朝ドラ「わろてんか」第11週 第63回レビュー

われても末に3

今日のあらすじ

風太とトキは、喧嘩して ろくに顔も合わせていないてんと藤吉のことを心配し、2人を仲直りさせる作戦を立てる。

ある日、トキから隼也が一大事だと聞かされた藤吉は、血相を変えて家に戻る。
しかし、隼也は元気であった。これこそ、トキと風太の作戦であった。

こうして数日ぶりに自宅に戻った藤吉。
てんと藤吉は、風太とトキに仲介されながら、互いの不満を語る。

藤吉「てんが、俺のやることなすことに反対して、協力してくれんさかい…」
てん「これまで一緒にやってきた芸人さんを粗末に扱って、反対するうちのことまで追い出そうとしはるさかい…」

風太は、藤吉を理解しようとして てんが団吾に会いに行ったことを話す。

トキは、藤吉も芸人たちのことを「家族同然」だと考え、皆のためを思ってわざと突き放していたことを話す。
風太とトキの仲介により、藤吉とてんは互いの気持ちを知り、仲直りすることができた。

てんの自宅からの帰り道、トキは「自分も家族が欲しい」と風太にこぼす。
風太は「子供の前に結婚。結婚の前に相手」とトキを茶化し、仕事に戻るためにバタバタと走り出した。
風太を見送るトキの表情は温かいものだった。

一方、藤吉から叱咤されたキース・万城目・アサリ・岩さんは、「団吾に負けへん」と言える自分になるため、新しいことに挑戦しようと考え始めていた。

その頃、風太は寺ギンと合流し、団吾師匠を自社に招くための接待をしていた。
団吾のために大金を積もうとしている寺ギンは、「芸人50人 クビを切ったら(お金は)どうとでもなる」と自慢げに団吾に話す。風太はその姿に違和感を覚えるのだった。

一方、団真はお夕を思い出しながら崇徳院を口ずさんでいた。
お夕は、団吾の別宅にて食事の準備をし、団吾はそんなお夕を見つめていた―。
つづく

今日のあさイチ受け

有働さん「朝のドラマだから一戦は越えないと思う!私は。越えないでほしい」
いのっち「無理してその言葉使わなくていいですよ」
有働さん「すいません(笑)」
いのっち「いろんな気持ちがよみがえってきてって感じがしましたね、団吾さんも」

いのっち「仲直りして気持ちいいって感じもあれば、芸人さんたちは芸人さんたちでね…」
有働さん「ひとりの女性をめぐって…」
いのっち「うまくいかないですね」

今日のわろてんかの感想

「これは夫婦の問題ですから」と、ここ最近、何度かてんが言っていたように思います。

まさに、夫婦の問題なんですから、2人でよく話し合ってくれよ…(^^;)って思いました。

普通に2人が「団吾師匠をうちの専属にしたいと思ってるねん。お金は2万くらいかかる」「え?そんなにですか…。そんだけお金出す価値があることなんですか?」……と、はじめからちゃんと話し合っていれば済んだことですよね……。

なーんか、この主人公2人の喧嘩は、団真さんとお夕さんとの喧嘩とは訳が違うような気がします…。

「われても末に…」はおろか、「ああ、仲直りしてよかった♪」とも特に思えませんでした。夫婦で解決してくれよ、ほんとに…。世話のやける夫婦だ。

ちなみに私的に、どうも藤吉の怒鳴り声が苦手です。なーんか、若いニイちゃんが街中で見知らぬ人にイチャモンつけてるような声・言い方に聞えちゃう時があるんです。これは演技の好みの問題なんだろうと思うので、松坂桃李さんファンの方には申し訳ない感想なのですが…m(_ _ )m
なので、もう藤吉が怒るエピソードはいれないでほしい…(^^;)

あ!でも、今日の藤吉の「オネショ……」の力の抜けた言い方はちょっと笑いました♪あと、その時の隼也の「うん」って反応がめちゃくちゃかわいかった♡カレー食べてた時の隼也のニコニコした顔もすんごいかわいかった♡隼也役の子、自然で超かわいいです!

でも……昨日に引き続き、ライスカレーって何?藤吉がそんなに てんの作るカレーが好きでたまらないなんてエピソードありましたっけ…??

おトキの「家族3人でカレー食べたい」は、風太へのアピールでしょうか…!?どうなるんだ~!?この2人…!風太の相手はリリコじゃないのか?おトキなのか…!?気になります!
風太のてんへの想いも、いつ卒業できるんでしょうね。

団吾師匠に「お金やない」と言っていたてんと対照的に、しっかりお金を積もうとしている寺ギン。対照的な2者のどちらを団吾が選ぶのか…!?という展開になってきましたね。

しかし、先日、寺ギンは寺ギンなりに芸人たちのことを考えているということが分かるシーンがありましたが、今日の寺ギンは「50人くらい芸人の首を切ったら」と言ってましたね。あれれ?このギャップは何…?風太もびっくりしてましたね。もしかしたら、やっぱり寺ギンの本心は、芸人よりお金を優先していることが分かり、風太が寺ギンの元を離れるという伏線でしょうか?

孫が生まれたという岩さんに関する昨日のくだりが、「それでも裏切り者や~!」と言われて終わっていたので、「ちょっとキースたち冷たいな~(><;)」というとこが残念でした。ですが今日、少ないけど(笑)お祝いを渡したシーンがあったのでちょっとホッコリ(^^)♪

孫エピソードをあのままにしないでいてくれたのは嬉しいです♪
キースはアサリを誘ってましたね。先々週の放送で、藤吉から「2人でやったらどうや?」と言われてた刀ネタを思い出したんでしょうか。がんばれ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク大
スポンサーリンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 通りがかり より:

    こんにちわ。
    藤吉のアホが大量に買わされた古米を売りつくす勝負をてんと楓がさせられた時、てんがまずい古米をおいしく食べられるライスカレーを作って売りさばいた。
    それが唯一のエピソードだと思います。
    売りさばいたもののコストを度外視したため大損。
    その時、ごりょんさんが、それで正解。損して得取れ。利益を考えず大金を使わないといけないことがあると説きました。
    だから私は、藤吉のライスカレーを食べたいというのは、団吾を引き入れる価値のことだと思ったんですが、肩透かしでした。
    単に、カレーを食べたいだけだったんですね・・・・・・

  2. いそまる より:

    通りがかりさん
    おお~!!!!確かに!!!!
    そう考えると、ライスカレーが出てきたことにも納得できますね…!すごい!
    …ですが、おっしゃる通り「カレーが食べたいだけ」みたいで、そんなやりとり出てきませんでしたね…。ガックリ(^^;)
    「単にカレーが食べたい」って、一体なんのつもりなんですかね…?
    藤吉が「覚えてるか?あの時のカレーと同じなんや。分かってくれ」とてんに言う流れなら絶対「おお~!」と思えました。残念…。
    ちなみに、コメント冒頭の「藤吉のアホ」に大笑いさせていただきました(笑)