朝ドラ「わろてんか」第12週 第71回レビュー

お笑い大阪 春の陣5

今日のあらすじ

風鳥亭のピンチを心配するトキは、風太を責める。

てんを助けるために寺ギンのところにいるのでないのか、寺ギンのやり方が正しいと思っているのか、と…。

そして トキは、今の風太は風太らしくないと訴える。

トキ「うちの知ってる風太は、そないな男やない…。あんたは、あんたらしゅうしてぇな……!」

風太は何も返す言葉がなかった…。

翌日、芸人を探して京都や神戸を走り回っていた藤吉が帰ってきたが、京都 神戸の太夫元にも寺ギンの手がまわっており、芸人はまったく見つからなかったらしく気を落とす。

てんは藤吉がいない間に資金の勘定をし、このまま2軒を休業したら二か月で運転資金がなくなることを伝える。

風鳥亭には、団吾引き抜きの際の借金もまだ残っており、あと二か月こんな状態が続いたら、寄席を2席 売らないといけなくなる。

てんは、自分たちを信じてくれる芸人のためにも、文鳥のところに行ってほしいと藤吉に頼み込む。

その頃 寺ギン派では、芸人たちが寺ギンのいない時を見計らって「風鳥亭に出たい」と風太に直談判してきた。

芸人たちは、風鳥亭に出演しないことで仕事が減って困っているだけではなく、風鳥亭は芸人を大事にしてくれるから力になりたいのだと言う。

そして芸人たちは、「最近の寺ギンさんは、借金で芸人をしばってめちゃくちゃする」と不満を訴えるのだった。

風太は芸人のためを思い、寺ギンに「うちも月給制にしては」と提案するが、案の定 否定される。

風太は芸人の不満がたまっていることを話すが、寺ギンは「借金さえ返すなら出て行ってもろてもええ」とそっけない。

たまりかねた風太は、「生きてるもんを救いたい」と話していたはずの寺ギンが変わってしまったことを必死に訴える。

風太「いつからアンタは金の亡者に成り下がったんや…!今のアンタは、芸人を物扱いするだけの ただのなまぐさ坊主やないか…!!」

寺ギン「わしが変わったんやない。お前に人を見る目がなかっただけや。そんな役立たずはもういらん。クビや!」

こうして風太は寺ギン派を抜けることとなり、荷物を持って街をさまよう。

風鳥亭の傍を通った時、てんとトキが小屋をきれいに掃除しているのが見えた。

寺ギンのせいで休業を続けている風鳥亭本店だが、てんとトキは「こういう時でないと、きれいにできひんさかいな」と笑顔で健気に頑張っているのだ。

夜、文鳥師匠に会うことを決めた藤吉は、文鳥師匠がいると聞いたお茶屋に向かう。

しかし、そこにはなぜか寺ギンがいた。

寺ギン「遅かったな…、オチャラケ派と伝統派は手を組んだんや」

気を落として店に戻った藤吉は、文鳥師匠のことをてんに伝える。

店は既に、今月分の月給を支払えるかどうか危険な状態だ。

てんと藤吉は頭を抱える。

翌日、風鳥亭に寺ギンがやって来た。

寺ギン「困ってるんやろ。わしが ここ買い取ったるで。もともとここは、わしが目を付けてた小屋やったしな。この様子ではひと月ももたんやろ。売るんやったら今やで」

つづく

今日のあさイチ受け

受けはありませんでした。

今日のわろてんかの感想

トキの訴えが切なかった~。風太らしくないよね…。私も同意です。

ようやく寺ギンの元を離れてくれたので、今後が風太らしくあることを願います!

寺ギンの性格が変わったんじゃなくて、風太に見る目がなかったそうですが…いや 寺ギン絶対変わったって!(笑)というか、あの「生きてるもんを救う」と話した時だけ寺ギンのキャラが違ってたって!(笑)脚本で風太をふりまわさないで!(^^;)

再登場した文鳥師匠が寺ギンと手を組んだというのはビックリ!(文鳥師匠さんが再登場したこともビックリでした)

でも、きっと文鳥師匠には何か考えがあるのではないかと思いますので、今後の流れを注視したいと思います!

だけど、文鳥師匠には「寄席の色を決めろ」と忠告されたことがありましたよね。

風鳥亭が はっきり「うちらの寄席はこの色です!」と明言するシーンはありませんでしたが、寺ギンに「仕事帰りの疲れてる人たちにはオチャラケ派のような芸がぴったりやと思ってたんです!」と、藤吉とてんが言うシーンがあったので、それがすなわち「色」なのかなって思ってました。

でも、それで言うと、文鳥師匠の伝統落語派に出演依頼すると、「色」がダダ崩れですよね…。

その辺りはどうなんだろう……。

藤吉は、京都にも神戸にも行ったのに、やっぱり団真さんはいなかったのね…(^^;)

団真さんのことはなかったことになってるの~!?どんな脚本~!(笑)

てんは、壺の中に何かを隠しているみたいですね。お金…でしょうか?「始末 才覚 算用」の額をじっと見つめて考えていたみたいですし…。

もしお金だとしたら、何に使うかというのが重要になりそう。ただ数か月分の月給を払うだけでは、当面の運転資金にするだけだから、北村屋の家訓とは違うと思うし。

誰にも言わずに考えて迷っているみたいなので、何かすごく大きなことを考えているんでしょうか?

てんが一体 何をするのか楽しみです。

そうそう、今日は亀さんこと内場勝則さんの「え゛~!?」が聞けました♪(^^)

スポンサーリンク
スポンサーリンク大
スポンサーリンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする