朝ドラ「わろてんか」第13週 第74回レビュー

エッサッサ乙女組2

今日のあらすじ

てんと藤吉は、踊り子の親御さんに安心して大阪に送り出してもらえるためのしっかりした金額を用意し、誰を合格にするか話し合う。

藤吉は「踊りのうまさ」や「見た目」などの観点で選ぼうとしたが、てんは、若い娘さん本人が親元を離れてやっていけるかという点が肝心だと考える。

藤吉もてんの考えに共感し、採用したい踊り子を選ぶ。

そして、4人の娘さんが合格者として選ばれた。

見た目が良く、本人も自信に満ち溢れている勝部なつ。

おっとりして笑顔が良く、食べることが大好きな小豆沢とわ。

とにかく通天閣を見たいというちょっとミーハーで明るい錦織あや。

控えめだが踊りが一番うまく、安来が大好きだがお金を稼ぐために大阪で働いて、稼いだお金で兄弟の学費や親を助けたいと言う安達都。

しかし安達都の父親が、安来節の踊り子として大阪に行くことを猛反対してきた。うまい話に乗せられているのではと娘を心配しており、そう遠くない紡績工場で働かせようとしていた。

都は、踊り子として稼ぎたい、夢をみたいと父に懇願するが、父に無理やり引き戻されてしまうのだった。

その姿を見たてんと藤吉は、てんの父・儀兵衛を思い出す。

てんを守りたいがゆえに結婚を反対した儀兵衛。

てんと藤吉も親となり、今はその気持ちがよく分かるようになった。

海辺を歩きながら、てんと藤吉はこうして2人で旅に出るのは初めてだと気付く。

藤吉「てんは…後悔してへんか…?」

てん「するわけないですやろ。好きな藤吉はんと生きてこれた。こない幸せなことありまへん」

藤吉は照れて鼻をかいた。

2人は、てんの父に結婚を頼んだ時のような気持ちで、都の父にぶつかると決める。

翌日 てんと藤吉は都の父に、親がわりとして都の面倒を見る覚悟を伝える。

女子寮を作って朝から夜まで責任を持って面倒をみること、芸人を家族だと思っていること…。

藤吉「大阪に行かせて良かったと、思ってもらえるよう頑張ります」

てん「うちらの娘は必ず幸せにしてみせます」

都「…お父ちゃん…お願いだけん、私が大阪に行くのを許してごしない…!」

てんと藤吉、そして都本人の覚悟が伝わり、都の父は、一人前になるまで帰ってくる家はない言って大阪行きを許してくれた。

つづく

今日のあさイチ受け

有働さん「親御さんからしたら、一人娘をね…」

いのっち「ダメかなぁと思ったけどね…てんちゃんもお父さんと重なったわけですね」

有働さん「そうですよね、これだけ大事にすると言われたらね」

今日のわろてんかの感想

安来節の踊り子さんとして4人の娘さんが登場ですね。

都さんのお父さんと、親になったてんと藤吉、昔の儀兵衛さん、みんなそれぞれ子を思う気持ちは一緒ですね。

そりゃ娘がいきなり「大阪の北村笑店っちゅうとこで踊り子になります」とか言われたら、「え?!怪しいとこじゃないのか!?」と親は心配になりますわな(笑)

あれですね~、てんと藤吉がしっかりしてきましたね。

てんの言葉に鼻をかいて照れる藤吉がちょっとかわいかったです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク大
スポンサーリンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする