後添えならいい話じゃん♪なんて思っちゃいました(笑)私はてっきりお妾さん候補だと思ってました(^^;)
    啄子さんはやっぱりうまく生きていくタイプでしたね(笑)てんのこともだんだん気に入って来たのでは??儀兵衛さんは心配ですね。風太は何を知らせに来たんだろう??

  2. いそまる より:

    るんるんさん。
    リリコ切ないですよね…!私も、リリコは結婚した方が意外と幸せになるかもしれないぞ、いいのか、って思いました(^^;)
    啄子さん、何から何までやり手ですね。なのに、ダメンズ達に振り回されたお人……(^^;)
    てんへのアドバイスのシーンは良かったですよね!てんの健気さに、同じ女として黙ってられなかったのかな。いいお義母さんになりつつありますね♪

    儀兵衛さんが心配です。こんなに早く「父の病」というエピソードが出てくるとは…。どうなるんでしょうね…!?