朝ドラ「半分、青い。」第16週 第93回あらすじ・感想

抱きしめたい!3

今日のあらすじ

映画のプロデューサー・斑目(矢島健一)の訪問を受けた涼次(間宮祥太朗)は、祥平(斎藤工)の次回作が、クライアントの事情でボツになりそうだと告げられる。涼次は斑目に掛け合うが、くつがえる気配はない。一方、鈴愛(永野芽郁)はいよいよ始まる新婚生活にうきうき気分。やがて訪れた引越しの日。涼次が探してくれた新居は、なぜかトタン屋根のボロ家。しかも、その家には重大な秘密が隠されていた…。

(YAHOO!テレビGガイドに掲載されているあらすじを引用)

あらすじ補足

・祥平監督の制作中の映画が、スポンサーが下りてしまって中止になることを知らされた涼次。プロデューサーの班目は、それを涼次から祥平監督に伝えて欲しいと言ってきた。しかし、祥平が必死に映画を撮っていることを知っている涼次は「いくら用意すれば映画の制作を続けられますか」と班目に聞く。

・小さなアパートに引っ越す予定だった鈴愛と涼次。しかし直前になって、涼次が「他にいい物件を見つけた」と言い出した。「家もそこそこ広い、場所も良い、家賃も安い、庭もある」と涼次が薦めてくるので、鈴愛は涼次を信じ、内見をしないままそこへの引っ越しを決めた。

・鈴愛が引っ越したのは、涼次の叔母3人が住む敷地内にある古~い家…。涼次はここが叔母の家だとは言わず、敷地内にあるのは「大家さんの家」だとごまかす。すると、家の中にあるインターホンが鳴り響いた。涼次が「大家さんに呼ばれた…」と言うので、鈴愛は「なぜ大家さんにブザーで呼ばれるのか?」とキョトンとする。

・「大家さん」である叔母の光江は、鈴愛と涼次を招いてお茶席を開いた。作法のなっていない鈴愛を注意したりすることで、これからの敷地内同居において優位に立とうとする「先制攻撃」であった。しかし、意外にも鈴愛の作法はしっかりしており、光江は文句のつけようがなかった。

・作法や挨拶はしっかりしていた鈴愛だが、なんと結婚式で会ったはずの光江の顔を忘れており、完全に「大家さん」だと思い込んでいた。(見覚えはあったので「どこかでお会いしたことがあった…?」とか「岐阜の誰かに似てるのかも…」とマイペースに話し始める鈴愛)

・「大家さん」が「叔母さん」だと分かった鈴愛は、結婚式では緊張していて親戚の顔が覚えられなかったと謝罪する。

・光江は、慣れない正座にしびれ、立ち上がろうとしてもすっころびまくるのだった。

今日のあさイチ受け

大吉さん「さ、ドラマの方がね、急になんかコメディタッチに。あんなにコケるのは吉本新喜劇以来です(笑)」

華丸さん「明らかに3度目は「わざとかな」って…(笑)」

近江ちゃん「転ぶ練習とかするんですか?」

大吉さん・華丸さん「しました」

華丸さん「ちょっと音を立てた方がいいとか」

大吉さん「灰皿は2枚ずつ持った方がガチャンってなるよとか」

近江ちゃん「なるほど~」

大吉さん「いろんな技術があるんですよ。機会があればあさイチでも特集したいと思います(笑)」

今日の解説と感想

先制攻撃としてお茶席を設けた光江さんの作戦は撃沈でした。「「ごちそうさん」の和枝ちゃんの嫁イビリ再来か~!?」と思いましたが、鈴愛はしれっと文句のつけようがない所作を披露しましたね。なんで鈴愛は経験のないお茶席の作法が大体できてたんでしょう?よく分からなかった…。おばあちゃんがお茶やってたんでしたっけ……?謎……。

ちなみに、「畳のヘリを踏まない」については…今までの朝ドラでは意外と踏みまくってます!(笑)あんまり一般的じゃないのかなぁ…?私は小さい頃そう教えられたので、つい気にしちゃうんですが…。今回はじめて朝ドラ内で「畳のヘリは踏まない」と明言されたので、次回作から気をつけていただきたいです(笑)

ちなみに、「あさが来た」ではヘリを踏まなかったので、「あ、今回は踏んでない!」と思ったら、お父様役で出演されていた近藤正臣さんが演者さんたちにそういった作法をご教示されたらしいです。かっこいい~!

一方、お茶席を開いたものの、別に茶道が得意という訳ではないらしい光江さんは足がしびれてしまい、転ぶ転ぶ(笑)。転び方うまいですよね(笑)

張り切って先制攻撃した光江さんの上を行く鈴愛の「どこかでお会いしたことありましたっけ?」攻撃…。先制攻撃は、知らぬ間に鈴愛の勝ちって感じがしましたが、これからどんな付き合い方になっていくんでしょうね。

しかし、引っ越した敷地内同居の家はボロイ…。壁とかトタンだし…。鈴愛の風呂なしアパート以上かも…。いいのか…鈴愛…?そういえば鈴愛、東京来てから古い家しか住んでませんね。秋風ハウスは一応リフォームで小ぎれいにはなったけど。

涼ちゃんは多分、監督の想いをつぶしたくなくて、引っ越しにあてるはずだったお金を映画製作に使ったのかな。予定してたアパートより家賃も安いから、その浮いた分も製作費に回したいんでしょう……。やたら「天涯孤独」と言ってたけど、こういう時に頼れる叔母さんがいて、ほんとどこが「天涯孤独」なんだろう……謎…。

涼ちゃん、叔母さんを「大家さん」なんて、すぐバレる嘘を言ったわけですが…、絶対バレる嘘ついて一体なんになるんだろう…。男の人ってこういう「すぐバレる嘘」つきません…?うちの夫だけ…?(笑)

昨日の記事にも拍手メッセージありがとうございます~!

関連記事
「半分、青い。」全記事一覧

「半分、青い。」年表

スポンサーリンク
スポンサーリンク大
スポンサーリンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加