朝ドラ「半分、青い。」第10週 第55回あらすじ・感想

朝ドラ「半分、青い。」第10週 第55回あらすじ・感想

息がしたい!1

今日のあらすじ

ある日、律(佐藤健)は清(古畑星夏)を自宅に招く。そこで清は部屋に飾られた律の幼なじみ4人、梟(ふくろう)会の写真を見つける。律の隣で笑顔を見せる鈴愛(永野芽郁)にやきもちを焼く清。そのころ、鈴愛が暮らす秋風ハウスでは、晴(松雪泰子)がちらかった部屋の掃除に精を出していた。夜になり、鈴愛の部屋の扉がノックされ晴が扉を開けると、アシスタント仲間の裕子(清野菜名)とボクテ(志尊淳)が立っていて…

(YAHOO!テレビGガイドに掲載されているあらすじを引用)

今日のあさイチ受け

大吉さん「さ、朝ドラ評論家として?どっちですかね、明日は」

近江ちゃん「ね、お母さんか…」

華丸さん「デートですね、多分、あの顔は。今一番燃えている頃ですから。私としては親の立場ですから、そりゃイタリアンいってほしいですよ!」

華丸さん「昔はああやって(雑誌を使って映画の)時間を調べてたんですよ」

大吉さん「今はスマホですけど」

近江ちゃん「そっかぁ…」

大吉さん「でもね、近江ちゃんとね、「職場に親が来るって結構きついかもね」って…」

近江ちゃん「エプロン着て三角巾付けてお母さんが来てくれたら、嬉しいけど…ちょっと恥ずかしい…」

華丸さん「人のお母さんがにぎったおにぎり、食べれないタイプ?」

大吉さん「その話はしてない(笑)」

確かにね…親が職場に来るのはね…(^^;)

今日の解説と感想

律と清が月曜から見てらんねぇぇぇぇぇ!!!!!

律「俺も大学歩くの好き。清が自慢だから」

清「バカ…(嬉)」

普通に家でデートする。

律の左手の薬指の爪にだけマニキュアを塗る。

「鈴愛」の存在にヤキモチをやく。

それを可愛いと思う律。

律に抱き付く清。

清「このまま死んでもいい、なんて。」

ぎゃーーーーーーす!!!!!!!!!!!!!

これはきつい。いろんな意味できっつい……。律のキャラも変わってて生々しい…。

とりあえず、「彼氏の爪一本だけマニキュアを塗る」ってのが、なんというか…「私の彼氏」アピールがすごい……!こわい、なんかこわい~!自分が第三者だとして、マニキュアを見つけたら「彼女」の存在をめちゃくちゃ感じますね。なんか清さん、プライド高そう、女が気付く嫌な女感がプンプンしてきた。刻印押してるみたい。左の薬指ってとこがまたヤバイ。秋風先生の「こういうディテール、意外と大事ね」を思い出します。

私はというと、こっぱずかしくもあり、引きつつもあり、複雑な印象すぎて結果的にめちゃくちゃ無表情でこれを見るという…(笑)

ハルさんがおにぎりを沢山作ってオフィスティンカーベルに来たシーンでは、鈴愛が「お母ちゃん」を「お母さん」に言い換えましたね。おお!ちょっと成長しとる!おばちゃん、びっくりや!(笑)そこでひしもっちゃんの「いいんですよ、お母ちゃんで」というのが優しくてプチ感動。

美味しくおにぎりを頂いて幸せ気分になったらしいユーコさんとボクテくんは、ハルさんにイタリアンのランチ券をプレゼント。なんちゅうええ子らや(´;ω;`)

ユーコさんとボクテくんは、それぞれの事情で家族仲があまり良くないみたい…。ハルさんのおにぎりが染みたみたい。2人とも、自分の母ではないのに嬉しそうに接してて、その顔が良かったです。

さて、もう数日いる予定だったハルさんでしたが、お父ちゃんからの電話で、急きょ明日岐阜に帰ることになりました。(食堂に大口の仕出し注文が入ったので対応しないといけない)

そんなわけで、せっかくのランチを明日行きたいと鈴愛を誘うハルさんと、明日 正人くんデートをする予定になっている鈴愛。

おおお………。どうする、鈴愛…。

でも、正人くんとは次の休みでも会えるやん!お母ちゃんでしょう、ここは。正人くんなら分かってくれるだろうし!…けど、そういう問題じゃないんですよね…鈴愛が「会いたい」んですよねぇ……(^^;)

関連記事

「半分、青い。」全記事一覧

「半分、青い。」年表

スポンサーリンク
スポンサーリンク大
スポンサーリンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. るんるん より:

    いきなり恋愛ドラマモード入って、きっついですよね~(^^;)時間の経過と登場人物の気持ちが理解できない?まま、ポーンと違う世界に飛ばされたような・・・鈴愛はおかあちゃん置いてデートですよね。きっと・・・

  2. いそまる より:

    るんるんさん
    恋愛モード入りましたね~。=ポエムモードになるので、更についていけない感じ…(笑)
    そうそう、「登場人物の気持が理解できないまま」に同感です。正人くんを好きになったのも、「男性に免疫ない中で、ものすごく優しくされたから」にしか思えていません。(自分を元気づてるために正人くんが走ってくれた花火のくだりとかはあったのは分かってるけど…)
    それと、おっしゃる通り、ドラマ内の時間が早すぎるのもありそう。まだ夏にもなってないのに、漫画アシスタント業も恋もサクサク進んでますね(^^;)