朝ドラ「わろてんか」第12週 第68回レビュー

お笑い大阪 春の陣2

今日のあらすじ

アサリは泥棒しようとしていたのではなく、夜逃げをしようとしていたと言う。

というのも、明日、田舎からアサリの祖父が大阪にやってくるらしい。

アサリの両親は早くに亡くなり、漁師の祖父がアサリと妹を育ててくれた。

祖父はアサリに漁師になってほしかったのだが、若い頃のアサリは漁師になることを嫌がり、大阪に出て立派に仕事をしてみせると祖父に約束をして家を出た。

その後 アサリは、稼ぎも世間からの信用もない芸人という仕事をしていることを祖父に知られることを怯え、普通の会社員をしているとずっと嘘をついてきたらしい。

(アサリの祖父は気が強いらしく、嘘がバレたら太平洋に沈められてしまうらしい・笑)

アサリの気持ちを理解したてん達は、アサリが会社員として立派に仕事をしている姿を見せて、祖父を安心させてはどうかと考える。

そこで、たまたま居合わせていた伊能の会社を使わせてもらうことに。

はじめは驚いた伊能だったが、アサリの祖父孝行のためにと、快く引き受ける。

翌日、伊能にスーツを借りたアサリは、伊能の活動写真会社の「専務」になりきって祖父と対面する。

会社に訪れたアサリの祖父は、そこがあまりに立派な会社であることを驚く。祖父は少しアサリを疑ったものの、最終的にアサリのことを信用し、成功を大喜びしてくれた。

夕方、アサリと祖父の件がうまくいきホっとしているてんと藤吉の元に、寺ギンと風太がやってきた。

寺ギンは、先日 てんが富(寺ギン派の芸人の妻)にお金を渡したことを知り、かなり怒って文句を言いにきたのだ。

近頃のお笑い界では、金を渡して助けるようにして芸人に近づき、そのうち「引き抜き」をしようとする汚いやり方が多いらしく、寺ギンは風鳥亭もそのつもりかと思って怒っているようだ。

藤吉は、てんが勝手にお金を渡していたことに驚きつつも、寺ギンに謝罪するも、芸人にろくにお金を渡さない寺ギンのやり方を批判した。

藤吉「もうちょっと芸人さんらを気遣ってやってもらえませんやろか?」

寺ギンは「これからは あんたんところ見習って、芸人には優しゅうするわ…」と意味深に言い残して帰って行った。

寺ギンの後に続こうとする風太に向かって、藤吉は声をかける。

藤吉「お前はこれでええんか。お前とこの芸人がひどい扱い受けてるのに、これでええのか」

風太「藤岡屋を辞めて迷ってた俺を拾ってくれたお人や…。あんなんでも…俺の笑いの師匠や……」

夜、隼也が眠り、てんが一人でいるところにリリコがやってきた。撮影で地方に出かけていたリリコは久々に大阪に帰ってきたので、隼也にたくさんお土産を買って来てくれた。

リリコは、女優業を辞めようとしていることをてんに話す。カメラに向かって演技をする女優業は張り合いがなく、高座に上がって客が笑ったり泣いたりしていることを直に見る方がリリコには合っているらしい。

そしてリリコは、風鳥亭でお茶子に雇ってくれないかと、本気か冗談か分からないにこやかな笑顔でてんに相談する。

翌日、てんと藤吉がリリコの今後について心配していると、寺ギンから電話が入った。

なんと、今日 風鳥亭に出演するはずだった芸人4組が 皆 生魚による食あたりで出演できなくなったと言うのだ。

藤吉「4組いっぺんに…!?」

寺ギン「腹いたなったと言うもん、無理強いできひんやろ。芸人には、優しゅうせんとな…」

もちろん、これは寺ギンの大ウソである。

藤吉は寺ギンの腹いせだと理解し、ひとまず今日の番組を組み直すなど、対応に追われる。藤吉の中で、いつまでの寺ギンの言いなりではいけないという思いが大きくなっていくのだった。

つづく

今日のあさイチ受け

有働さん「やっぱ笑いの世界のああいう…ライバル心というか戦いあるんでしょうかね」

いのっち「アサリはまたなんか、あれですよね。散々 言ってましたよ。皆に「裏切者」って。またあんなことやって」

有働さん「かわいいですけどね(笑)」

今日のわろてんかの感想

ついに、言いなりになってきた(らしい)寺ギンとの戦いが始まりましたね~。

今週をいれてあと2週で新年という ちょうどいい区切りもありますので、年内は寺ギンとの戦い 及び 「風太が寺ギンの元を離れ、ついに風鳥亭に来る…!?」という流れではないかと予想します。

んで、年明けからは また数年が経ち、ノリに乗っている風鳥亭からスタートするのではないでしょうか。

いや~しかし、寺ギンは嫌なやつですね~(^^;)

前に「芸人のことを実はしっかり考えている人」という描写があったのは 何だったんでしょうね??

完全に嫌なやつですね(笑)

アサリのおじいちゃん役の俳優さんは、朝ドラでよく見る俳優さんでした。アサリは、浅井利一っていうのね、本名。

この おじいちゃんの一件もこれで終わりではないですよね、多分?おじいちゃんは全てを見透かしているのかな…??でも、アサリのこんなワガママや嘘のために協力してくれる人たちがいるということは、おじいちゃんにとって とても大きな安心材料ですよね、きっと(^^)

伊能様は、オフィスがそのままでしたよねぇ…?貿易会社の社長を辞めさせられたのに…(笑)

細かいことは気にしない、それが、わろてんかスタイル(笑)

(藤岡屋が伊能様から「新しい薬を日本で作る」という事業展開に投資してもらったのに、結局 輸入しかしてなくて、新薬開発の描写が藤岡屋に一つもなかった大きな矛盾も私は決して忘れないぞ…w)

スポンサーリンク
スポンサーリンク大
スポンサーリンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする