朝ドラ「わろてんか」第9週 第52回レビュー

女のかんにん袋4

今日のあらすじ

リリコは隼也の世話をするようになり、てんの不満はつのるばかり…。

藤吉はそんな女心が分からず、「ほんまに助かるわ、なあ、てん」と満面の笑み。

トキと歌子(万城目の妻)は、てんに共感してくれる。

歌子もまた、夫の万城目が京都の寄席に行ったきり戻ってこないので、女遊びでもしているのではないかと心配をしていた。

3人は、「かんにん袋」(巾着袋)に愚痴を叫ぶ。

(トキは、何かこそこそしている風太とお尻をさわってくる男性客の愚痴・笑)

一方 藤吉は、キースとともにある席主を接待していた。もしかしたら小屋を売ってもらえるかもしれないのだ。

「できることはなんでもしますさかい」と言う藤吉に対し、その席主は「ひとつ頼みがあるんやが」と何やら相談を持ち掛ける。

夕方、てんは風鳥亭にて一人で事務仕事をしていた手をとめ、またまたかんにん袋に不満をぶちまける。

「『隼也の子守りをリリコさんに頼んだからええ』?ちゃいますやろ!うちはただ、あんたと家族3人で………藤吉のドアホ!!!」

愚痴を吐いて少しすっきりしたてんが振り返ると、伊能(と、伊能を事務室に案内してきた風鳥亭の新人従業員)がいた。

伊能とてんは気まずそうに顔を見合わせる。

てんは、「かんにん袋」のことを伊能に話す。

てん「忙しすぎて…つい文句言いたくなって」

伊能「忙しいからじゃなく、寂しいからだと聞こえた。隼ちゃんの世話もできず、藤吉くんも話を聞いてくれない…。…うーん、仕事がおもしろい時期なんだよなぁ、男の言い分だけど」

てん「…寂しいって言うてもよろしいんですやろか…。言うたら歯止めが聞かんようになる気がして…」

伊能「たまにはハッキリ言わないと。男はニブイ」

そこに藤吉が帰ってきた。

藤吉は「喜べ、てん!ええ小屋が手に入りそうや」と言い、伊能への挨拶もそこそこに、金庫のお金をもって再び出かけようとする。

てんは驚き、「これは芸人さんに渡すお給金で」と藤吉を止めるが、藤吉は今すぐ手付金を払わないといけないとの一点張り。

結局、お金をもってそのまま出かけてしまった…。

てんはキースたち芸人に事情を話す。

今日の接待に同席していたキースは「そういうたら…今日の席主が、どこぞに借金してて、今すぐ金が欲しいって言うてたわ…」と話す。

給金の支払いが遅れることになってしまい、アサリが怒りだすが、キースがそれを止める。

キース「俺らは2、3日食わんでも生きていける。いっつも世話になってるごりょんさんの頼みやで!」

てんは芸人たちに礼を言って頭を下げる。

伊能はてんを心配し、「足しにしてくれ」と手持ちのお金をいくらかてんに差し出す。

しかし てんは「伊能さんにお金のことで甘えてしもたら、これからええお付き合いができひんくなります。それに…これは うちら夫婦の問題ですさかい…」と答える。

伊能は少し寂しそうな表情を浮かべた。

一方その頃、風太は寺ギンとすき焼きを食べながら話をしていた。

風太は寺ギンが坊主を辞めた理由を尋ねた。

寺ギン「坊主はつまらん。死人に念仏唱えるばっかりや。生きてるやつを救わんでどないせえっちゅう話や」「笑いの方が現世で迷ってるやつらの救いになるわ」

そして寺ギンは、風太の中にあるなんらかの「迷い」を見透かしているらしく「お前はなんのためにわしのとこにおるんや?」と尋ねたが、風太は笑ってごまかした。

夜、家に戻った藤吉は、新しい小屋の手付をしてきたことをてんに報告するが、てんが怒りだした。

てん「手付か何か知りませんけど、大事な芸人さんたちのお給金をあんな風にとっていかはるやなんて!悲しいわ…!」

藤吉「お前ら家族のためや、もっと儲けてお前らを楽させてやりたいと…」

てん「そんなことがうちらのためになるって本気で思ってはるんですか?あんさんがこの1年、うちらのために汗水流して働いてきたことは知ってます。そやけど、今のあんたは自分のしたいことだけに夢中のドアホや!父親でも夫でもありまへん!うちや隼也のこと、どない思ってはるんですか?節句の兜のことも忘れて!あんさんにとって兜はただの言い付けられた買い物かもしれまへん、そやけど、それを囲んで一緒に隼也の成長を祝うことが大事なんと違いますのか!?」

藤吉「…わかった。兜買ってきたらええんやろ…!?」

自分の言っていることが全然伝わらなかったてんは、ついにかんにん袋の緒が切れてしまった。

翌朝、てんは藤吉と一言も口を聞かないのだった…。

つづく

今日のあさイチ受け

いのっち「こわいこわい(笑)」

有働さん「気持ちは分かるよ~」

いのっち「でも言いたいこと全部言えて良かったね。ちょっと立場変わってきたよ」

有働さん「…伊能ちゃんで良かったかな~。まぁいいか…」

感想

藤吉いらつく~!!!(笑)

最後の「じゃあ兜買ってきたらええんやろ」ってとこ!

そうじゃないやん!そんなこと話してた!?今!日本語ワカリマスカー!?

いや~でも男の人ってこういうとこありますよね。私も夫との喧嘩でこういうことよくあるので、今日は共感できました(笑)めっちゃムカツクー!!!(笑)

リリコに対しても、むしろ「リリコに隼也の世話頼むなんて、俺かしこいやろ?いいアイディアやろ?てん、楽やろう?」って自信満々なんでしょうね。ほんと、いらつく~!

リリコは分かっててやってるのかなぁ~。

でも、今週の完全にアホな藤吉の方が私としてはスッキリして見れています♪だってもともとほんとにこういうやつなんだから!今まで、妙に賢く頼りがいがあるように描こうとしてたほうが無理がある。

新しい小屋のために渡した手付金だって怪しいもんですが…大丈夫なのかなぁ…。

席主のくせに、「給金は待ってもらったらええ」なんて考えでお金持っていくのはほんとにどうしようもないと思う。

「夫婦の問題」と言われた伊能様は寂しそうでしたね…。

このまま伊能様と付き合えばいいのに…。私ならそうするのに…。

寺ギンの意外な一面がわかりました。あんな見た目なので、金儲けのためにやってるのかと思い込んでたけど、彼もまた「笑い」で人を救おうとしているようですね。

(そのわりに、売上を7対3にするとか強欲だけど……)

あ、今日はようやくキースに「ちょっといいところ」がありましたね(笑)

スポンサーリンク
スポンサーリンク大
スポンサーリンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする