朝ドラ「半分、青い。」第16週 第91回あらすじ・感想

抱きしめたい!1

今日のあらすじ

鈴愛(永野芽郁)との結婚のあいさつのため、岐阜を訪れた涼次(間宮祥太朗)。一時は不穏な空気になりながらも、仙吉(中村雅俊)の配慮もあり、晴(松雪泰子)、宇太郎(滝藤賢一)も次第に涼次に心を許していく。夜になり、すっかり楡野家のメンバーに気に入られた涼次は、翌日も家族で出かけることを約束し、茶の間に準備された床に向かう。そこに入ってきた鈴愛は、涼次が布団の上でひとり、涙を流しているところに遭遇する。

(YAHOO!テレビGガイドに掲載されているあらすじを引用)

あらすじ補足

・涼次が緊張のあまり笑い出してしまって鈴愛は動揺するが、仙吉は機転を利かせ、涼次一緒に大笑いする。それをきっかけにハル・宇太郎も(気をつかいながら)一緒に笑ってくれたので、なんとか丸く収まった。鈴愛は後で仙吉に御礼を言った。

・涼次は楡野家に泊まる。食事をしたり、廉子の仏壇に手を合わせたり、鈴愛の部屋を見せてもらう内、少しずつ楡野家と打ち解けていく。宇太郎もすっかり涼次を気に入ったようで、「明日は店が休みだからどこへでも連れていってやる」と涼次を誘う。

・涼次は茶の間に布団を敷いて眠ることに。鈴愛が眠る前に茶の間に行くと、涼次が泣いていた。楡野家で「家族」を感じた涼次は、自分の亡くなった両親のことを鈴愛に話す。

・涼次の父親は絵の仕事をしていた。母親と2人で海外の仕事に行くことになり、幼かった涼次はその間 祖父母の家に預けられた。祖父母の家で「いってらっしゃい」と両親を見送った涼次。空港に向かう途中で両親は事故にあって亡くなってしまった…。

・「いってらっしゃい」のまま「おかえり」がなかった悲しみを涙を流して話す涼次。鈴愛は一緒に涙を流し、涼次を抱きしめ「私が家族になるよ。これからは私が家族だし、楡野の家の人は皆アホだけどいい人だから。涼ちゃんの家族になるよ」と涼次を思いやる。

・翌朝、ハルは宝石をあしらった梟(ふくろう)のブローチを鈴愛に贈る。これは、鈴愛の祖母・廉子が若い頃に使っていたもので、ハルが宇太郎と結婚した時に廉子から譲り受けたものだと言う。ハルはずっと、鈴愛が結婚する時に贈ろうと思っていたのだ。鈴愛は子供のようにハルに抱き付いて甘え、2人は目を潤ませた。

・後日(数か月後?はっきりした日付は不明)、鈴愛と涼次の結婚式が執り行われた。おごそかな神前式。親族が感動する中、鈴愛は着物の裾を足をひっかけて倒れ込み、盃(さかずき)などを派手にひっくり返してしまうのだった。

今日のあさイチ受け

今日は祝日のため「あさイチ」の放送はありませんでしたが、代わりに生放送で平野レミさんの料理番組がありました。その番組のゲストが仙吉さんこと中村雅俊だったので、中村雅俊さんが仙吉さんになりきって朝ドラ受けをして下さいました~!♪

中村雅俊さん「鈴愛!大丈夫か!おい!おじいちゃん、心配してるよ!仙吉役やってます中村雅俊です」

平野レミさん「最高の結婚式ね」

中村さん「びっくりしましたよ、見てて」

今日の解説と感想

もう涼ちゃんが鈴愛の相手でいい…。さすがに両親を亡くした話は切なすぎて…涼ちゃんにこのまま幸せになってほしいです。律のことは気になるけど、もう「え?律なんていたっけ?」って展開でいいです…。このドラマは本当にどこに行きつくんだろう。

けど、可愛がってくれてる叔母が3人もいて、「家族がいない」とか「天涯孤独」というのがよく分からん……。結婚式の費用だって、両親が残した貯金に少しお金を足してくれたような叔母さんなのに…。光江おばちゃんはやっぱり鈴愛をいびり倒すんでしょうか(笑)どうしても同じ役者さんが演じられた「ごちそうさん」での激しい嫁イビリ(いけず)を思い出してしまいます(笑)

結婚式で派手に転んでめちゃくちゃにしてしまいましたね~。前途多難そう(笑)さすがの鈴愛も「やってまった!」と言えないほど固まってましたね。鈴愛の新しい人生、どうなるんでしょうか。

そういえば、今日気付いたんですけど、ここ最近の記事で「第○週」の部分を一週分ズレて書いてたみたいです。(先週は15週なのにずっと16週って書いてたみたい。今週が16週なのに…)しれっとこれから修正してきます。

ちょっとだけ拍手お返事

扇風機も時代にそぐわないものでしたか!ラップは気になったのに、扇風機にはまったく気づいていませんでした!昔の扇風機、緑色でしたねえ!懐かしい~! このドラマはちょっと小道具が甘い気がしますね。朝ドラの小道具はいつもしっかりしてるな~と感心するのですが。(でも、明治とか大正と違って我々視聴者の記憶がありすぎるのかもしれませんけど・笑)

あと、草太の結婚相手がバーのママは私も驚きました。「ズコー!」って!爆笑しました。好きです、ズコー!って擬音(笑)バーのママだからって偏見持ったらダメですが、「子供と古いアパートに住みながら草太と一緒のレストランで働いてる女性」とかの方がホっとしますよね…。とりあえず、どんな人か出てくるのを待ちます。騙されてませんように…。

あ、あと先日アップした「ブログの設定いじります」記事にも「がんばれ~」的なコメントをちょこちょこ頂いて感動しました。頑張ります。ありがとうございます。

関連記事
「半分、青い。」全記事一覧

「半分、青い。」年表

スポンサーリンク
スポンサーリンク大
スポンサーリンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加