朝ドラ「わろてんか」第13週 第73回レビュー

エッサッサ乙女組1

今日のあらすじ

大正10年、秋。

てんと藤吉の息子 隼也は7歳になり学校に通いだした。

北村笑店は会社の事務所を南地風鳥亭に移し、藤吉は北村笑店の代表取締役兼総席主に、てんは取締役経理になった。

風太は大番頭、すなわち総支配人として各寄席の席主を監督する立場に。

トキも出世し、てんの経理を手伝うようになった。

風太とトキは相変わらず口喧嘩ばかりだ。

この日も南地風鳥亭は満員御礼。

舞台では、後ろ面を取り入れた夫婦漫才をやるようになった万丈目と歌子が客を盛り上げる。

そんな中、伊能が風鳥亭の事務所を訪ねてきた。

伊能は宅地開発が大成功し、新時代の開拓者としてマスコミに取り上げられるようになっている。

伊能は、新しい活動写真の完成披露パーティーの招待状をてんに渡す。

しかし、なんとなく様子がぎこちない。

それを察した風太は、帰り際の伊能を呼び止め、2人で話をする。

伊能は、活動写真の大きな流行が寄席を飲み込んで滅ぼしてしまうかもしれないという個人的な危惧を風太に話すのだった。

それを聞いた風太は「伊能に負けていられない」と、北村笑店の新しい活動を思い付く。

本場の踊り手を集め、「安来節」を大阪で流行らせようというものだ。

(※安来節…島根県出雲地方 安来に伝わる伝統民謡。どじょうを救う時の動きに見立てた踊りが特徴的で、当時 人気を集め始めていた)

それを聞いた藤吉は、やってみる価値があると判断し、早速 島根に向かうことにした。

島根に着いた藤吉だったが、安来節に目を付けたのは北村笑店だけではなかった。名古屋や東京からも安来節に注目して踊り子探しに来ているライバルがいたのだ。

焦った藤吉は、手付金を沢山払って良い踊り子を獲得しようと決め、大阪のてんに「すぐ金を持ってきてくれ」と電話をかける。

大金を持たせられる風太や亀井が不在のため、隼也をトキに預けて てんが島根に向かうことに。

翌日、島根に着いたてんは藤吉に合流する。

すると、藤吉が若い踊り子たちと楽しそうに安来節を踊っていたので、てんはビックリ!

自分でも実際に踊ることで安来節の魅力を感じたと言う藤吉は、早速 明日 オーディションを開いて良い踊り子さんを決め、大阪に連れて行こうと決める。

つづく

今日のあさイチ受け

今日は受けがありませんでした~。残念。

ゲストの木村佳乃さんの提案で、皆でクリスマスらしい被り物を被って番組スタートでした(笑)木村佳乃さんはいつも明るくていいなぁ♪

今日のわろてんかの感想

歌子さんうまい~!!ほんとに あんな漫才師さんいそう!!(笑)いいわ~!歌子さん、ますます好きになりました!いい配役!

歌子さんは、いつもきついこと言ってても、実は万丈目さんの後ろ面の芸の一番のファンだってことが以前の放送で伝わってきたので、一緒に芸をやってるってことも割と自然な流れだし、ここはすごく好きな展開で嬉しいです!

ふがいない旦那を支えるために、お店を切り盛りしているって設定もかっこよくて好きだったんですけどね(^^)いや~歌子さんはいいわぁ~!♡

夫婦漫才かと思いきや、万丈目さんが大好きな後ろ面をうまく取り入れた漫才!これも良かった~!万丈目さん、キースとアサリが新しい芸で売れっ子になっていた頃も伸び悩んでいるみたいだったら、笑顔で頑張っている姿はほんとに嬉しいです!

風太とおトキは相変わらずでしたね~。

今日おトキが「結婚したら住みたい」とか伊能様にチラっとってたんですけど、前にも「結婚したら家族でカレー食べたい」みたいなこと言ってましたよね。やたらおトキから結婚へのあこがれの言葉が出るのは、きっとおトキが結婚する伏線のはず!相手が風太だといいなぁ♪

先週 土曜の放送で、リリコ派からおトキ派に鞍替えした私…(笑)

伊能様は、「足りないものに気付いた」とか「寄席を滅ぼしてしまう」とか、意味深なこと言いますね…!なんだ、なんだ…!?

藤吉は相変わらず突っ走ってますね~!(笑)これぞと思ったら一直線。もう藤吉が大きなミスをするとか夫婦仲がこじれるとかいうイライラするエピソードはないだろうと思うので、ゆったりした気持ちで見守ろうと思います(笑)

スポンサーリンク
スポンサーリンク大
スポンサーリンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする