朝ドラ「半分、青い。」第13週 第73回あらすじ・感想

仕事が欲しい!1

今日のあらすじ

鈴愛(永野芽郁)と律(佐藤健)は駅のホームで再会を果たす。誰もいないベンチに並んで腰かけ、鈴愛は漫画家になったこと、律はロボット開発に携わっていること、お互いの近況を報告しあう。久しぶりに鈴愛の右側に座り、その存在を感じた律は、不意に涙をこぼす。そして、なぜ自分がロボット作りに携わるようになったのか、鈴愛と別れた5年前のあることがきっかけだったと打ち明ける。そして、律から衝撃の言葉が…

(YAHOO!テレビGガイドに掲載されているあらすじを引用)

今日のあさイチ受け

大吉さん「え?結婚しないかって…」

華丸さん「言いましたよね?」

近江ちゃん「言いましたよね?」

華丸さん「とんでもないですね(笑)おかしいやん。だって笛吹いて呼び止められんかったら、いなかったわけでしょ?」

(華丸さんがゴチャゴチャ言うてましたが、この辺りは聞き取れませんでした・笑)

華丸さん「これはおかしい!オフサイド。プロポーズのオフサイドだ!(笑)」

大吉さん「いろんな思いがあったと思います。明日以降 明らかになると思います。驚きましたねぇ」

今日の解説と感想

あらすじ補足

・律は、鈴愛と別れた日に「リツがロボットを発明しますように」という鈴愛の七夕短冊を持って帰ったことを話し、短冊を鈴愛に渡す。

・鈴愛は短冊を律のことが載っている冊子に挟む。

・車で鈴愛を待つ菜生ちゃんの元に、ブッチャーが合流。この2人の会話から、律は清さんと付き合って3年ほどで別れたことが発覚。(ただし鈴愛と律は、清さんのことはまだ話してないっぽい)

・律は大阪の菱松電気でロボットを作る仕事に就くことを報告。

・風がふいて、冊子に挟んでいた短冊が飛ばされてしまう。残念がる鈴愛に、律は「もう夢が叶ったからいい」と言う。そして律は突然鈴愛に「結婚しないか?」と言う。


感想

ぎゃー!!!!!けけけ、結婚…!?!?!?!何事!?!?どうした律!?!?!

いや、でも、結婚したらいいと思う!!!!しろ!!!!(笑)

あのブランドのドレス、鈴愛が今日のため(律に会うため)に貯金をおろして買ったことも発覚。「鈴愛の気持ちはもう恋やん!」と思うので、このまま納まって欲しい!でもこのドラマのことだからスカスのか…!?スカされるのか…!?結婚しなさい!絶対その方がいいって!!!

…けど、律は大阪で就職するって言うてましたね。鈴愛は先日 秋風先生に「私はここで漫画を描きます」的なことを宣言してたので……怪しい………結婚しろ!って思うけど、なんかそうはならない予感がします。

5年会ってなくて、あんな形で別れたのに、普通に話をして埋められて行く2人を見てると、ああ~やっぱり「運命の人」なんだろうなって気がしました。

気になってるだろうけど清さんのことを聞かない鈴愛は…聞きたくないからなのかな…。ここで「彼女とはどうしてるの?」なんて聞く以上に「2人にとって大切なことがある」という感じがしました。

ブッチャーと菜生ちゃん、ずっと車で待っててくれて、ええ子…!!!私なら「私も律に会いたい~(鈴愛と律の様子見たい~)」とか言って駅の中まで言ってまうわ(笑)

しかも、ブッチャーから「律と清さんが別れた」ことが視聴者に知らされました!!

ひょーーーー!!!!(〃艸〃)別れたのか!!!なんかスッキリ~!!!!(笑)

逆によく3年も持ったね!?律はあの人のどこが良かったん!?運命感じて2人で昼ドラみたいにジメジメジメジメと欲におぼれていらっしゃいましたが……は~スッキリ!!!(笑)

関連記事
「半分、青い。」全記事一覧

「半分、青い。」年表

スポンサーリンク
スポンサーリンク大
スポンサーリンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加