朝ドラ「半分、青い。」第12週 第71回あらすじ・感想

朝ドラ「半分、青い。」第12週 第71回あらすじ・感想

結婚したい!5

今日のあらすじ

裕子(清野菜名)が結婚してオフィス・ティンカーベルを去る日を迎えた。ここで思春期を過ごし、漫画に打ち込んできた裕子を、秋風(豊川悦司)や菱本(井川遥)は娘を送り出す気持ちで見送る。鈴愛(永野芽郁)は裕子が使っていた漫画道具を引き取り、秋風のもとでがんばろうと気持ちを新たにする。そのころ岐阜では、晴(松雪泰子)や和子(原田知世)らが、貴美香(余貴美子)の還暦パーティーを開催しようと盛り上がり…

(YAHOO!テレビGガイドに掲載されているあらすじを引用)

今日のあさイチ受け

今日は、ワコさん役の原田知世さんがゲストでした~。

生放送で緊張気味&自分のアップで番組スタートということで、たどたどしかった原田さんを、華丸さんがフォローされてました♪

華丸さん「ドラマの最後がね、動揺されてましたね。仲良くやってるもんだと思ってましたよね、鈴愛と律が」

大吉さん「ちょっとあれかもしれませんけど」

今日の解説と感想

あらすじ補足

・ユーコの結婚式当日を迎えた。鈴愛は、秋風がユーコを引き止めなかったことが意外だったと秋風に話す。秋風は、ユーコが求めていたのは「居場所」だと思ったからだと語る。鈴愛は、自分はここで漫画を頑張ると誓う。

・結婚式後、この夜、ユーコは秋風ハウスで過ごすことを選び、2人は秋風ハウスで過ごす最後の夜のおしゃべりを楽しむ。

・翌日、秋風や菱本に御礼を言い、鈴愛に激励を送り、ユーコは秋風ハウスから引っ越した。ユーコが出た部屋に入りたいと言っている他の漫画家がいたが、秋風は、いつユーコが帰ってきてもいいように(ユーコの帰る場所をつくるため)、しばらくは部屋を空けたままにすることを決める。

・その夜、ユーコとの日々を思い出し、初めてペンをにぎった頃にユーコからもらったスクールペンを握りしめ、鈴愛は涙する。

一方 岐阜サイド

・岐阜の楡野家では、ユーコが漫画家を辞めて結婚することが話題に。話題は鈴愛のことに移り、「漫画家でも売れず、結婚もできなかったら、鈴愛はどうなるのか」と、家族は少し不安を感じる。

・貴美香先生の還暦祝いのパーティーをすることになり、貴美香先生がとりあげた子供たちも呼ぶことになった。

・ブッチャーと菜生は、パーティーに先駆けて久しぶりに喫茶ともしびに集合。ブッチャーは卒業後、名古屋の建設会社に就職。菜生は名古屋デパートに勤務している。

・鈴愛がパーティーに来れないと聞いた2人は、鈴愛に電話をかける。

・パーティーのことを2人からの電話で初めて知った鈴愛。「律が来る」と聞き、固まる。


ユーコの相手、偽物バッグを買った東京03の人じゃありませんでしたね。お相手は、引き出物(写真入りの時計)でしか映りませんでしたが、「ごちそうさん」の室井さん役の方でした。出演こんだけ!?(笑)

ユーコ、ほんとに結婚したんですね…。(相手、怪しい人じゃなかったのか…良かった。)私は「居場所を求めてあがいている」→「やっぱり漫画家を続ける」の流れだと予想してたんですが、本当に辞める流れだったんですね。ボクテくんが動く件はどうなったんだろう?本当に辞めるのであれば、もう少しユーコの苦悩をちゃんと漫画を通して描いてほしかったように思うかな…。(そういうご意見を拍手メッセージでもいただきました。私も同感です…)

でも、大多数の人に嫌がられる(笑)写真入りの引き出物を「それ、いいでしょ♪」と言う位に幸せいっぱいみたいなので、これはこれで良かったのかな。鈴愛サイドは寂しくなりますけど…。

「そんなことがあってはいけないし、無いんだろうが、帰る場所があれば小宮も出て行きやすい…」

先生、やっぱり優しい…。「居場所」を求めてあがいて、新しい人生を歩むことになったユーコ。だけど、もしまたユーコが「居場所」をなくすことがあったら……と心配する先生の親心があったかいです。

冒頭で先生がユーコについて「居場所を求めていた。漫画でなくてもよかったんだろう」みたいなことを言ってましたが、5年も必死に漫画を描いて来たのに、それを否定するような発言だったので、一瞬 残念に思いました…。でも、先生自身もそうだったように、遠回りした時間も無駄ではないですよね(と、思いたい)。

「鈴愛とユーコが親友になる過程をもう少し描いて欲しかった」…というのは相変わらずしつこく言いますが、それでも、2人が漫画というものを目指して一緒に切磋琢磨した日々は、キラキラしていたなと思います。まさに青春。この年代、この場所だからこその日々だったと思います。そんな日々、出会い、親のような気持ちを持ってくれる人との出会い、頑張ったこと、もがいたこと、それぞれがユーコさんの糧になっているはず…。

私はなんとなく、ユーコが一番漫画への熱量がある子に思っていたので残念ではありますが、ユーコの人生を新しくまた頑張って切り開いて欲しいと思います。

(一応つっこんでおくと、オフィスティンカーベルでウエディングドレスに着替えて、どうやって式場まで行ったのか…(笑)。あと、ひしもっちゃんのお呼ばれドレス姿も見たかった…。なんでいなかったんだろうか…役者さんの都合…?残念…。)

ブッチャーと菜生ちゃん、再登場しましたね~。菜生ちゃん、なんかバブル感あってびっくり。この時代はまだこういう服装でしたっけ。ブッチャーのリーゼント…?もすごい。…この時代はこういう髪型でしたっけ…??(安室ちゃんが出てきた辺りで流行りがガラっと変わるのかな…?) ブッチャー、名古屋にいるのか~。

昨日も拍手メッセージありがとうございます。全部しっかり読んでおります!

関連記事
「半分、青い。」全記事一覧

「半分、青い。」年表

スポンサーリンク
スポンサーリンク大
スポンサーリンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする