朝ドラ「半分、青い。」第8週 第46回あらすじ・感想

朝ドラ「半分、青い。」第8週 第46回あらすじ・感想

助けたい!4

今日のあらすじ

秋風(豊川悦司)が新連載の話を断ったことを知った菱本(井川遥)。最近の秋風の行動に違和感を覚えていた菱本は、その理由を秋風に問い詰めるが、はぐらかすばかりで会話にならない。一方、喫茶おもかげを訪れた鈴愛(永野芽郁)は偶然居あわせた正人(中村倫也)と何やら接近の予感…?その頃、秋風が置き手紙を残してふらっと旅に出る。訪れた先は岐阜の楡野家。驚くも歓待する晴(松雪泰子)らの目の前で、秋風が涙を流す。

(YAHOO!テレビGガイドに掲載されているあらすじを引用)

今日のあさイチ受け

大吉さん「ふぎょぎょということで」

近江ちゃん「ふぎょぎょ」

華丸さん「動きがありましたね」

大吉さん「いつの間にあんな仲良くなったの?」

華丸さん「いやいや、今日急にですよ!いやいや、僕の中では「朝ドラ ムービング サーズデイ」

大吉さん「ムービングサーズデイ?」

華丸さん「事が動く木曜日!」

大吉さん「そういう言葉あるんですか?」

華丸さん「僕の中ではね!金曜じらして土曜解決、みたいな。なんとなくですよ!どの朝ドラも」

大吉さん「木曜日は比較的動きがあると」

近江ちゃん「重大な木曜日」

朝ドラ ムービング サーズデイ(笑)一理あるかも(笑)

今日の解説と感想

連載を断ったことだけでなく、ここのところの秋風先生の行動や言動に違和感を感じていた菱本さんは「再発してるんですか?」と秋風先生を問い詰めましたが、秋風先生ははぐらかします。この会話から、秋風先生は以前に病気を患っていたことが分かりました。

この場では再発を否定する秋風先生を信じようとする菱本さんですが、最後に言い残したこの言葉はぐっときました。

菱本「先生…。5分でいいから私より長く生きて下さいね。私、先生のいない世界に、生きる勇気はありませんので…」

恋人同士ではないようですが、なんというか…2人の間にはやはり独特の愛情があるみたいですね…。

そしてその後、アルバイト代を受け取りに来た律と菱本さんが2人きりに。(締切日明けだったので秋風先生もアシスタントもお休みだったので)

そこで、「少し、旅に出る」と書き置きを残して秋風先生がいなくなったことが発覚しました。

菱本さんは律に先生の病気のことを話します。

菱本「5年前、ガンになったんです。秋風。その時は手術をして助かったんです。だから、ああして元気に…。元気だったのに……。再発したんだわ……!」

そうだったのか……。菱本さんは完全に「再発している」と思っていますが…、うーん………このドラマにありがちな「スカシ」展開もありえそう…!けど、こんな話題でスカすか…?こんな話題だからスカすということもありそう…。菱本さんの今日の時点での大泣きも「フリ」に見えなくもない…。

けど、先生はやっぱり時間を気にしていますよね。新連載を断った理由として「新人を育てるのに時間が足りない」的なことを言ってたし…。どうなんだろう…続きが非常に気になります。

サブタイトルが「助けたい!」なので「再発」にはスカシがあって、先生が抱えているのは鈴愛が助けられるような内容だった…という展開になるのかな~と期待しているのですが…。

今回ばかりは「スカシ」希望です。

一方 鈴愛は「喫茶おもかげ」の公衆電話から岐阜の菜生ちゃんに電話。(急にアルバイト募集をし始めた「おもかげ」も何か起こりそう!)

100円玉が切れるというところで、突然現れた正人くんがサっと300円を補充し、驚く鈴愛にニッコリ。…これはかっこいい……、これは非常にかっこいい……!!!!今日正人くんが着てたスーツも、いつもの感じとギャップがあって尚更かっこいい!あかん、かっこいい!!

菜生ちゃんとの会話の中で「菜生ちゃんがくれたカエルのワンピースは、初デートの時に着ると決めてる」と鈴愛が言ったのですが、電話が終わった後 正人くんは鈴愛に「カエルのワンピース、着た時見せて」と微笑みます。

おお…!?おおお……?!!!どうもこの2人はこれから進展していきそうな気配ですね。けど正人くん、女たらしですもんねぇ…というか、人たらし…?まったく悪気のない「たらし」くんなので…もしこの2人が恋仲になったとしたら鈴愛が心配…。けど、とりあえずはデートすればいいよ!かっこいいから!(笑)意外にも鈴愛も乗り気みたいだったし(笑)

そして、旅に出た秋風先生はなんと楡野家へ。これか!このために楡野家を「桃源郷」と言ってたシーンがやけにクローズアップされてたんですね!食堂が開店するのを待つ秋風先生の姿には笑いました。近所の子供がめっちゃ怯えてた(笑)

最初こそ驚いたものの、先生をあたたかく迎えるハルさんたち。先生は仙吉おじいちゃんとお酒を飲んだり、用意してもらったおいしいものを食べて涙を流します。

このシーンはなんか優しくて良かった…。昨日も書いたけど、秋風先生のキャラが定まってないようにも感じるのですが、それでもこういう先生の丁寧な人柄は好きです。

早く先生の「本音」を聞きたいな…。

ハルさんは東京の鈴愛に電話して、先生が来て泣いていることを伝えます。菱本さんにそれを伝えようとしたのか、鈴愛が事務所にいくと、泣き崩れる菱本さんの隣に寄り添う律の姿がある――――と、いうところで今日は終了。

正人くんと鈴愛、秋風先生と菱本さん、続きが気になります!

関連記事
「半分、青い。」全記事一覧

「半分、青い。」年表

スポンサーリンク
スポンサーリンク大
スポンサーリンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加