朝ドラ「半分、青い。」第9週 第49回あらすじ・感想

朝ドラ「半分、青い。」第9週 第49回あらすじ・感想

会いたい!1

今日のあらすじ

なかなか漫画が上達せず、秋風(豊川悦司)に叱られてばかりの鈴愛(永野芽郁)。喫茶・おもかげを訪れると、元気のない鈴愛を見かねたアルバイトの正人(中村倫也)がパフェをプレゼント。さらに鈴愛を喜ばせる“あること”を思いつき、正人は店を飛び出していく。そのころ律(佐藤健)は、放課後の大学構内を歩いていると、懐かしいピアノの音色を耳にする。音につられ部屋をのぞくと、意外な光景が目に飛び込んでくるのだった。

(YAHOO!テレビGガイドに掲載されているあらすじを引用)

今日のあさイチ受け

今日はあさイチの放送はお休みでした。

今日の解説と感想

主なエピソード

鈴愛は、日中 秋風に漫画のネームを見てもらったが、その中のセリフ「あなたが私の王子様」を現実的でないと酷評されてしまった。喫茶おもかげにて落ち込む鈴愛に、正人は手作りパフェをプレゼント。鈴愛はふと「正人君、あなたが私の王子様」と口に出してしまい、なんだか妙な雰囲気に。

ごまかすために鈴愛は、「上に花火が立っているパフェもあるよね」的なことを矢継ぎ早に話す。しばらくして正人はこっそり店を飛び出し、パフェに立ててあげようと鈴愛のために花火を買ってきた。しかしマスターから「食べ物に立てる花火は専用の物を使う」と指摘されてしまい、鈴愛も正人もガックリ。「鈴愛の喜ぶ顔が見たかった」と言う正人に、鈴愛は一緒に花火をしないかと誘う。

一方、大学にもすっかり慣れた律は、校内から聞こえてきたピアノ曲「ふるさと」に引き込まれるように、とある研究室に入った。そこでピアノを弾くロボットと、それを作ったと宇佐川先生と出会い、ロボット工学の話を興味深く聞く。


とりあえず正人君が今日もかっこいい。

正人君と鈴愛のBGMが「ラブストーリーは突然に」似のものになってますよね(笑)キョンキョンの歌とかは使わせてもらえるのに、本家の曲は使えなかったのかな(笑)

恋の曲をリピートし続ける鈴愛を見て、どうやら恋したらしいと気付くボクテくんとユーコさん。すっかり仲良しですね。秋風先生の「炭水化物要因」狙いが当たったのか…!?(笑)ボクテくんが「自分で編集した片思い曲ばかりのカセットテープ」があることを話していましたが、「あるある」じゃないですか~?(^^)私はMDでしたが、MDごとにテーマを決めて録音してたな~。(あの頃はまさかMDが世の中から消えるとは思ってもなかった……大量に音楽を録音していたMDは聞ける機器が壊れた今も捨てられずに置いてあります…笑)

鈴愛は正人君に恋しちゃったみたいですねぇ。急な気もしますが…(^^;)でも、恋に免疫がない女の子ほど、正人君ほどに露骨に優しく&女の子扱いされたら好きになっちゃいますよね~。鈴愛自身「おおむね両想い」ってボクテくんたちに話してたし。でもな~ほんとどうなるのかな…正人君、たらしだからなぁ……。最終的には鈴愛が泣くことになっちゃうんだろうなぁ。

律はロボット工学の熱意ある先生と出会いました。律にとって大きな意味を持つ出会いになりそうな予感ですね。ロボットの基本は、義手や義足など「人間の欠けている部分を助けるため」ということを聞いた律は、左耳を失聴している鈴愛の助けにもなるのかと考えました。おおお。なんだかすごい話になってきた。

話が盛り上がって律を気に入った宇佐川先生は、なぜかさりげなーく部屋の鍵を内側から締めました。……ちょ、おい!なぜ!!なんでだ!!(笑)

律は何をされるんでしょうか……明日が非常に気になります(笑)

明日からはカーネーションの夕方再放送も再会しますよ~♪楽しみです♪

感想記事はボチボチ頑張ります~(^^)

関連記事
「半分、青い。」全記事一覧

「半分、青い。」年表

ちょっとだけ拍手お返事

Yさん…「懐かしいでしょ?ね?」ですよね……ちと多いですよね…。ボクテくんと正人くん、あとユーコさんも、一体いつから東京に来てるのか謎を感じます。

一応ワタシの中では、ユーコさんはもともと東京だから学生時代からバイトでアシスタントをしていた、ボクテくんはまだ未成年だけど学年で言ったら鈴愛たちより1コ上なのでは…!?(だから去年から働いていたのでは?)と補完しています。が、そう考えてもなぜ「同期」なのか分からない…(^^;)

正人君にいたってはどう考えても辻褄が会わないですよね。なんで鈴愛たちと同学年なのに、入学式おわった直後あたりですでに東京に彼女が何人もいて、部屋もあんなに住み慣れた感じなんだか…(笑)

スポンサーリンク
スポンサーリンク大
スポンサーリンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする