夕ドラ(再放送)「カーネーション」第15週 第83~84話「愛する力」(7/4放送)感想

朝ドラ「カーネーション」を再放送で初視聴。不定期で感想を書きます。

初見&予備知識いっさいナシなもので、2度目の視聴をされている方からしたら「それ違うよ~」「その予想間違ってるよ~」などツッコミたくなることもあると思いますが、お許し下さい(笑)


第83話「愛する力4」

あらすじ

オハラ洋装店に、紳士服はやっていないかと相談にきた男性客がいた。勝が亡くなり、紳士服部門はなくなったままのため、糸子は男性客に謝罪する。もともと紳士服の店は界隈にいくつかあったが、まだどこも閉店状態らしい。経理の松田が「こんな時こそ組合を頼って職人を探すべき」だとアドバイスしたので、糸子は組合長を訪ねる。

組合長の三浦は、先日の会合で糸子が酒を飲まされて酔いつぶれたしまったことを気にしていた。しかし糸子が「女だからという手加減はうちにはご無用」だと言うので、糸子の負けん気に興味を持つ。三浦は紳士服の職人を紹介してくれたが、その人物は、糸子が「もう会いたくない」と願っていた長崎出身の周防だった。

周防と再会した糸子は、周防に先日 迷惑をかけたことを謝罪し、店を手伝ってもらうことにした。

糸子は勝が使っていたミシンなどを2階に出し、周防の仕事場を準備した。周防は2階でお客さんの採寸をし、紳士服作りを開始する。

周防は、岸和田の女性の間で流行っている水玉のワンピースに興味を持ったようだ。店のショーウィンドーに飾られたワンピースをじっと見つめる。糸子もまた、周防が履いている革靴が、この辺りではあまり見かけないものなので興味を持っていた。

休憩中、糸子は周防に、革靴について訪ねてみた。周防は、あの靴は舶来物で珍しい色に一目ぼれして購入したと話してくれた。長崎はもともと貿易が盛んなので、ああいった商品が多いらしい。原発が落ちた時、周防の妻があの靴を持って逃げてくれたため、燃えずに済んだ。他の者は全て失ったため、大事に手入れしているらしい。

糸子は周防の方言を必死に理解しようとするが、分からないことも多い。「言葉」は便利なはずなのに、「言葉」の壁で理解しきれないということにもどかしさを感じる糸子。言葉が通じなくても一緒に楽しめるように、周防は会合などには三味線を持って行って歌を歌うのだと話してくれた。

周防は、「服も、言葉がないからこそ分かる」と言い出した。周防は昨日 岸和田の商店街を歩いた時、水玉のワンピースに目を奪われたと言う。戦争が終わってもまだまだ精神的にも経済的にも立ち直れていない自分に対して、まさに新しい時代を象徴するかのような鮮やかな水玉のワンピース。周防は、かっこよくてきれいなその姿に、いたく感銘を受けたことを話してくれた。


感想

えっ、やだ、なんかいい感じ……。言葉を理解し合いながら話し、話して見ればどうも同じような感覚を持っている。普通に考えたら、この人がヒロインの相手役な感じ……。え、でも結婚してるし……、あ、でも、確か「花子とアン」で、主人公の花子は、もともと奥さんがいた人となんだかんだあって結婚しましたよね…あり得なくもない…のか…?え、めちゃくちゃ気になる…。

周防さんのしゃべり方がおだやかでいいですね。関西弁と長崎の方言は全然ちがうので、分かりづらいですね。私も以前テレビで長崎弁を聞いて「…………………え…?」ってなりました(笑)

周防さんがゆっくりしゃべるのがいい…。空気感がいい…。

糸子は周防さんの革靴に新しい時代を感じていて、周防さんは糸子が作ったワンピースに新しい時代を感じています。なんかいいコンビ……。

もう出番はないんだろうと思っていた糸子の天敵・婦人会の支部長さんが再登場。最近は、食料不足についてデモしたりしてるみたい。今日は糸子に「ひとごとみたいな顔してたら駄目ですよ!」と賛同を求めに来たような形でした。昌ちゃん曰く「要は、あないして説教できたらなんでもええんですね」(笑)。でも、あのご婦人もまた戦争で息子さんを亡くされてますからね、元気が何より!糸子や八重子さんにとっての仕事と同じなんでしょうね。ここにもまたたくましい女性がいました(笑)

先日、勝さんの軍隊での仲間が来てくれたことで糸子の勝さんへの想いが浄化した形になっていましたが、今回 周防さんを雇うために必要な出来事だったように思いました。周防さんが使うのは、いつも勝さんが上機嫌に使っていたミシンですもんね。勝さんへの想いに区切りをつけられないあの中途半端でモヤモヤしたままだったら、もしかしたら他人に使わせる決断ができなかったかもしれないなと思いました。

あ、そうそう。縫い子のトメちゃんとおばあちゃんが仲良くなったエピソード、「何かの伏線かな?」と予想していましたが、特に何もなくおばあちゃんは亡くなってしまいました。昨日ちょっと考えてて、「家族でない他の若い子たちにも慕われるおばあちゃんだった」…という、おばあちゃんという人柄を更に感じてもらうためのエピソードだったのかなと思いました。葬儀の時に家族以外も大泣きしたんだろうなとか、トメちゃんの心にもおばあちゃんが生きているかもしれないな、とか想像できるので、よりあったかい気持ちになれます。トメちゃんのこれからの人生で、つらくて逃げたくて仕方ないことがあった時、トメちゃんは空襲の中 自分と一緒にいようとしてくれたおばあちゃんを思い出して頑張れるかもしれません。妄想しすぎ?(笑)でも、そうだったらいいな、なんて思います。


第84話「愛する力5」

あらすじ

ある日 糸子は、木岡と木之元から「闇市で奈津を見た」と聞かされる。奈津は、派手な服を着て、男性客を相手に商売をする「パンパン」になっていたと言う。糸子は、見間違いではないかと思いつつ、奈津のことが頭から離れない。

周防が紳士服のボタンを買いに行きたいと言うので、糸子は闇市で売っていると教える。が、奈津のことが気になっていた糸子は周防に同行し、闇市に様子を見に行くことにした。

闇市にいた「パンパン」は奈津ではなかった。しかし、どこか影のある杖をついた男性が、慣れた様子でその女性たちに話しかけた。その男性が「男前」だと感じた糸子は、「無類の面食い」だった奈津に何か関係している予感がしてその男の後をつける。糸子を心配した周防も、その後を追う。

男は、随分古い小さな家の中へ入って行った。糸子が息を殺して中に耳を澄ませると、奈津の声が聞えた。動揺した糸子は、周防に「この家から出てくる相手によっては、うちは飛び出してしまうかもしれん。そうなったらうちを止めてほしい」と頼む。その直後、派手な格好をした奈津が家の中から出てきた。糸子と奈津は互いに硬直する。

すぐに糸子は奈津に駆け寄って奈津の頬を叩き、「あんた、何してんねや!」と馬乗りになって奈津を責め立てる。奈津も「あんたには関係ない!」と、持っていた鞄で糸子を何度も叩く。周防は2人の間に入り、糸子をかばった。奈津は「二度と来るな」と走り去った。

その夜も翌日も、糸子は奈津のことが頭から離れなかった。翌日、糸子は昨日のことを周防に謝るが、周防は訳ひとつも聞かず仕事を淡々と続けてくれている。サエがおしゃべりしに来たが、糸子の耳には入らない。

自分の手で奈津を助けようとした糸子は、安岡家に向かう。

糸子「…おばちゃん、いてるけ…?」

八重子「…え…?」

糸子「話があるんや…」


感想

奈津……奈津……!!!!奈津……!!!!!!!!

言葉がありません…あの気高かった奈津が………。「パンパン」がやたら出てくるなとは思ってたんですけど…まさか……まさか…………。

奈津は、糸子に一番会いたくなかったと思う………。(岸和田じゃなくて京都とか神戸とか行っといた方が良かったんでは…。あ、いや、そうなると糸子と出会わないままで奈津が助からないから物語的にはこれでいいんですけど…苦笑)

奈津のことでショックを受け思い悩んだ糸子のセリフが秀逸だと思いました。

糸子のモノローグ「周防さん…お宅が思ってくれた通りです。うちは、夢を作りたかったんです。戦争で受けた傷を忘れて、新しく生まれ変わる。そういう夢です。服に託したうちの夢は、女の人らに届いたと思ってます。ほんでも、服は服です。知れてます。ほんまにどん底におる人を助けたいと思ったら、服とちゃう。この自分の手ぇしかないんや。力を下さい。怖いけど…」

糸子「…頑張りますよって…」

最後だけ、糸子が実際に口に出して言いました。前もたしか、モノローグから最後だけセリフっていう表現があったような。糸子の決意を感じます。モノローグの「力を下さい」のところで糸子は、勝さんのミシンのハンドルを握っていました。「力を下さい」は勝さんに言うたんでしょうか。

奈津のとこに行くと思ったら、糸子が向かったのは玉枝おばちゃんのところ…!え……!これは相当驚きました…!!!

え…もしかして…以前に「奈津がおばちゃんの前でだけ泣けた」ってエピソードが関係してる……?え……!?ちょっと…ほんまにどうなるのか…ドキドキします……。


昨日の記事にもメッセージありがとうございました!近藤正臣さんが出てらしたドラマは「ごちそうさん」でした。間違えて「べっぴんさん」って書いてしまってました!「さん」つながりで似てるので…(笑)教えてくださってありがとうございます~!

あと、私も綾野剛さんって…そんなタイプじゃないし…って思ってたんですけど(何様)、周防さんの空気感にいっきにやられてしまった感じです…か、かっこいい……。

全部にはお返事できませんが、全て読んでおります!本当にいつもありがとうございます!

関連記事
「カーネーション」全記事一覧

「カーネーション」年表

スポンサーリンク
スポンサーリンク大
スポンサーリンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. アリエル より:

    周防さんは本当に仕草とか喋り方とかすごい色気がありますよね。お茶を飲むシーンでさえ色気を感じました。コップの持ち方が特にすごい良いんですよ。。。😍

    奈津から糸子を身を呈して守るシーンでもう完全に私は恋に落ちましたwwwその後何事もなかったように接するのもいいですよね。

    力をください のところは私も当時気になって色々調べたんですけど、ミシンの神さま説もあれば、おとうちゃんやおばあちゃん説もあったり、周防さんに対して説もあったり様々でした。個人的には周防さんかな?って思ってます。

  2. いそまる より:

    アリエルさん!いつもメッセージありがとうございます!(コメント欄の場合はできるだけ直接お返事するようにしております)
    周防さん、良かったです…。コップの持ち方ですか!?気づかなかったです!また出るかな?時間ができたら録画を見返しておきます♪
    85話の感想にも書きましたが、私もあれは周防さんに「力を下さい」だったのかなと思いました。モノローグの一番はじめも「周防さん」と語り掛けるところからでしたしね。どうなるんだろう…ドキドキです。

  3. アリエル より:

    お忙しい中ご返信ありがとうございます。
    コップの持ち方、ぜひみてみてくださいwww

    これからの展開が楽しみですね。一度観てるんですがそれでも続きが気になります😍

  4. いそまる より:

    アリエルさん
    見たことある朝ドラだと、展開を知ってるからある意味冷静に見れたり「これはあれの伏線か!」とか、初見ではできない楽しみ方ができそうで、うらやましいです!私はBS見れないので、朝ドラの再放送を見るということを一度も経験していないので、この夕方再放送枠、次は何が放送されるかも今から楽しみにしています。知らない作品でもいいし、見たことある作品もいいな~♪とか♪