夕ドラ(再放送)「カーネーション」第8週「果報者」第44話~第45話 感想

朝ドラ「カーネーション」を再放送で初視聴。不定期で感想を書きます。

初見&予備知識いっさいナシなもので、2度目の視聴をされている方からしたら「それ違うよ~」「その予想間違ってるよ~」などツッコミたくなることもあると思いますが、お許し下さい(笑)

第44話「果報者2」感想

あらすじ

糸子の叔父・正一は、時々 自身の仕事のための「市場調査」で小売店を周っており、そこで川本と知り合ったのだと言う。その際、川本が「岸和田に良い婦人服の職人がいる」と言い出し、正一が詳しく聞いたところ、それが糸子のことだったのだ。

川本が糸子に何かを言いかけるが、正一は「焦ってはいけない」と川本を止めた。糸子はそんな2人のことをただ不思議がるばかりであった。

3人が入った喫茶店は糸子と勘助の同級生・平吉が勤める喫茶店だったため、平吉と勘助が連れだって、糸子の「結婚」をからかいにやってきた。しかし何も分かっていない糸子に呆れ、平吉は自分が知っていることを語る。

一週間ほど前、平吉の喫茶店で正一と善作が会っていた。その時、正一が川本という青年と糸子の結婚を、善作に勧めていたのだと言うのだ。

結婚に興味がない糸子は我関せずだが、勘助たちを通じて噂は広がってしまう。

ある日、奈津が糸子のもとを訪ねてきて「祝言はうちであげや」と言って去って行った。

一方、商売がいまいちうまくいっていない糸子は、玄関付近の格子をのこぎりで切り落として店がまえを変え「ショーウインドースペース」を作る。


正一さんと川本さんが知り合ったのは、本当に偶然だったワケですね。びっくり。

(「市場調査」をしているという正一さんの話を、糸子が興味深げに聞いている気がしました。今後のお商売のヒントにもなるのかな??)

川本さんは糸子のことをよく理解していて、婿養子に入っていいと言っているそうで。あらぁ………。糸子は恋のコの字も知らないのに、話が急に盛り上がってきました。うーん……。

駒ちゃんが、奈津と糸子の関係について「仲いいの?」と思わず聞いていましたが、分かるわ~駒ちゃんのその疑問(笑)。

本当に特殊な関係ですよね。奈津、店で祝言やってほしいのも本音だろうけど、単純に糸子の結婚が気になってるのもあるんだろうなぁ(笑)

糸子の最後のモノローグ「人っちゅうんは、うちの知らんとこで、案外つながってるもんなんやなぁ」

これって、糸子と川本さんにも言えることなのかもしれないですね。

第45話「果報者3」感想

あらすじ

糸子の家に、仲が良くないはずの善作と神戸の祖父が一緒にやってきたので糸子は驚く。

何の要件かと思えば、なんと2人は、川本との結婚を糸子に勧めに来たのだ。

家柄や性格も申し分なく、糸子の仕事への想いを理解し、なおかつ自身も紳士服洋裁の職人である川本はこれ以上ないピッタリの相手……だと熱弁されるが、結婚のケの字も考えたことがない糸子は戸惑う。

しかし、そんな糸子の気持ちをよそに、善作たちはたいへん乗り気。結婚の噂は町内にまたたく間に広がっていった。愚痴をこぼす糸子に、八重子は自分が結婚した時もそんな感じだったと話してくれた。

八重子も結婚に興味がなく、美容師になりたいと思っていた。そんな時、突然 泰蔵との結婚話が持ち上がった。泰蔵の家は髪結屋なので「八重子が美容師仕事をやっても誰にも咎められない・ピッタリの相手だ」と糸子と同じように周囲から勧められ、八重子は流されるようにその話に乗った。結果として、仕事もやらせてもらっているし結婚して良かった、親の言う通りだったと感謝していると話す八重子に、糸子の心は揺れる。

また、糸子の結婚話に大喜びしてうれし涙をこぼす母・千代の姿を目の当たりにした糸子は「結婚しない」とは言い切れず、結婚話はあれよあれよと言う間に進んでいった。

糸子自身は、盛り上がる周囲をよそに、まるで他人事のような感覚であった。

そんなある日、小原洋裁店に困り事を抱えていそうな男性客が仕事を依頼しにやってきた。


神戸のおじいちゃんもおばあちゃんも元気や!ほっとした~!!!!!!

だって先日の2人の様子を見てたら、もうおじいちゃんはこんな風に出歩いたりできひんくなってるのかと思ってました!よかった~!!!!

かわいい孫の結婚話…というのが、2人を元気にしているのもあるのかなぁ。

八重子さんと泰蔵兄ちゃんは恋愛結婚だと思ってました。「泰蔵兄ちゃん、硬派な感じやったのに、意外とやるやん♪」と、いつも思っていました(笑)

八重子さんと糸子の状態はすごく似てますね。その八重子さんに、結婚話に乗って良かったと言われたら…糸子も迷いますね…。しかも、お母ちゃんがあんなに喜んでくれて…。

糸子の結婚話なのに、糸子を置いて進んでいっています。仕事に関してはあんなに自分からグイグイと入り込んでいく糸子なのに、今回は、中心にいるはずなのに、外側にいるみたい…。なんだかなぁ……。けど、恋のコの字も知らないし、結婚なんてひとっつも考えたこともない糸子には仕方ないかも…。多分ほんとに「何もわからない」状態で、なんの判断もできないんでしょうね。しかも、八重子さんや奈津同様、周りが決めた結婚というのは珍しくないし。

え~糸子、ほんとにこのまま結婚しちゃうの?しちゃいそう。祝言の日も決まってるんだし、予告映像にもあったし…。えええ~意外な展開だわ。

逆に川本氏は、なんちゅう棚ボタ男…。糸子に相手にされてなかったのに、偶然 糸子の周囲を味方につけることになるなんて。今 嬉しくてたまらんでしょうね。でも、川本さんは確かに糸子にピッタリ…ぽい。悪い人には思えないし、糸子がいないところで正一さんに「良い婦人服の職人がいる」と言ってたってことは、糸子の仕事への姿勢を本当に理解&評価してくれてそうだし。そんな人は確かにいないかも…。

関連記事
「カーネーション」全記事一覧

「カーネーション」年表

スポンサーリンク
スポンサーリンク大
スポンサーリンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加